万能保湿材「ワセリン」もしかしたら今後のスキンケアが変わる??

ワセリンとは、天然成分である石油から作られた保湿剤です。

原料が石油と聞くと、いきなりお肌への影響が心配になるかもしれませんが、精製によって不純物はほとんど取り除かれるため刺激が少なく、アレルギー反応などの副作用もほとんどないといわれています。

保存料や香料が無添加の製品も多く市販されており、アトピー性皮膚炎や敏感肌の人も使用できるアイテムと考えられています。

ワセリンって一つじゃないんです‼

・ワセリン:ほんのりクリーム色で不純物が精製された油脂
・白色ワセリン:白色半透明でワセリンからさらに不純物が取りのぞかれた油脂
・プロペト:透明度がたかく柔らかい。白色ワセリンをさらに精製して純度を高めた油脂

どれが一番肌にいいの?というのは、人によって異なります。

少しずつなじませて自分に合ったものを使用することが大切です。

一番の魅力はなんといっても「保湿力」

原材料が油分ということもあり、ワセリンをお肌に塗ると表面に薄い油膜が作られます。

まるでラップで包まれたようにお肌が覆われるため、お肌の内部から水分が蒸発するのを、効果的に防いでくれると考えられています。

さらにワセリンによる油膜は、衣類などとの摩擦や刺激からもお肌を守る役割も果たします。

こうした2つの効果に着目し、ワセリンをスキンケアに用いる方法が注目されています。

リップの代わりとして使う人続出‼

ワセリンの定番の使い方としても人気なのが、くちびるの保湿として使う方法です。

今ではCMでもワセリンのリップクリームを見かけるようになりましたね!

それぐらい保湿能力が高い証拠ですね。

まず、使い方はとても簡単で、少量を指先にとったらそのままくちびるにのせるだけでOK。

これだけで、リップクリームの代わりとして使うことができます。

また、ワセリンは『リップパック』や『リップスクラブ』としても使うことができます。

プルプルで綺麗なくちびるを目指すためにも、ワセリンでしっかりと保湿していきましょう!

スキンケアとして使うときのポイント‼

ワセリンを塗る前に水分を補うとこがポイント!

実は、ワセリンそのものに水分を補ったり、肌内部まで浸透したりする働きはありません。

ワセリンだけでケアを続けていると、かえってお肌の乾燥を引き起こす可能性があります。

お肌に塗る前に一度化粧水などを使用し、保湿の仕上げとしてワセリンを使用すると、スキンケアの効果を閉じ込める蓋の役割として使うと◎

高純度のワセリンはお肌に合いやすい!

冒頭に紹介した種類のワセリンは精製度が高くなるにつれて薄い黄色から白色に近づき、刺激も少なくなります。

よく薬局やドラッグストアで売られているものは、精製度の高い「白色ワセリン」といわれるものです。

体より皮膚が薄く刺激に敏感な顔には、この白色ワセリンを使ってください。

また、アトピー性皮膚炎や敏感肌の人、乳幼児が使用する場合は、白色ワセリンの中でもさらに精製度の高い製品を選びましょう。

また、ワセリンは少しずつ伸ばしながら使用しましょう。

これは、特有のべたつきやテカリを抑えるためでもあります。

ハンドクリームとしても最適‼

冬場の家事や、ちょっとした外出時、アルコール消毒が日常化したこの頃、手の乾燥原因は多くなってきましたね。

そんな中、手の保湿にもワセリンは最適です。

手の乾燥はシワを作りやすく、老けて見えやすくなってしまします。

ワセリンを使って手を保湿する流れとして、

1:手を洗ってタオルでよく拭きます
2:適量のワセリンを指に取り、手の甲に載せます
3:指でクルクルとワセリンを伸ばし、ワセリンを温めます
4:温まって伸びがよくなってきたら手全体へと広げ、しっかりと揉み込みます

上記の方法で手の保湿はばっちり!

しかし、注意点も少し…。

それは、ワセリンを多く使用するとあまりにもべたついてしまうこと。

初歩的なポイントですが化粧水などのように「たっぷり使わなくても」大丈夫ですよ。

顔の保湿にも?べたつきは気にならない?

化粧水や乳液、クリームを使用し保湿した後もフタの役割として使うのも◎

また、保湿後のマッサージの際にも使いやすいですし、乳液などで保湿しきれなかったピンポイントな場所にも使いやすいのも嬉しいですよね。

(※まつ毛エクステをしている場合、目元に塗ってしまうと油分でエクステが取れやすくなってしまうので注意しておくと良いでしょう。)

顔への使用の際は、手などのお肌と比べ特に敏感で、肌自体も薄いため、初めて使う際は注意しながら使用してみてください。

毎日のスキンケアに、少しづつ馴染ませて盛り込んでいきましょう。

また、目の近くなどに塗る際は目の中に入らないようにするなど注意をし、万が一目に入ってしまった時は近くの医療機関に相談するようにしましょう。

流行りの“濡れ髪”。ワセリンで作れちゃうかも!!

これは驚く方も多いのですが、髪の毛への使用も出来るのがワセリンの一つの特徴です。

秋や冬の季節、乾燥するのはお肌だけではありません。

みなさんの髪の毛や地肌も、お肌同様乾燥状態になるのです。

そのせいで静電気の影響を受けたり、パサつきも発生するのです。

このようなケースでもワセリンは大活躍!

少量を手にとって手のひらで伸ばしたら、毛先に揉み込むようにワセリンをつけましょう。

あまり多いと油分でべたついてしまうので、注意です。

また、乾燥を防ぐだけではなく、今流行っているのがワセリンの油分を使用して髪の毛をまとめてセットすること。

ヘアワックスなどは頭皮やお肌が荒れやすくて日常的に使用できない方も、ワセリンであればこうした心配も解決してくれるかもしれません。

これも保湿の際同様、使いすぎるとベタつきにつながりますので注意してくださいね。

注意!赤いニキビができている時は使用を控える

ワセリンには薬効成分はなく、炎症を抑える効果もありません。

ニキビの原因や状態によっては、ワセリンの保湿・保護効果が有効に働くこともあるようですが、アクネ菌が毛穴の内部で増殖して症状が進行した赤ニキビの場合は、ワセリンの油膜で毛穴をふさぐことで、かえって症状を悪化させてしまう恐れがあります。

ニキビが気になる時は安易な使用は控えましょう。

まとめ

ワセリンの使い道について、いかがでしたか?

お肌の保湿も髪の毛への使用も用途は様々なうえ、低刺激で敏感肌への使用もハードルの低い、万能アイテムワセリンをもっと身近な存在にしてみてもいいかもしれませんね。

コメントを残す