『導入美容液』ってご存知ですか?

次から次へと新しいアイテムが出てきて…正直ついていけない。。

しかし!この導入美容液。

使わないと損かも?

導入美容液って何?本当に必要なの?

導入美容液(ブースター美容液)とは、化粧水の前や乳液の後に使う美容液で、いつもお使いのスキンケアにプラスするだけで、うるおいや効き目を『導き』『入れ』やすいお肌に整えてくれるアイテムです。

例えば乾燥や紫外線などの影響でお肌がダメージを受けると、ターンオーバーが乱れてお肌表面が硬くなったりゴワつきを感じたりしますよね。

それはうるおいを受け入れにくいお肌のサイン。

そこに『導入美容液』をプラスすると、うるおいを受け入れやすいお肌に導くことができるんです。

また、いつものケアに1品プラスするだけなので、むやみにスキンケアを変える必要がなくとても効率的。

・乾燥肌で、化粧水をつけてもすぐ乾燥してしまう。

・年齢を重ねて化粧水かお肌に浸透しにくくなったのを感じる。

・普段からお肌がゴワゴワと固い感じがする。

・最近メイクのノリが悪い。

どれかひとつでも当てはまる方には、【導入美容液】おススメです。

ところで…『導入美容液』を付けるとどうなるの?

◆肌表面を柔らかくする◆

導入美容液で1番分かりやすいのが、肌表面を柔らかくする効果です。

化粧水が浸透しづらいのは、古い角質が溜まって邪魔をしている状態だからなのです。

そこで、導入美容液を入れることで、古い角質を柔らかく滑らかにし、化粧水の成分が肌に浸透しやすい状態に導いてくれるのです。

◆水分がお肌の深くまで届く道を作る◆

化粧水の有効成分をお肌の奥に届けるためには、そこまでの道が必要です。

古い角質が溜まってしまうと、所々で行く手を阻まれてしまいます。

一体、何が水分や有効成分をせき止めているかというと、それは「油分」です。
なぜなら、油が水をはじいてしまうから…。

導入美容液はそんな油分を取り除く働きがあり、そこに水分の通り道を作ります。

結果、その後の化粧水がお肌の奥に行くまでの道ができるので、お肌に潤いが戻ってくるのです。

◆phをコントロールしてくれる◆

導入美容液にはお肌のphをコントロールするという効果もあります。

私たちのお肌は「弱酸性」ですが、導入美容液を入れることで、一時的にお肌をアルカリ性の状態にします。

すると肌表面が柔らかくなり、その後の化粧水の浸透性を高める効果がアップするのです。

導入美容液を選ぶポイントは…ズバリ!『コスパ&肌質』

導入液を選ぶポイントは、「無理のない価格のものを選ぶ」ことと、「肌質に合ったものを選ぶ」ことです。

導入液は、1回きりではなく継続して使い続けることによって効果が出るので、継続して買えるコスパのものを選びましょう。

また、導入液は化粧水タイプのものからオイルタイプ、ジェルなど様々なものがあります。

それぞれの肌質に合った導入液のタイプを紹介していきます。

✓乾燥肌さんの場合

乾燥肌さんには、「オイルタイプ」の導入液がおすすめ。

しっとりとした付け心地が、化粧水の肌なじみを高めてくれるだけでなく、乾燥からお肌を守ってくれます。

導入液をつけてから、いつもの化粧水や乳液・美容液を丁寧につけ保湿を行うことで、乾燥肌の改善にもつながります。

✓敏感肌さんの場合

敏感肌さんには、「ジェルタイプ」「アルコールフリータイプ」がおすすめ。

敏感肌の方は、乾燥肌でもあることが多いので、化粧水タイプのようなさっぱりしたものではなく、うるおいを与えてくれるジェルタイプでしっかりと保湿するようにしましょう。

アルコールフリーや無香料など、お肌に優しいものを選ぶことも大切なポイントです。

✓脂性肌さんの場合

脂性肌さんには、「拭き取りタイプ」の導入液がおすすめです。

拭き取り化粧水のようなさっぱりとした導入液で、余分な皮脂をサッと拭き取りましょう。

コットンにたっぷりと導入液をつけて、優しくふき取ることがポイントです。

間違ってたら効果は半減…『導入美容液』の正しい使い方とは?

