正しい姿勢でい続けると、疲れちゃいませんか?

いかに自分がいつも『猫背』なのか、思い知らされます…

そして、あなたのその体やお肌の不調。

もしかしたら、原因は『猫背』にあるかも?!

猫背といっても一つじゃない!あなたは「○○猫背」?

そもそも、猫背とは背中が丸まって首が前に出ている状態。

本来、私たちの背骨はピーンと真っすぐなわけではなく、緩やかなS字カーブを描いています。

これがスプリングの役目を果たすことで、頭の重さを分散させたり着地時の衝撃をやわらげているのです。

猫背はこの自然なS字カーブが崩れて、背中が丸くなった状態を指します。

猫背のタイプは4種類あると言われいます。

①首猫背

頭だけが前に出ている状態で、「ストレートネック」「頭部前方偏位」という呼び方もされています。

この「首猫背」は、背中が円背型ほど丸まっていないので、猫背だという自覚症状を持ちにくいタイプです。

元々緩やかなカーブを描いている首の骨が真っすぐに変化、配列されることにより「首猫背」になります。

見た目の不自然さに加え、肩や首が凝りやすいのが特徴で、ひどくなると頭痛やめまい、腰の痛みに発展することもあるといいます。

②背中猫背

一般に「猫背」と呼ばれるのがこの「背中猫背」です。

背中の中心から曲がっていて長時間前傾姿勢で仕事をするデスクワーカーに多いようです。

背中が曲がることで胃が圧迫され、胃痛や胸やけの原因になったりもするそうです。

また、見た目が悪くなるという問題だけではなく、上半身下半身のバランスが崩れることによる腰痛や、呼吸が浅くなる、血行が悪くなる等の体の不調につながる可能性があります。

③腰猫背

腰が丸まった状態の猫背を「腰猫背」といいます。

寝そべった状態で腰の後ろに手が入るほど浮いていれば、「腰猫背」の可能性大です。

腰、背中、首、お尻と体の中心となる部分に痛みやハリを感じたり、足やお尻がむくんだり、冷えたりと腰猫背による不調の出方はさまざま。

④S字型猫背

腰が前に反っている猫背で、お腹がぽっこりと出た状態になるので「お腹猫背」とも呼ばれています。

ハイヒールが原因になることもあるそうで、女性に多く見られ、骨盤が前に傾いて内臓を支える筋肉が緩むことによってお腹がぽっこりと出てしまうんです。

骨盤の歪みからくる血行不良や代謝の低下、やせにくく脂肪がたまりやすい体質になるといった現象が起きやすいのが特徴です。

あなどれない…猫背が生むデメリットとは?

太りやすい!

 

猫背の人は太りやすいと言われています。

本来使うはずの腹筋や背筋を使わないので代謝が悪くなり、脂肪がついてしまうのです。

それに加え、顎を突き出す姿勢のせいで顎の皮膚がゆるみ、二重顎になりやすいんだとか……。

また、楽だからといって体のどこかに体重をかけすぎると、骨盤が歪み、内臓の位置が下がってお腹が出てしまう原因になるので、要注意。

老けて見える!

猫背の人は、なんと実年齢より5歳ほど上に見られてしまうことが多いんです。

「疲れている」「だらしない」「暗い」……このようなイメージがそう見せてしまっているんですね。

お肌トラブル!

一見、猫背とは無関係なお肌ですが、実は悪影響を及ぼしています。

背中が丸くなると内臓が圧迫され、負担をかけている状態になります。

そうして内臓疾患や便秘を引き起こし、老廃物が体内にたまり、肌荒れの原因になってしまうのです。

また、長時間同じ姿勢が続き筋肉の働きが悪くなると、その部分にコリが生じ血管を締め付け血流が滞ります。

血行が悪くなると老廃物が流れにくくむくみやすい体になるばかりか、全身に栄養が行き届かず肌荒れやたるみ、シワなど美容面にも影響が出てきます。

肩がこる!

 

人間の頭の重さは約5~6kgです。

体は常にそのくらいの重さのものを支えているわけですから、支える角度が違えばその負担は何倍にもなってしまいます。

前かがみになればなるほど肩甲骨も前に出て(「巻き込み肩」といいます)、肩甲骨と肩甲骨の間の筋肉が引っ張られ、その張りが「こり」として表れてくるわけです。

腰痛・頭痛!

猫背になると上半身の重心がズレるので、腰の関節に負担がかかって腰痛にもなりやすいんです。

また、上記のように腹筋や背筋を使わない状態だと筋肉は衰えますから、いざ重いものを持とうとしたときなどに腰痛になってしまう可能性が高まります。

さらに、猫背になって首回りには重要な神経たちが圧迫されると、慢性的な頭痛の原因になってしまいます。

頭痛のほかにも、耳鳴りやかすみ目、イライラ、ストレスを感じるetc……様々な不調が引き起こされるのです。

酸素が足りない!

猫背の人は脳が酸欠になる、と言われています。

これも猫背が内臓を圧迫しているせいなのですが、肺や心臓をずっと圧迫している状態なので呼吸が浅くなってしまうのです。

意識して背中を丸めてみると、その姿勢で深呼吸をするのは無理なことがよくわかります。

そして、軽度の酸欠状態がずっと続くと集中力の低下などにもつながります。

仕事中ずっと座っている人は陥りやすいので、気をつけてくださいね。

どうして猫背に?『猫背』になってしまう原因とは?

