脂肪というワードだけ聞くと、どこか美容と真逆にあるイメージがありますが、脂質は三大栄養素の一つなのです。

脂肪は、全て体に悪い影響を与えるだけではありません。

生活習慣病の予防につながり、お肌のバリア機能を高めるなど、健康な体作りに欠かせない成分の一つなのです。

また、脂質は体を動かすためのエネルギー源になります。

血管を柔軟に保つ働きや、細胞壁の構成成分としても必要不可欠です。

体に必要な油分って?

「油 = 太る、不健康」というイメージをお持ちの方が多いですが、私たちの体には油が必要です。

油は重要なエネルギー源であると同時に、お肌の保湿やハリに重要な役割を果たしています。

かといって、揚げ物ばかりを食べていては逆効果です。

体には、オメガ3、オメガ6、オメガ9という3種類の油が必要です。

その中でも、意識して摂る必要があるのが【オメガ3(αリノレン酸)】です。

オメガ3は、青魚に含まれるDHA、EPAなどが有名です。

それ以外に、最近注目されている、亜麻仁油やえごま油などの植物油に含まれます。

食材では、ナッツ類、特にくるみには豊富に含まれています。

オメガ3は体内で生成することができないため、食事やサプリメントなどで摂取する必要があります。

【飽和脂肪酸】

飽和脂肪酸は動物性の脂質です。

バターやラードなどが挙げられ、食べると血・肉・骨になりますが、摂りすぎるとコレステロールや中性脂肪が増え、血液をドロドロにしたり、蓄積され体脂肪になりやすい傾向があります。

また、常温で固まるのが特徴です。

【不飽和脂肪酸】

不飽和脂肪酸は魚類や植物油に含まれる脂質です。

イワシ、サバ、エゴマ油、オリーブ油、しそ油などが代表的な食品です。

常温で固まりにくいのが特徴で、中性脂肪を減少させ、血管を強くする働きがあるといわれています。

そのため、高血圧や動脈硬化の予防、アトピーや生理痛の改善に効果的とされています。

“油”をとる【メリット】&不足した時の【デメリット】とは?

油を摂る『メリット』

・細胞膜の原料
・炎症を抑えるホルモンの原料
・セラミドの材料
・新陳代謝を促す
・中性脂肪を抑える
・骨密度の低下を防止

不足してしまうことで起きること・・・

・お肌のターンオーバーが乱れ、肌老化が促進
・アレルギーによる炎症(花粉症やアレルギーが酷くなる)
・お肌が乾燥
・遺伝子や血管のダメージで、病気のリスク増

とにかく体に良い!脂肪酸の効果とは?

食生活の乱れ・ストレス・老化などこのような状態が続くと、血液の流れが悪くなります。

血液の流れが悪くなることで、脂肪が蓄積し、血が流れるスペースが狭くなりやすくなります。

しかし、オメガ3脂肪酸を摂取すると、そのスペースの脂肪蓄積を予防し、血液の流れを保ちます。

血液の流れをよくし、動脈硬化を防ぐと、全身に栄養分・酸素が行き渡ります。

オメガ3脂肪酸は、さまざまな病気を防いでくれるのです。

未来の自分のために!骨密度を高め、骨折を防ぐ

女性は、閉経とともに、骨密度が低下しやすくなります。

ちょっとしたつまずき・転倒で、骨折しやすくなりますが、オメガ3脂肪酸が骨折を防ぐこともあります。

オメガ3脂肪酸を日ごろから摂取していると、骨密度の低下を防げるという研究結果が報告されています。

お肌悩みの代名詞「ニキビ」にも高い効果が!

健康にも効果があるオメガ3脂肪酸の働きは、女性が気になる「美肌」効果も持っているんです。

ニキビはお肌が炎症を起こしてできますが、そもそもの原因は様々なお肌のバランスが悪いことが原因といえます。

オメガ3脂肪酸はそれらの炎症レベルのバランスを整える作用を発揮します。

さらに整えるだけではなく炎症に対する治癒も行ってくれるのです。

オメガ3脂肪酸は細胞膜の原料になる成分です。

そしてオメガ3脂肪酸が細胞膜の中へと入り込む量が増えると、炎症を仲介する物質が生成されます。

この反応が炎症を治癒する作用です。

不飽和脂肪酸であるオメガ3脂肪酸の素晴らしいところは、どこの炎症にも抗炎症作用を発揮するということです。

お肌の表面に対してスキンケアを行うことも大切ですが、食べ物を食べることで治す方法も取り入れてみてもいいかもしれませんね。

オメガ3脂肪酸を効率的に摂取するには?

オメガ3脂肪酸が豊富に含まれる食材は何か?

例えば、マグロのトロやイワシ、サンマ、サバなど。

変わり種だとあん肝や、イクラ、キャビアなどの魚卵。

ひとつひとつ覚えるのは大変ですよね。

実は、魚介類の脂の乗った部位なら何でもオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

コストパフォーマンスが高いのは、イワシ・サンマ・サバの水煮缶やみそ煮缶。

市販品ではいずれも厚生労働省の摂取目標の2倍、100gあたり2000㎎を超えるオメガ3脂肪酸が検出されました。

ただし、こうした魚類を意識して摂るのは正直大変ですよね?

今回紹介した栄養素を効果的に取るためのサプリメントも、多くの商品が出ています。

毎日、必要な量を補うためにサプリメントを取り入れるのもアリ!

でも、やっぱり…摂り過ぎには注意‼

オメガ3脂肪酸が含まれる食品は、青魚やエゴマ油などかなり限られています。

そのため、私たちには常に不足がちな栄養素といえるでしょう。

厚生労働省は、1日に1g以上のDHA・EPAの摂取を推奨しています。

青魚に換算すると1日にイワシ2尾が目安です。

含まれる食品の性質上、食べ過ぎることは少ないようですが、サプリメントによる過剰摂取が問題になっています。

DHAとEPAを合わせて3g以上摂ると嘔吐・下痢などが続き、体調を大きく崩す恐れがあります。

まとめ

ダイエット・健康ブームの中、脂肪と言うと「太る」「体に悪い」といったイメージがあります。

しかし、本当は体に必要な成分で、脳や血管のための栄養素です。

質のいい油を選び、毎日継続して取り入れると生活習慣病の予防につながり、健康をサポートしてくれます‼

こわがらずに、積極的に“油”で体美人を目指しましょう!

コメントを残す