冬はいろいろな食材が旬を迎えてとにかく美味しい!その【美味しい】から【美しい】が手に入る食材って??

自粛ムードが高まり、お家で年末年始を過ごす方も多いと思います。

お休み中どうせ食べてしまうなら、美味しくて体にウレシイ、お肌に美しい食べ物をとってみませんか?

乾燥対策など外側からのケアはもちろん、今やインナービューティーも当たり前の美容になってきました。

今回は、栄養価が高い冬が旬の美肌食材をご紹介します。

まずは、冬が旬の野菜や果物から♪

・カリフラワー

カリフラワーは、淡色野菜の中でもトップクラスのビタミンCを含んでいます。

普段お肌のケアをされている方なら、ビタミンCは特に意識して摂取したい栄養素ですよね?

ビタミンCはシミの原因になるメラニン色素の生成を抑制し、透明感のあるお肌へ導いてくれます。

またカリフラワーには、新陳代謝を活発にするビタミンB群も豊富に含まれています。

・小松菜

普段なかなか意識して小松菜を食べることは少ないかもしれません。

私もそうですが、実は小松菜にはお肌のハリを支えてくれるプロリンという成分やアミノ酸。

また、カリフラワー同様にビタミンCが豊富に含まれているのです。

・ごぼう

ごぼうは食物繊維が豊富なイメージですが、顔のむくみ解消に効果のある「イヌリン」という成分が含まれているのはご存知でしたか?

ただし、利尿作用のある成分ですので、食べ過ぎには注意です。

前述のように食物繊維は豊富に含まれていますので、便秘解消に効果があり、そこを解消し肌荒れに効果があります。

鍋の定番野菜にはこんなにもお肌にウレシイが詰まってた!

・春菊

春菊には、抗酸化作用のあるベータカロテンとビタミンE、美容ビタミンのビタミンB2、コラーゲン生成をサポートするビタミンCが含まれています。

このほかにもミネラルや鉄分や食物繊維も豊富に含まれている美容野菜です。

・大根

大根には、新陳代謝を活発化させ、美肌や体の働きを整えてくれる効果が期待できます。

これらの働きの元となる栄養素こそ、大根に豊富に含まれているアミラーゼの働きによるものです。

この栄養素は消化を助けるので胃腸にも優しいのですが、新陳代謝を活発化させるので美肌にも効果的なのです。

また、お肌の酸化を解消してくれるリグニンも含まれています。

・白菜

カロリーが低く、ヘルシーなイメージのある白菜。

もちろんイメージ通りですが、お肌にウレシイ栄養素がしっかりと含まれています。

様々なビタミン、ミネラルなどをしっかりと摂りつつ、ビタミンCも豊富に含まれている野菜なのです。

冬場は鍋で間違いなく活躍する野菜なので、たくさん食べたい野菜ですね。

冬が旬と言えばやっぱり「牡蠣」!実は、お肌のバリア機能UPやデトックスにも効果テキメン

海のミルクと呼ばれている牡蠣には、体内で合成できない必須アミノ酸や準アミノ酸をバランスよく含み、ビタミン・ミネラルまで効率よく摂れます。

さらに特筆すべきは、牡蠣に含まれる「亜鉛」の美肌効果です!

一般的に亜鉛は、お肌や髪などのたんぱく質を合成するのに必要な栄養成分。

さらに、お肌のターンオーバーを活性化させたり、デトックス、増毛効果なども期待できます。

また、亜鉛には細胞分裂を促進させ、皮膚の再生を促す効果があり、アンチエイジング効果や肌荒れ改善が期待できます。

お酒を普段飲む人にもおススメで、アルコールを分解する際にも消費されます。

また、ビタミンCやクエン酸、動物性たんぱく質と組み合わせると吸収率が高まるので、おつまみなどに、レモンやお酢、チーズなどと一緒に摂るのがおすすめです。

夏が旬のイメージ「かぼちゃ」は冬に食べると病気知らず!?

一般に夏に収穫されるかぼちゃですが、貯蔵されて甘味を増した秋冬がまさに食べ頃の季節。

かぼちゃの色の元でもあるβ-カロテンが腸で吸収されるとビタミンAに変わり、皮膚の粘膜を強くしたり、免疫力を高めてくれます。

さらにこのβ-カロテンは、お肌にうるおいを与え、色素沈着を抑制して明るい肌を保ち、さらにお通じを良くすることで美肌効果をもたらすので、冬のかぼちゃは是非すすんで食べていきましょう。

メイン食材≪サーモン≫も冬に輝く美容食材!

サーモンには、「アスタキサンチン」という活性酸素を抑制する優れた抗酸化作用がある赤い天然色素が含まれています。

紫外線によるメラニンの生成を抑制してくれるので、美白効果やアンチエイジングにも役立ちます。

また、特に魅力的な栄養素として「オメガ3系脂肪酸」という人間の体内では生成されない栄養素がたっぷり含まれています。

「オメガ3系脂肪酸」といっても聞きなれないなもしれませんが、「DHA・EPA」という栄養素は耳にしたことがあるはず。

その「DHA・EPA」などを総称した成分が「オメガ3系脂肪酸」です。

動脈硬化・血栓症の予防、血液サラサラ効果、また脳の情報伝達を発達させる効果など「オメガ3系脂肪酸」にはうれしいメリットがたくさんあります。

サーモンから貰える元気の源栄養素「アスタキサンチン」って?

前述で少し触れました「アスタキサンチン」ですが、サーモンにとっても欠かせない栄養素なんです。

サーモンは、川を遡上する習性を持っていますが、その際に大量の紫外線にさらされ、体内に活性酸素が発生します。

その活性酸素を除去してくれるのが「アスタキサンチン」。

サーモンは「アスタキサンチン」のおかげで元気に川を上れるのです。

少し話がそれてしまいましたが、人間も紫外線にさらされると、お肌のトラブルの原因の1つである活性酸素が発生します。

そこで頼れるのが「アスタキサンチン」。

紫外線が気になるこれからの季節、サーモンでおいしく「アスタキサンチン」を摂取し、健康なお肌づくりに取り組んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

冬は鍋などをはじめ、様々な食材を多く一緒に摂ることがしやすくて、食べたくなる食材がたくさんあります。

また、調理自体も煮込むだけのものも多いので、是非様々なレシピを参考に体・お肌にウレシイ食材を摂って、内側も外側もキレイになっちゃいましょう♪

また、冬の海の幸は本当に栄養価が高い食材が多いので、スーパーなどで買い物をする際も見逃さないよう注意してくださいね!!

コメントを残す