導入美容液はどのように使ったらよいのでしょうか。

このタイミングや使い方を間違えると、効果が半減してしまいます。

【導入液の正しい使い方】

①まずは洗顔をし、お肌を清潔にする

②洗顔後、タオルで十分に水分を拭き取ったらすぐに導入液を使用する

③使用する導入液の用法や用量を確認し、守ることが大切

※洗顔後にすぐ化粧水や美容液、乳液をつけ、そのあとで導入液をつける人もいるけれど、それはNG!

導入液はあくまでもお肌の角質を柔らかくすることで化粧水や乳液の浸透性を高めるためのものだから、洗顔→導入液→化粧水→美容液の順番が◎

使用する導入液の用量を守って、効果が最も得られる適量をつけることも大切です。

※導入液の注意ポイント※

導入液をつけるときに、お肌を擦らないこと!

せっかくお肌に嬉しい効果のある導入液なのに、擦ってしまってはお肌を傷つけてしまうためNGです。

お肌の深層部分に押し込むイメージをしながら、手で押さえるようにしましょう。

また、手の温度で導入液を温めてからつけると、有効成分がよりお肌に入りやすくなるためおすすめです!

角質をしっかりと柔らかくするように時間をかけながらゆっくりとお肌に馴染ませていきましょう。

導入液のみでスキンケアを終了してしまわないこと!

油分を取り除く働きのある導入液のみを使用すると、お肌が乾燥してしまうため要注意。

導入美容液はあくまで、化粧水や乳液の効果を高めるためのアイテムです。

導入美容液には、お肌を保湿する成分を始め、美容に有効な成分は含まれていません。

導入美容液を使ったからこそ、その後の化粧水や乳液などのスキンケアが活きてくるのです。

むしろ、いつもより丁寧にスキンケアしましょう。

プチプラですぐ手に入る!おススメの『導入美容液』ベスト③

☆第1位☆ SOFINA iP ベースケアセラム

出典:amazon.co.jp

ソフィーナのipベースケアセラムは、洗顔後すぐのお肌に使用する、『土台美容液』です。

きめ細かな炭酸泡がお肌に密着し、素早くお肌になじんでくれます。

潤いはもちろん、お肌のハリのアップも期待できるので、エイジングケアをしたい方にもおすすめです。

☆第2位☆ CLINIQUE クラリファイング ローション 2

出典:amazon.co.jp

クリニークの拭き取り化粧水は、乾燥やくすみ、毛穴の目立ちなど様々な肌トラブルの原因となる古い角質を柔らかくする皮膚科医処方の角質ケア ローションです。

コットンに含ませて優しくふき取るだけで、洗顔では取り除けない古い皮脂や角質をオフしてくれ、うるおいや美白を与えてくれます。

塗った後にはスーッとする使い心地なので、夏場に、特に脂性肌さんにおすすめしたい拭き取り化粧水です。

☆第3位☆ コスメデコルテ モイスチュア リポソーム

出典:amazon.co.jp

口コミランキングで、常に上位にランキングする人気アイテムです。

美容成分を包み込んだ超微細なカプセルが、角層にすーっと浸透して、少しずつ美容成分を放出して、長時間うるおいが続くお肌に整えてくれます。

お肌のうるおいが保たれるので、乾燥でお肌がカサカサになる人や季節の変わり目に肌トラブルが起こりやすい人におすすめです。

肌なじみが抜群に良いので、ブースターアイテムはべたつく!という人でも使いやすいのも魅力です。

普段のスキンケア効果を何倍にもUPしてくれますよ。

まとめ

導入美容液は、決して必須アイテムではありませんが…いつものスキンケアに、導入美容液の1プッシュ・美容オイルの1滴をプラスするだけで、肌コンディションを底上げ&スキンケアの効果倍増してくれる、嬉しいアイテムです!!

スキンケアを変えていないのになんとなくお肌の調子が良くないな…と感じている人は、ぜひスキンケアの前に、ブースターや導入液を取り入れてみると、きっと肌の状態が変わってくると思いますよ!

コメントを残す