コロナ対策で必須のマスク!でもその下ではお肌トラブルが進行中かも・・・。

冬になり、ウイルスや乾燥対策にマスクを使用している方がほとんどだと思います。

私もその一人ですが、マスクを取ってみると昨日まで無かったのに、といったニキビや肌荒れが目立ってる?!

そんなお悩みを抱えている方必見!

お肌の負担を減らす方法や、お肌に優しいマスク選びをご紹介します。

マスクが原因で出来るお肌トラブルTOP③とは??

①使用されている素材による【かぶれ】・【かゆみ】

普段来ている洋服の素材でも使用されている「化学繊維」でも、体調や体質によってお肌トラブルが起きてしまうことってありますよね?

同様に、口のまわりがかぶれたり、かゆみを伴ったりする原因として、【不織布】などの使い捨てマスクによる影響が大きいようです。

化学繊維マスクに使用されている接着面の樹脂にアレルギー反応が発生したり、ガーゼの素材が合わず肌荒れが起きたり、マスクによってはカビ予防として「抗菌剤」を使用している商品もあり、これらがアレルギー反応を引き起こす原因となっているようです。

しかし、抗菌剤だけが悪いわけではありません。

抗菌剤によってマスク自体のウイルス繁殖を抑える効果を待っている為、一概に「悪者」ということではないのです。

あくまでも、敏感はお肌の方に影響を及ぼす可能性の一つであることを理解しておきましょう。

➁マスクの内側が蒸れることによる【ニキビ】

人の息の中には無数の雑菌が存在しているとされています。

そして、マスクの中は、その雑菌たちが特に増えやすい環境が整ってしまっているのです。

なぜなら、マスクの内側で呼吸していると、適度な温度と室温により雑菌が繁殖してしまうから。

その状態を一日中キープしてしまうと、ニキビなどの肌トラブルにつながってしまいます。

③マスクの摩擦による【シミ】【くすみ】

長時間に渡るマスクの着用は、摩擦による色素沈着を招いてシミやくすみといった肌トラブルの原因につながります。

摩擦を受けると、紫外線を浴びた時と同じように肌を守ろうとしてシミのもととなるメラニンが大量に生成されます。

その排出が滞ることで色素沈着を起こしてシミになったり、顔全体のくすみとなってしまうんです。

さらに、大人ニキビは摩擦によってできやすいといわれています。

口の周りにニキビが出来た人は、これが原因かもしれませんね。

マスクのせいで乾燥肌に!?マスクしているから大丈夫と安心は危険!

 

 

マスクをしていればなんとなく保湿されて乾燥とは無縁だと思っている人も多いと思います。

しかし、「マスクを外した時」が特に危ないのです!

マスクを外したときこもっていた水分が一気に蒸発してしまい、逆にお肌の水分を奪っていってしまうのです。

冬は特にマスクの中と外の気温差が大きく、急激にお肌の水分が蒸発してしまいます。

さらに、蒸発のタイミングでお肌の角質層までの水分も一緒に蒸発していまい乾燥が進み、お肌が荒れてしまいます。

乾燥したお肌は細菌やウイルスも入りやすくなってしまい、肌トラブルの温床…。

また、口唇ヘルペスや湿疹の発生につながるのです。

これ以上は無理!マスクによる肌荒れへの対策とは??

一番に言えることは、「摩擦を起こさないよう、お肌に対して柔らかい素材のマスク選び」を心がけることです。

不織布使用のマスクより、ガーゼでつくられたマスクの方が、お肌への負担は少ないと言われています。

また、不織布マスクをつける前にガーゼやコットンを挟むこともおススメです。

乾燥を防ぐために、メイク下地に保湿性の高いクリームを使用するのもとっても有効的ですよ!

