知っていますか?

化粧水には、「ヒアルロン配合」や「プラセンタ配合」なんてパッケージに表記されていても、実は1滴入っているだけでも「〇〇配合」って言えるんです!

今使っている化粧水。自分が欲しい成分が少ししか配合されていないかも…

そんな心配を見事に解消してくれるのが、『原液美容液』なんです!

高級コスメ級?話題の『原液美容液』ってどんなの?

「原液美容液」とは、定義としては難しいですが、基本的に希釈されていない美容成分を使用している美容液のことを指します。

ただ、『原液』と聞くと、成分濃度が高いと”高級コスメ”と思われがちですが、逆に少量でも効果を得られる可能性が高いので、最強のコスパかもしれません。

年齢の若い方は、まだそんなに高濃度の美容液は必要ないかも…と思いがちですが、むしろ、若いうちから原液美容液を開始したほうが、年齢を重ねても若々しい肌を保てる可能性が高くなるのでなるべく早く取り入れることをおすすめします。

原液美容液にはメリットいっぱい?!

♡自分のお肌が1番必要としている成分と出会える!

毎日のケアに不可欠な化粧水。

いつもどのように選んでいますか?

コラーゲン、セラミド、ヒアルロン、プラセンタ…お肌にいいとされる成分に着目して選んでいる人も多いのではないでしょうか?

今やどんな化粧水にも何かしらの美容成分がたくさん配合されています。

では自分に合った配合の化粧水はどうやって見つければいいのか…って悩んでしまいますよね。

この成分を配合してるからといって選んでも配合量がわからないと本当に悩みにアプローチできるのかと不安になってしまいます。

ただ濃ければいい!というものでもありませんが、気になる部分に集中的に必要な成分を補ってあげることができたら効果も更に期待できますよね。

そこでオススメなのがいつもの化粧水にプラスして【原液美容液】を使用することです。

原液美容液とは配合成分を一種類に絞り、ほとんどの成分がそのもので出来ているシンプルなもので、中には100%に近いものもある特化したアイテムです。(中には水が最初に表記されているものもありますがシンプルにその成分で作られているので特化されているといえます)

シンプルなので今まで使っていた化粧水にプラスして使用するだけ、目的や肌のコンディションや場所に応じて自分で調節できて、しかも狙った所に好きなだけ塗りこめるので反応がわかりやすいのも嬉しいですよね。

♡敏感肌の方も安心して使える!

通常の美容液などには、複数の成分が含まれるため、お肌に合わないリスクも高くなります。

使用して効果を感じたときも、逆に、ちょっとお肌に合わなかったなと思う時も、その製品に含まれるどの成分が影響を及ぼしたのかがわからないことが多いのです。

特にお肌が弱いという方は、敏感肌用のやさしいスキンケアを使用することも多いでしょう。

しかし、原液美容液を試してみることで自分に合う成分・合わない成分を見極め、自分のお肌にトラブルを及ぼさない成分が見つけやすくなります。

自分のお肌にあった成分のみを原液で使用することで、肌トラブルを起こさず、より効果的なスキンケアができるアイテムなんですね。

♡その日の「お肌コンディション」に合わせて使い分けが出来る!

お肌のコンディションって同じに見えても、乾燥気味だったり逆にテカリ気味だったり…

毎日の体調や気候の変化で変わってきますよね。

つまり、その日その日にのお肌が欲しい成分は違うってことです。

その時のコンディションを改善するための成分を選んで、お肌に届けられるのも原液美容液のよいところ。

 自分の肌傾向や弱点をチェックして、今のお肌に必要な成分を複数組み合わせて使用することもおすすめです。

ピンポイントでchoice!自分の肌悩みに合わせた『おすすめ原液』とは?

『お肌全体の毛穴、くすみ、ハリ不足に』…プラセンタ

プラセンタは胎盤から抽出されるエキスから作られたもので、その中にはコラーゲンやヒアルロン酸も含まれています。

乾燥が気になるお肌に保水性・保水力が期待でき、もっちりとさせてくれるので、お肌全体の毛穴、くすみ、ハリ不足に効果的です。

生命体を育て上げる、高い活性力を持つプラセンタを原液で取り入れることで、本来の輝きをサポートしてくれることが期待でき、透明感が期待できます。

プラセンタをチョイスする場合は、どの動物由来かどうかを確認して、万が一食べ物などでアレルギーのある動物があるならば、その動物由来ではないものを選ぶようにしてください。

