身近な「わかめ」はアンチエイジングの強い味方!!

私たちの食生活でとても身近に存在する「わかめ」実は驚くほどの美肌食材だったのです!

わかめの栄養素の約80%は、水溶性食物繊維(アルギン酸)で、残りの約20%が不溶性食物繊維(セルロース)です。

水溶性食物繊維は、腸内で水に溶けて毒素を包み込み体外に排出する効果があります。

その毒素を取り除いてくれるという点は腸内美化の強い味方!

こんなに多くの水溶性食物繊維が含まれている食材はなかなかありません。

その他にも、海藻特有の成分であるフコイダンやフコキサンチン、代謝UPに重要とされるビタミンB群やミネラル、抗酸化作用の高いビタミンA、ビタミンCまでも含まれた美肌に対して本当に優秀な食材なのです!

わかめを食べることで得られる主なメリットとは?

●ニキビ知らずな美肌!

まずニキビとは、アクネ菌という皮膚に常在する菌が増殖して起こる炎症なのですが、主にアクネ菌が増殖する原因として皮脂の分泌が深く関係しています。

ある企業からの情報では、フコキサンチン0.5mg以上を2週間摂取したところ、皮脂分泌が抑えられ、お肌のPHが改善されたとのことです。

前述の水溶性食物繊維の効果で美腸を作りつつ、尚かつ皮脂バランスも整えることでニキビが出来やすい体質から改善が望めそうですね。

●シミの予防に!

わかめを食べることで摂取できる成分で、お肌の基礎を守ってくれる「フコキサンチン」。

なんと女性の天敵である「シミ」からもお肌を守ってくれます。

「フコキサンチン」には、シミの原因となるメラニンを生成するチロシナーゼの働きを阻害してメラニンの生成を抑制!

さらに、色素沈着を防ぐ働きもあるといわれているので、シミの改善&予防に効果が期待でます。

●若々しくてハリのあるお肌を作る!

 

先ほどの説明に登場した「フコキサンチン」という成分は、コラーゲンを分解してしまう酵素「コラゲナーゼ」の動きを妨害する効果があることがわかっています。

この効果はコラーゲンだけではありません。

「フコキサンチン」は、ヒアルロン酸を分解する酵素「ヒアルロニダーゼ」、エラスチンを分解する酵素「エラスターゼ」の働きをも阻害する効果があり、若々しくてハリのあるお肌を作ることができるのです。

さらになんと「フコキサンチン」には、「線維芽細胞」という細胞におけるコラーゲンの生産を促進させるなど、いいことずくめな食材です。

●脂肪へのアプローチもかかさない「わかめ」!

ある大学の研究実験によると、「わかめ」に含まれるアルギン酸と脂肪を一緒に食べると体重増加が抑えられることがわかっています。

これは、腸の中でアルギン酸が脂肪と結びつき、体外に排出してくれるため、脂肪の吸収率を下げることができるとされています。

わかめを食べるタイミングは?どのくらい食べたらいいの?

手ごろに手に入る乾燥カットであれば、摂取目安量は、25g以下といわれています

食べ過ぎると甲状腺に異常をきたす可能性があるため、要注意です。

また、食べるタイミングは食事の食べ始めがベスト!

満腹感を早く感じるとことができ、脂肪の吸収を緩やかにしてくれます。

わかめ単体でなく食べ合わせることでさらなる効果を!

わかめ+納豆で美肌効果up!

美肌食材の代名詞ともいえる「納豆」ですが、これに「わかめ」をプラスすることでさらに美肌効果が期待できます。

それは、納豆に含まれる肌荒れ予防効果のあるレシチン・イソフラボン。

これに、わかめのフコキサンチンがシミ予防の働きをします。

わかめ+切り干し大根でむくみ解消!

むくみの原因である体内の余分な水分や塩分を、両方の食材に含まれる「カリウム」によってこの働きを大きく手助けしてくれるのです。

なんと、わかめは【ダイエット】にも効果的だった!?

前述の通り“わかめ”は、脂肪の吸収を抑える効果もあり、栄養素もとても豊富です。

さらに低カロリー食材で、血糖値の上昇をおさえてくれます。

この働きで、身体に体脂肪がつきにくくなる効果が期待できます。

また、豊富なミネラルを含んでいる為、体の外にコレステロールを出す働きもあります。

こうすることで血液がきれいになり、動脈硬化の予防にも期待できる食材です。

女性に嬉しいヨウ素も多く含んでいるため低血圧や不妊、日々の疲れがとれにくいなどの悩みがある人にもおすすめの食材です。

ヨウ素の働きとしてタンパク質や脂質、糖質などの代謝が促進され、代謝がよくなり、肌や髪のツヤがよくなるなどの女性にも人気の効果が期待できるでしょう。

わかめダイエットをするうえでの注意ポイント

わかめは通常のダイエットと異なり、食事にプラスすることでその効果を取り入れるダイエットです。

味噌汁にポン!スープにポン!サラダにポン!と簡単に取り入れられるだけではなく、「わかめ」自体は高価なものではないので、お財布にも優しい点も嬉しい点ですね。

また、ちょい足しするなど簡単な使い方に加え、他の食材と併せて取ることが多い為、他の栄養素をさらに取り入れやすい食材の一つです。

しかし実は、食べ合わせの悪い食材もあります。

それは「ネギ」です。

これは、わかめに含まれるカルシウムを壊す恐れがあるのです。

摂取しすぎには十分注意してください。甲状腺ホルモンが多く作られすぎて病気になる可能性が高まります。

まとめ

小さい頃から身近にある食材「わかめ」ですが、まさかここまで美肌効果を持っている食材だなんて思いませんでしたね。

しかも、スーパーで気軽に手に入り、通年シーンを選ばず使用できる点も大きなメリットだと思います。

普段の献立に「わかめ」をプラスしてみませんか。

食べ過ぎには注意ですが、ダイエットや美肌など女性に嬉しいがたくさん詰まった小さな万能食材を是非。

コメントを残す