毎年やってくる、【乾燥の季節】到来。

今年もどうせまた…とあきらめてしまっていませんか?

意外と“脱!乾燥肌”のヒントが落ちているかもしれません!

ことしも乾燥肌と戦う季節がやってきました・・・。かゆみや赤み、ピリピリお肌のメカニズムと対策はこれ!

朝起きてから、お出かけ前もお出かけ中も・・・冬の乾燥かゆみ肌の理由とは??

お肌のかゆみはご存知、空気の乾燥が大きな理由の一つです。

また、お肌の湿度として理想的数値は50~60%と言われていますが、空気の乾燥が影響し、その数字は自分の意識より低くなっていることが多いのです。

また、夏の冷房・冬の暖房による影響もありますので、水分をしっかりと取ることや加湿することがとにかく大切です。

寝ている間でも、お肌は乾燥し続けます。

すると、【お肌のバリア機能が低下】し、起きたら体をかいてしまっていることもしばしば…。

朝起きたときに、スキンケアの一環として白湯(さゆ)を飲む方も多いと思いますが、夜眠る前に飲むこともおススメです。

お茶などは利尿作用があるため、体の内側にある水分も同時に減少してしまうので、体温低下と水分量の低下を防ぐ目的で白湯がおススメです。

敏感肌さんの冬のスキンケアとは!?実は【洗顔石鹸】がおすすめ??

敏感肌だからこそ、洗顔の際「皮脂を落とし過ぎない」ことが大切です。

そのために洗顔は【洗顔石鹸】をおススメします!

普段使用している一般的な洗顔やクレンジングの成分には様々な種類の界面活性剤が含まれており、これらが多いとお肌に必要とされる油分まで落としてしまう可能性があるのです。

しかし、洗顔石鹸に含まれる界面活性剤はシンプルな成分でお肌への影響も少なく、ぬるま湯で十分落ちてくれます。

こうしたところから、お肌の乾燥や荒れの原因を抑えることから始めてみませんか?

また、石鹸は洗顔だけでなくメイクを落とす際にもお肌に優しいとされています。

普段使われているメイクも石鹸で落ちやすいものを使うことで、冬の厳しい乾燥や悩みの原因を抑えましょう。

必要なのは水分だけでなく、コラーゲンを意識して!

ズバリ、コラーゲンが不足するとそれだけで乾燥肌になります。

コラーゲンは普段から意識して摂られている方も多いと思いますし、多くの化粧品メーカーもコラーゲンを強調した商品を展開しています。

そもそもコラーゲンはどのような働きをしてくれるかというと、体の各部位(お肌・筋肉・骨・血管・目・髪など)のつくりをサポートする役割です。

このコラーゲンは細胞同士をつなぎとめる大切な役割も担っており、お肌の「真皮層」というお肌の元ともいえるところの約70%を占めているのです。

結果的に、健康的で理想的なお肌はコラーゲンが生み出しているのです。

つまり、この大切なコラーゲンが不足する=お肌の乾燥、ハリも潤いも失われる原因となるのです。

大切なコラーゲンは年齢と共に少なくなってしまう!?

これは避けられない事実ですが、コラーゲンは年齢と共に減ってしまうのです。

しかし、ご安心ください!コラーゲン減少は抑えることができます!

それは「ビタミンC」を摂ることです。

ビタミンCの働きとして、コラーゲンの生成を手助けしてくれる働きがあります。

コラーゲンは外側から塗り込むことでは、なかなか浸透させることが難しい成分とされています。

これは、コラーゲンの分子が大きくお肌の内側に入りにくいためです。

なので、サプリメントなどで内側から摂取する際、ビタミンCを合わせて摂ることで体内でのコラーゲン量は高まりやすくなります。

ちなみに、ビタミンCはお肌の老化を抑える働きがありますよ。

また、外で紫外線を浴びることでお肌にあるコラーゲンは徐々に破壊されます。

夏だけでなく、こうした季節の落とし穴にはまらないように「日焼け止めは毎日」使用するようにしたいです。

お肌を温めることは大切??

先ほどご紹介した洗顔の後は、化粧水を浸透させると思いますが、その前にお肌を温めたタオルなどでほぐし、十分にお肌を温めてから化粧水やクリームを使用してください。

実は、洗顔料を洗い流してすぐは化粧水やクリームなどはお肌になじみにくい状態です。

お肌を温めることで血流を良くし浸透させやすい環境にしてあげることを心がけてください。

しかしここで蒸しタオルを使用する上で注意してほしいことが…。

蒸しタオルを使用すると蒸気によってお肌の潤いがかえって奪われてしまいます。

なので、蒸しタオルを使用したら素早くスキンケアを行ってください。

お肌をほぐすために蒸しタオルだけじゃ足りない!という方は、化粧水の前に美容オイルを使用することもおススメです。

このオイルの油分がブースターの役割をしてくれて、効果的に化粧水をお肌になじませてくれるのです。

外側からできる乾燥肌対策は…コレ!!

スキンケアや栄養素の摂取も当然大切ですが、マスクの使用と首元を温めることも良いとされています。

こうしたご時世ですし、冬場のインフルエンザ対策としてもマスクを使用する機会が増えていると思いますが、マスクは口元を自分が吐く吐息で保湿してくれる効果が期待されています。

そして、外出の際などに首元を温めることで、お肌の温度をしっかりと温めることにつながるため、お肌本来のバリア機能の低下を防ぐためにマフラーやスカーフ、タートルネックなどで温めることを心がけましょう。

ボディケアにはクリームタイプがおススメ!

ボディクリームはミルクタイプのクリームでケアするのが◎

乾燥を抑えるためにセラミドや、適度な油分が配合されたクリームをマッサージしながら塗り込むと効果的です。

手間暇かけるとこは大切ですが、一番大切なのは続けること!シンプルで使いやすく、自分に合ったケアを行うことが、この冬大切なことかもしれません。

最後に…

いままで自己流で行ってきた冬の乾燥肌対策に加えて基本的な部分も、もう一度見直してみると、足りなかった部分に気づけるかもしれません。

様々な成分や効果をうたう化粧品やスキンケアグッズも良いですが、敏感で外に触れ続けるお肌ですから、こうした季節逆にはシンプルなものを使ってみてはいかがでしょうか?

乾燥は外側からも内側からも起きてしまいます。

自分のお肌のために優しさ重視でケアしてくださいね。

コメントを残す