実際のところ「水素」がどのようにお肌に良いの??

少し前から目にすることが増えた水素って?

お肌に効果的ですと言われ始めたのは少し前。

でも実際のところの効果がイマイチわかっていないと、中々手を出しにくいのも正直なところですよね。

そんな方々へおススメの水素の取り入れ方や、美容効果をご紹介します。

お肌トラブルの原因「活性酸素」を抑制してくれる!

 

いまから活性酸素が引き起こすお肌への悪影響をご紹介しますが、まず抑えておきたいことは「活性酸素は悪いことを引き起こすだけではない」ということです。

普段私たちが呼吸している空気で取り入れている「酸素」ですが、そのうち2%は活性酸素であるといわれています。

この活性酸素は適量であれば体の毒素を除去してくれる性質を持っているんです。

しかし、活性酸素はとても不安定な物質で、他の物質とくっつき安定した形になろうとします。

そこで結びついた形のものが、酸化してしまいお肌トラブルの原因となるのです。

活性酸素による代表的なお肌トラブルとは?

●炎症

普段活性酸素が放出されるのはウイルスが体内に侵入し、そのウイルスを壊すよう働きます。

しかし、身体へ悪影響の無い細菌に対しても体が反応してしまい、活性酸素が放出され、炎症を起こしてしまします。

例として、ニキビやアトピー性皮膚炎などがあげられます。

●シミ

活性酸素による細胞の酸化は、メラニン色素を誘発させます。

メラニンの生成が過剰になるとシミになり、定着してしまうとターンオーバーでも取れにくくなってしまいます。

●シワ・たるみ

活性酸素は真皮にあるコラーゲン・エラスチンを破壊する作用があると言われています。

その作用のため、お肌のハリ・弾力が低下し、シワ・たるみなどを促進させてしま可能性があります。

加齢以外でお肌の老化を促進させてしまうのが活性酸素です。

活性酸素が発生する原因…普段の生活習慣に密接に関連していた??

活性酸素が過剰に発生してしまう原因として…

ストレス・紫外線・タバコ・アルコール・激しい運動・病原菌・細菌・電磁波・睡眠不足・空気の汚染物質・食品添加物などの化学物質などほんの一部ですが、これだけの要因が挙げられます。

根本からこの活性酸素の発生を抑えることは難しいですが、必要以上に発生させないよう普段の生活習慣を見直す必要がありますね。

活性酸素には2種類ある!?

先程から活性酸素についての説明をしましたが、実は活性酸素には2種類あります。

簡単に言うと、「良い活性酸素」と「悪い活性酸素」です。

水素はこの「悪い活性酸素」にのみ結びつく効果があります。

この悪い活性酸素に結びつくことで、水素が「水」へ変換されるのです。

水素の上手な取り入れ方とは?

では、実際どうのようにして「水素」を取り入れたらいいの?というところですが、水素の分子はとても小さいため、取り入れるのが難しいと言われています。

そこで、効果的に取り入れる方法をご紹介します。

水素バス(風呂)

水素バスは、有効に水素を取り入れることができる方法の一つです。

効率的に体内へ届けることができる方法として水素を皮膚から吸収させるのが望ましいとされています。

これにより、水素を肌細胞の深部まで届け、活性酸素を取り除いてくれるので、若々しくツヤのある肌へ導くサポートをしてくれます。

それだけでなく、お風呂そのものに血流をよくする効果も期待されているので、ストレスなどによって悪くなった血流を改善し、多くの女性の悩みである冷え性の改善も期待できます。

しかし、水素バスなんて自宅で簡単にできないという方も多いはず。

じつは、水素バスを自宅で気軽に試す方法として、入浴剤があげられます。

38~40℃のぬるま湯に入浴剤を入れるだけ!

水素が発生している時間には制限があるので、制限時間内に入浴を済ませましょう。

水素水

手軽に美肌を手に入れるため、普段飲んでいる水を水素水に変えることもおすすめです。

十分な水分を摂取することで、アンチエイジングを促し、活性酸素を除去してくれるので、美肌をより効果的に目指すことができます。

また、お風呂との違いとして、水素を内側から取り入れることができるため、ニキビ・かさつき・皮膚炎などの予防にもなります。

しかし、注意点があります。

それは、すぐに飲まなければならないということ。

前述にも少し記載した通り、【水素はとても分子が小さい】ので、ペットボトルやガラス瓶などに長時間いれていると、目では見えにくいとても小さな隙間から水素が流出してしまいます。

そのため、おススメなのは自宅で水素水を作る機器を用いて、すぐに飲むことです。

水素水を買う・選ぶうえで注意するポイント

これはショックなはなしですが、実は水素水は「偽物」が出回っているということ。

ある有名週刊誌で水素水について含有率を計測したところ、ほとんど効果の無いであろう含有率しか水素成分のない商品が存在したようです。

【アルミパウチ】に入って販売されている商品は「水素濃度が0.8ppm以上」と高いものが多く「本物」だと思って大丈夫です。

アルミ缶タイプの商品は、商品により水素の濃度に大きな差があるようで、中には「0.1ppmほどの水素濃度しか含まない」商品もあったそうです。

特に注意が必要なものとして、【ペットボトル商品】です。

商品によっては0ppmと全く水素が検出されない「にせ物」が出回っていることがわかったのです。これはあまりにもショックですよね。

つまり…買って正解は「アルミパウチ」で売られている水素水!

実は水素は宇宙で一番小さい分子なので、アルミニウム以外は全て通り抜けてしまうのです。

よってペットボトルはアルミニウムではないので、水素が抜けてしまっているということになります。

メーカーなどで製造している際は水素が十分にあったとしても、実際私たちが購入するときに水素はペットボトルを通過してすべて抜け出てしまい、水素が含まれていません。

アルミパウチは水素が逃げにくい為、高い濃度を保つことができるためこちらを購入しましょう!

購入する際、水素濃度0.8ppm(mg/ℓ)以上のものを選びましょう。

また、飲むときは1日300mlを目安に一気に飲むこと!これが重要です。

まとめ

私たちの生活からは切っても切れない活性酸素。

この活性酸素の悪影響を和らげる効果を持つのが水素です。

いつものスキンケアやバスタイム、水分補給に水素を取り入れて、理想の美肌を手に入れてみませんか?

意外にどれも簡単に始めることができるので、ご興味のある方は試してみる価値アリです!!

 

コメントを残す