紫外線などのダメージが気になる夏や、乾燥の文字が頭から離れない冬。その影響が実際で始めるのは、その季節の終わりごろってご存じでしたか??

お肌の調子を整えるために注意しないといけない時期を抑えて、ケアの方法や、お肌のメカニズムを知っておけば、季節の変わり目のお悩み解決につながりますよ☆

8割の人がお肌に違和感を感じてる!?季節の変わり目は本当にチェックして!この時期注意の【ゆらぎ肌】って??

そもそも「ゆらぎ肌」とは、生理前などに起こるホルモンバランスの乱れやによってお肌の調子が悪くなったり、季節の変わり目や体調の変化によってお肌にトラブルが起きた時のことを指します。

特に春先の変わり目は、気温や湿度が変わり、紫外線や、花粉・黄砂やPM2.5の影響など、お肌を取り巻く環境が大きく変わります。

また、春の新生活による様々な心への負担、ストレスによる体調の変化によって生じるお肌のトラブルなど、お肌のトラブル要因は多い季節になります。

 

夏に受けたお肌へのダメージが出るのは9月末ごろ!?

お肌のターンオーバーは約28日と言われています。

つまり、この夏受けた強い紫外線などによるダメージが実際表面に出てくるのは9月末頃~10月ということになります。

夏から秋に変わるタイミングでお肌トラブルが起きやすいのは、このターンオーバーの法則によるものだったんですね!

 

ゆらぎ肌対策の為に大切なケアはいったい何?

季節の変わり目によるお肌の悩みは、もちろん人それぞれですが、一番大切なのは【うるおいを落とさないこと】です。

夏のダメージによりシミやソバカスが目立ってきたり、お肌のハリも少し弱くなる季節。

さらに、冬に近づくにつれ気温も下がり出し、お肌のターンオーバーが乱れ、乾燥や肌荒れなども引き起こしてしまう季節になります。

うるおいを落とさないこと=保湿の徹底をすることで、お肌本来のバリアを有効に機能させることが出来るので、ゆらぎ肌を抑えることが出来ます。

また、スキンケアはしっかりとした睡眠や食事にも大きく関わります。

良質な睡眠は体そのものの機能をしっかりと維持することに、食事は如実にお肌に出てきますよね。

せっかくの機会ですし、少しチェックしていきましょう!!

 

【完全版】『ゆらぎ肌』攻略法。季節の変わり目にお肌が荒れる…そんな方必見!

①スキンケア・クレンジング攻略法!

春は花粉。夏の紫外線。冬は乾燥…。

良く考えてみると、お肌は常に危険にさらされています!

特に夏場の強いダメージはお肌にかなりの負担をかけてしまっています。

そのダメージを意識して摩擦をかけないように、丁寧に行うことが大切です。

優しくメイクを落とすためにゲルやミルクタイプを使用してみるのも効果的。

しっかりと汚れを落とすことはもちろんですが、お肌が乾燥しやすい方はW洗顔不要のタイプがおススメ。

また、すすぐときは人肌程度のぬるま湯がベストです。

お肌に強いストレスを与えるとニキビなどさらに悩みを増やしかねません。

ピーリングの際は、お肌に優しいフルーツ酸などで行い顔のパーツごとに絞りながらケアしてください。

クレンジングとメイクをなじませてつつ丁寧にやさしくがポイントです。

 

②徹底した保湿!

季節の温度差や環境の変化の影響でお肌はダメージを受けています。

そのため、季節の変わり目には、お肌のバリア機能が低下して、乾燥が目立ったり、潤い成分が奪われやすく、外からの刺激を受けやすい敏感なお肌の状態です。

朝と夜の一日2回普段よりもしっかりと、炎症ケアを行いましょう。

普段使用している化粧品よりもひとつ上のランクのものを使用し隅々までお肌に水分をしみこませるようにしましょう。

そうすることで、乾燥や日焼けによるくすみなどに効果的にケアすることが出来ます。

特に、日焼けによるダメージはお肌を乾燥・炎症を起こさせます。

こうした症状を抑えるためにメイクの上から使用できるローションなどを持ち歩くのもおススメです。

③保湿後のケア方法!

化粧水を使用した後は油分を含んだクリームでケアしてあげてください。

化粧水だけで済ませてしまうと、せっかくお肌に含ませた水分が時間がたつにつれ乾燥していってしまいます…。

それを乳液や美容オイルなどでカバーすることで、乾燥を防ぐことが出来ます。

夏の終わりごろに取り入れたいケアとして、乾燥対策やブライトニング。

まだまだ暑い夜にはテクスチャーの心地よいジェルがおススメです。

特に強いダメージを受けてしまったお肌をケアしたい場合は、オイル美容液や高保湿の美容液、クリームなどでうるおいを与えてあげましょう。

④うるおい成分は「セラミド」が◎

セラミドとは、お肌の表面にある角層に存在しています。

とても薄い角層が積み重なってできており、その細胞と細胞の間をセメントのように埋めている角質細胞間脂質の成分が「セラミド」という成分です。

また、お肌にはバリア機能といって、外からの物質の侵入を防ぐ働きがあります。

アレルギー物質や細菌・カビ・ホコリなど遮断し、ニキビや炎症を防ぐことができるのです。

乳液やクリームなど、年齢に適した肌用ケア商品や高保湿、敏感肌用のスキンケア製品に、セラミドを含んでいるものがあります。

これらの製品は直接お肌につけて、角層に浸透させることで不足しているセラミドを補い、肌内部の水分量を上げる処方となっています。

⑤ケア商品だけでなく日々の生活習慣も特に大切!!

今の生活リズムを簡単に改善することは難しいかもしれません。

しかし、そこから改善することがお肌本来の機能を働かすことが出来ます。

まずは、十分な睡眠をとりましょう。

そうすることでストレスの解消や、新陳代謝を促すことが期待できます。

また、シャワーだけでなく湯船につかることも大切です。

入浴には、きれいな血液を巡らせたり、リラックスした気分にさせる効果もあります。

⑥食生活の見直しも欠かせない!

お肌にいいとされるビタミンCやビタミンB、また旬の食材は旬の時期に食べることで栄養価が高く、体の調子に直結します。

ビタミンCは抗酸化作用や、コラーゲン繊維を作る際に使われる重要な栄養素です。

ビタミンBは皮脂のコントロールやお肌のターンオーバーを促進してくれる栄養素です。

サプリで簡単に摂取することも可能ですが、前述のように旬の食材から取り入れることも様々なプラスを与えてくれます。

まとめ

夏に受けた大きなダメージが秋に表面化し、ゆらぎ肌にご注意!

また、冬に近づくにつれ更に乾燥肌による肌荒れなど、この夏から秋にかけての季節の変わり目もお肌にとって大切な気の抜けない時期になります。

内容にあったように、スキンケアの方法や重要なポイントとしっかり押さえればキレイを維持、作り出すことがきっとできると思いますよ♪

夏場は終わる頃が要注意ですね。

コメントを残す