忙しい毎日。

想っている通りに、朝のお肌ケア。うまくいきませんよね?

しかし、今流行の『ルーティン』にしてしまえば、意外に簡単にクリアできるかもしれません!!

朝と夜の欠かせない美肌ケアルーティン☆キレイな肌の人が行っている「いつも」とは??

お肌のコンディションがいつも整っている人はそれだけで「キレイ」ですよね!

実はお肌に自信がないって意外ときつい悩みだったりします…。

一体きれいな人はどうしてるの!?

その美肌にたどり着いた努力の一部と朝・夜の美肌ルーティンをチェック☆

朝起きてからの美肌作りはまずここから!!

朝起きたらまず「うがい」をします!

これは、寝起きの口内は雑菌が特に多く、口内環境を整えることで口から入る菌を減らしお肌への影響を減らすことになります。

うがいの後はコップ一杯の白湯を飲みます

寝ている間に汗で出て行った水分を補給しつつ、体を冷やさないようにしつつデトックスを狙うために白湯がおススメです◎

洗顔をする前に肌状態をチェック!!

鏡の前でお肌に触れたり、つまんでみて感触を確認してみてください。

そのとき、吸い付くような感覚があれば、夜の保湿が足りていないということになり、油感を感じるようでしたら、油分のあるスキンケアを少し減らしてみては?という合図になります。

朝は今の自分と昨晩のスキンケアの答え合わせができる大切な時間になりますね☆

基本的なスキンケアの流れは洗顔→化粧水→美容液→乳液またはクリームというイメージでしたが、まずは鏡の前でお肌のチェックが第一にきます!

しっかり洗顔料を使って洗顔するのがいいの??

夜にしっかりと洗顔はしていても、寝ている間に皮脂が分泌されたり、ホコリや細かい汚れが顔にはついているものです。

こう聞くと、朝も夜みたいに洗顔をするのがいいの?と思いますが、実は汚れや油分を落としすぎるのはNGです。

人によっては「朝に洗顔はせず、ぬるま湯で流すだけでいい」という声もあります。

もちろん、お肌の状態を確認したうえであれば、こうしたぬるま湯でのスキンケアも正解ですが、前述のように汚れが付着してしまっているので、洗顔はしたいです。

しかし、日中のような汚れ方とは異なりますので、保湿を保てる程度の洗顔料を使用しましょう。

落としすぎは、一日の始まりから、乾燥や肌トラブルの元を作りかねませんのでご注意を。

朝からそんなに時間もないしやってられない・・・。

もちろん私も含め朝からそんなに時間を費やせません!

そんな人も多いと思います。

忙しい朝には、拭き取りタイプの化粧水で済ませてしまいたいですが、お肌に与えたうるおいをキープしきれません。

そんな時には、オールインタイプのスキンケア商品を使用するのもありですね。

でもでも、美肌ルーティンとしては、しっかりと「努力」していきたいです!!

朝のスキンケアは朝ごはんも美肌に大きく影響されます!!

まず、朝ごはんの前にフルーツを食べることが◎

フルーツの酵素をまず体に取り入れることから始め、30分以内に朝ごはんを食べることで、スムーズな排泄を促すことができ、デトックスにつながります。

また、朝ごはんのメニューも(肉・魚)は避け、あくまで排泄につなげる食事を意識したいです。

なので、牛乳やお味噌汁・ヨーグルト・チーズなどでたんぱく質を補いつつ食事を美肌につなげましょう。

朝、コーヒーや紅茶を飲む方も多いと思いますが、空腹時は避けてください。

これらは利尿作用を促すため、朝おなかが空いている状態だと、せっかく水分を内面も表面も補ったのに日中乾燥状態を引き起こす可能性も十分にあるからです。

【結果】キレイの“朝のルーティン”の正解は…

朝起きたら、まず『うがい』!

     ↓

温かい『白湯を一杯』飲む!

     ↓

鏡の前でその日の『お肌の状態』をチェック!

     ↓

落とし過ぎない『優しい洗顔』をする!

     ↓

オールインワンでも大丈夫『保湿』!

     ↓

フルーツから始める『朝食』!

一日頑張ったお肌にお疲れ様の【夜ケア】

夜はちょっとしたひと手間が大切!?スキンケアの順番はあってる??

スキンケアの順番は…

①クレンジング
②洗顔
③化粧水
④パックまたはオイル
⑤美容液
⑥乳液やクリーム

この順番ですることが◎。

また、洗顔やクレンジングはお風呂に入ったタイミングで行う方が多いと思いますが、お風呂から上がる直前に行うことが効果的です。

夜だからこそ行いたいひと手間として、ピーリングやフェイスパックです。

自分で特別なスキンケアの日を設けましょう。

このひと手間を定期的に行うことで、たまった角質やお肌のごわつき等をクリアすることが出来ます。

夕飯の時間は??

夕飯は出来るだけいつも同じ時間で取るようにしましょう。

寝付く時間までの4時間前に食事を済ませるようにする方が多いようです。

こうすることで、内臓を休ませたり体重を増やさないように体を作ることが出来ます。

また、どうしても疲れているので、おなか一杯食べたいですが、7~8分目程度にしておきましょう。

朝ごはんもこの努力につなげたいので、起きて空腹状態にするためです。

これは大切!お風呂時間について☆

お肌のきれいな人はしっかりと湯船に浸かっているのが特徴です。

こうすることで、汗をかき血行が良くなり食事で意識した栄養分を体中に行き渡らせることが出来ます。

シャワーで済ましがちな人も湯船につかる習慣だけでも、お肌の調子が変わってくるかもしれませんよ。

また、就寝時間の2~1時間前に済ませることもおススメです。

早めに、お風呂に入ると体温が下がりだし、眠くなってきます。

質の良い睡眠をとるために時間を意識した入浴も大切ですね。

シャワーで済ませると、毛穴が開いてしまうことやたるみの原因になったりします。

また、顔を流すときはシャワーで直接流さず、手でお湯をすくって流すように心がけましょう。

寝付くまで顔を清潔に保つ努力!?

お肌に触れるものを清潔に保つことも大切です。

枕カバーなど特にキレイにしておきたいです。

また、顔をできるだけ触らないようにすることも清潔に保つための努力ですね。

いろいろなところを触る「手」です。

これで顔を触ることもできるだけ避けましょう。

就寝時の最後までお肌は敏感ですよ!

寝る前にスマホを長時間使うと脳が元気になったり、目が疲れたりと意識しないストレスが発生してしまい質のいい睡眠の邪魔になってしまいます。

中々難しいかもしれませんが、こうした細かいところが、キレイにつながるのです。

自分の安眠につながるようにアロマや、照明を真っ暗にしたりと無意識に外も内側もリラックスさせられるように環境を作って休むことも、体本来のキレイを引き出す大切な方法ですね。

まとめ

いかがでしたか?

中々難しい内容もあったかもしれませんが、やはりキレイな方はこうした「努力」を行っている様子。

けして真似できないことばかりではないと思います!

ほんの一部を見直したり、少し真似をするだけでも肌はキレイにしっかりと寄り添ってくれると思います。

明日のキレイのために頑張ってみませんか?

コメントを残す