猫背になる原因は様々ですが、日常生活の姿勢が大きく影響していると言われています。

当てはまるものがあれば、あなたも猫背になっているかもしれません。

デスクワークの姿勢が悪い

たとえばパソコン作業に熱中していると、前のめりの姿勢になりやすくなります。

すると、バランスをとろうとして骨盤が後ろに傾き、猫背になりやすくなります。

また、デスクワークで同じ姿勢をとり続けることによって肩甲骨や首まわりの筋肉へ負荷がかかり、その部分が凝り固まってしまうこともあります。

座っている時の姿勢が悪い

座面に浅く腰掛け背もたれに背中の後ろだけを当てる姿勢は、姿勢をつくる筋肉が衰えて猫背となりやすいです。

気づかないうちに顎を引く姿勢にもなっており、頭部が前に出てしまいがちです。

  • 椅子に浅く座り、背もたれに寄りかかる
  • 頬杖をつく
  • あぐらをかく
  • 足を組む

上記のような座り方を日常的にしている人は、猫背になりやすいので気を付けましょう。

スマホ操作の時間が長い

スマホやゲーム機を覗きこむ姿勢は猫背となりがちです。

胸より下でスマートフォンやゲーム機を持つことが必然的に前傾姿勢を作り、背中が曲がった状態を生み出しています。

なるべく顔の高さまであげ、目線が下がらないように注意が必要です。

精神的な問題がある

一人で考えこみがちな方は自然とうつむくような姿勢になりやすいです。

すると自然と背中が丸まり猫背になっていくのです。

また猫背になると呼吸も浅くなるため、イライラしやすく悪循環ですね。

ネガティブな気持ちになった時は、体をグーっと上に伸ばして深呼吸をしてみましょう。

立っている時の重心・カバンを持っている側がいつも同じ

座っている時はもちろん、立っている時も注意が必要です。

運動不足により筋力が低下してくると、人は楽な姿勢を取ろうとして左右、どちらか一方に体重をかけて立ちます。

体重をかける側が決まってくると、骨盤に歪みが生じて猫背につながります。

また、カバンを持っている側がいつも同じだと、片方ばかりに負担をかけることで体に歪みが生じやすくなるため、ときどき逆側で持つことを意識してみましょう。

ちょっと意識するだけで”姿勢美人”になる方法

✓悪い癖を意識する

イスに腰かけるとすぐに足を組む、頬杖をつく、片方の肩だけにバッグをかける、スマホを覗きこむようにして長時間見続けるなどは体に歪みを招きます。

悪い姿勢を作り出す日常生活の習慣を見直しましょう。

✓正しい姿勢のための環境づくり

デスクワークなど長時間作業をする場合は、イスや机、パソコンの位置関係の見直しが正しい姿勢にも大きく関わってきます。

・パソコンと顔の距離が40cm以上、画面が目の高さより低くなるように設置する

・膝を90度に曲げた状態で床に足裏全体がつくようにイスの高さを設定する

✓深呼吸する

姿勢が悪いと呼吸が浅くなりがち。

深呼吸をするときは、背筋がピンと伸び自然と姿勢が正されます。

変に「姿勢をよくしよう」と力むよりも、深い呼吸を繰り返そうとするほうが自然といい姿勢へと導いてくれるんです。

✓キャットストレッチをする

“キャットストレッチ”とは、猫のように背中を伸ばしたり縮めたりする運動のこと。

四つん這いの姿勢になり、お腹を引き上げながら背中を丸めたあと、肩甲骨から下げるイメージでお腹を床に引きつけながら背中を反らせます。

この動作を呼吸に合わせて何回か繰り返すと、自然と背骨が伸びて正しい姿勢をキープしやすくなります。

✓猫背エクササイズ

正しい姿勢をキープしようと意識していても、デスクワークやスマホの操作などに長時間集中しているとついつい首や背中が前方に丸まって来てしまいます。

猫背と首猫背を改善するために、定期的に以下のエクササイズを行って上半身の筋肉をほぐしてあげましょう。

1. 左右の肩の高さを平行に整え、顎を引いて耳の位置と肩の位置を揃える
2. 背筋を伸ばし、肩甲骨を押し出すようにして肩の高さで両手を前にまっすぐ伸ばす
3. 腕は肩の高さを保ち、肩甲骨を意識しながら肘を体の真横まで引いた状態で5秒間キープする
4. 3.の状態のまま、肘から先を真上に挙げて5秒間キープする
5. 1.~4.を上半身のほぐれを感じるまで繰り返す

まとめ

現代人は、日々のデスクワークや、長時間のスマホ操作によって、肩や背中が丸まり猫背が習慣になってしまいがち。

わかっているけど、気づけば猫背になってしまっている…

ずーっといい姿勢でいる必要はないんです。

1時間に1回は自分で「あ、姿勢」と気づいて背筋を伸ばし、1日に1回、エクササイズやストレッチを取り入れましょう!

それだけで、あきらめていた『猫背』がぐんと伸び、憧れの〝姿勢美人〟になれますよ!!

コメントを残す