また、ビタミンCと一緒に使用すると、より美肌をサポートするパワーがアップするといわれています。

『リフトアップしたい』…プロテオグリカン

乾燥肌を潤わせるといわれるヒアルロン酸と同等以上の保水力を持つのがプロテオグリカン。

潤いが長時間継続するという実感を得る方も多く、お肌にハリと弾力を与えるリフトアップが期待できます。

『頬など顔全体のハリ、弾力が不足している肌に』…コラーゲン

コラーゲンはたんぱく質の一種で、人間の皮膚の70%がコラーゲンでできているともいわれています。

しかし、コラーゲンは年齢とともに減少し、質も劣化してしまいます。

これが年齢とともに肌あれやクスミ、小ジワなどの原因に。

コラーゲン原液がお肌の中に浸透すると、お肌が柔らかくなる、ハリが出て目尻のシワが目立ちにくくなる、お肌が白くなる、お肌の手触りがよくなる、化粧のノリが良くなるなどのたくさんの嬉しい効果が期待できます。

しかし、一言でコラーゲンといっても、分子の大きいものだと皮膚に吸収されにくい場合も。

皮膚への浸透性が高く、細胞の生理活性作用も高いとされるジペプチド・トリペプチドとよばれる小さい分子のコラーゲンと、潤いがお肌から逃げるのを閉じ込める大きな分子のコラーゲンの両方が含まれているサメ軟骨由来のコラーゲン原液などがおすすめです。

『乾燥、敏感ゆらぎ、インナードライ肌に』…セラミド

セラミドは、お肌の表皮に存在する肌を守るのにもっとも重要と言われる成分のひとつです。

セラミドは、細胞の間に存在する物質で、細胞間の接着剤のような役割をもっています。

セラミドが少ないと細胞同士に隙間ができ、水分を補っても保つことができません。

つまり、肌表面の水分蒸発を防ぎ水分をキープすることで保湿の役割をもちます。

セラミド原液を取り入れる場合は、ヒトのセラミドに近いバランスを持っているものを選ぶようにしましょう。

『年齢肌に』…ヒト幹細胞培養エキス

ヒト幹細胞培養エキスは、ヒト由来の幹細胞を培養し、抽出することで作られます。

ヒト幹細胞が分泌したコラーゲンやヒアルロン酸など皮膚組織に欠かせないタンパク質や、成長因子(グロースファクター)、サイトカインなど生理活性物質が豊富に含まれています。

ヒト幹細胞培養エキスを直接肌に塗ることにより、肌細胞になり変わったり、分化して、整肌効果が期待できます。

そして、これら有用成分を培養液に効率よく分泌させるには、培養中に実際に生体の中でおきるトラブルを模倣し、最適な酸素の量や温度変化、振動などの刺激を与える環境が必要です。

この工程をきちんと行っているヒト幹細胞培養エキス原液を選びましょう。

『お肌が弱りがち…敏感肌になってきた』…LPS(リポポリサッカライド)

玄米や明日葉、ワカメやメカブといった食品からも摂取でき、免疫力に関わる成分として認識されているLPSは、お肌の免疫力も高めてくれる効果が期待できます。

お肌が疲れやすかったり、ダメージが出やすいという方にもおすすめで、お肌が弱っているときでも取り入れやすい原液の1つです。

敏感肌の方にはアレルギー物質の少ない無農薬由来の成分を使用したものがおすすめです。

『乾燥が止まらない、粉吹き肌に』…ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はお肌の水分をキープする役割があります。

ヒアルロン酸を使うことでお肌の内部で水分を抱え込んでくれ、お肌の潤いを保つ効果を期待することができます。

『シミ・そばかすが気になるお肌に』…ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、コラーゲンの生成を助け、お肌のキメを整えます。

日焼けあとの炎症とともに生じる活性酸素を分解して、お肌へのダメージを最低限にとどめ、色素沈着を防いでくれるので、〝しみ・そばかす〟が気になって方へおススメです。

まとめ

自分のお肌悩みにダイレクトに届けてくれる『原液美容液』。

今まで使っていなかったのがもったいないくらい、効率的ですよね!

ほとんどの原液美容液は、スポイト状になっていて、1滴単位で出す量が調節できます。

お肌につけた瞬間、浸透スピードにびっくりすると思いますよ!!

値段も一瓶、1000円代~とかなりお手軽なので、自分好みのものを見つけるのも楽しみ!

コメントを残す