お肌をしっかり保護してくれるので、急激な乾燥を防ぐことができます。

また、保湿をしっかりすることで、ニキビの原因である摩擦を軽減してくれる効果が期待できます。

そして、マスクの中を蒸れた状態のままにすると雑菌が増えてしまうので、通気性の高いマスクを使用することをおススメします。

直接的ですが、口周りの汗を定期的にティッシュで拭くこともニキビを作らせない工夫のひとつですね。

もし、ニキビが出来てしまったら、しっかりと洗顔料で洗い化粧水を使用して十分な保湿ケアを行いましょう。

痛みを伴うようであれば、保冷材などで冷やすといいですよ。

間違っても潰してしまうと痕が残ってしまうので注意してください!

お肌に優しいマスクの特徴や素材は??

前述のように、お肌に優しいマスクとして布やガーゼ素材のものはもちろん、「ウレタン製」のマスクもおすすめです。

通気性に優れている為、蒸れにくく、メガネなども曇りにくいなどの商品もあるようです。

マスクが手放せない状況ですので、この素材のマスクは耳にかける箇所が柔らかく痛みを伴いにくいというポイントもあります。

さらに、立体型のマスクもメリットが多いです。

立体型マスクは、顔の輪郭や鼻の形に合わせて製造されており、フィットしやすくなっています。

このおかげで摩擦が起きにくくお肌を傷つけにくい作りになっているんです。

マスクを着用する前のケア・用意も大切!!

マスクを着用することで引き起こしてしまう、乾燥や、摩擦によるダメージなどを防ぐために、しっかりお肌を保湿してからマスクを着けましょう。

こうすることで、肌荒れを抑えることができ、お肌の乾燥も防ぐことができます。

ワセリンを薄くのばして使用すると、しかっりとダメージから守ってくれるのでおすすめですよ。

【マスクのサイズ】とっても重要なポイント!

 

マスクのサイズも意外に重要です。

顔にフィットするマスクをつけないことには、隙間から細菌やウイルス、花粉が侵入してしまいます。

さらに、前述の摩擦の件に深くつながっていてサイズの合ったマスクを付けることで、マスク摩擦も限りなく少なくすることができるので、お肌トラブルを引き起こしにくくできるのです。

自分に合うマスクのサイズを計るには以下の方法がおすすめです。

1.親指と人差し指を使ってL字型を作ります。
2.耳の付け根の一番上にL字型の親指部分を当てます。
3.鼻のつけ根から約1cm下の部分にL字型の人差し指の先端部分を当てます。
4.親指から人差し指の長さを測ったら、その長さがマスクのサイズの目安になります。

測った長さが
9~11cm→子供用サイズがおすすめ
10.5~12.5cm→小さめサイズがおすすめ
12~14.5cm→ふつうサイズがおすすめ
14cm以上→大きめサイズがおすすめ

午前・午後でマスクを取り換えることも◎

マスクによる雑菌の増殖の話をしましたが、そのまま一日使うのはちょっと気が引けますよね。

同じマスクを一日使うより、午前と午後でマスクを取り換えると雑菌の繁殖を抑えお肌を清潔に保つことができます。

マスクを長時間つけた日は、お肌ケアも念入りに!

マスクを着ける前と、外した後のお肌ケアは、するとしないでは大違い!

普段外でお化粧直しをするように、マスクによって摩擦や乾燥が生じることを防ぐために十分な保湿や、水分を拭き取る、フェイスパウダーを使ってみたりなどお肌への気遣いがより大切な日常に変わりつつあります。

マスクで少し顔が隠せるので、少し薄めの化粧にシフトしてお肌への負担を軽減することも一つのテクニックになるかもしれませんね。

まとめ

コロナの対策でマスクを着けることが当たり前になった今、直接的にお肌の負担が増えてしまうことも新たな悩みとなりそうです。

そんな今だからこそ、マスクの素材や意外な乾燥という落とし穴。原点に戻って純分な保湿や普段と違った薄めのメイクでお肌負担の軽減など、この冬忙しくなりそうですね。

ですが、毎日見る自分のお肌だからこそ自分で傷つけたくないものです。

マスク生活とお肌の関係を理解できれば、きっとマスクの下は明るいままですよ。

コメントを残す