花粉症の時期がひと段落しても、まだまだ外せないのが〝マスク〟。

今や生活に欠かせないものとなりましたよね…

一方で、長時間のマスクの着用によって肌トラブルを起こす人が増えているのです!

スキンケア、いつも通りやってるのに…なぜか起こる肌荒れ。その原因は『マスク肌荒れ』かも?

1.マスク内側のムレによる肌荒れ

マスクによって肌荒れが起こる原因の1つは、雑菌の繁殖です。
どれだけ清潔にしていても、口の中には雑菌がすみついていて、呼吸する際に少なからず排出されています。
排出された雑菌は、マスクをしていると内側に留まるのです。
また、くしゃみや咳、しゃべるときなどに飛んだ唾液にも当然雑菌が含まれており、マスクに付着します。
その結果、マスクの内側は無数の雑菌が浮遊して充満した状態となっているのです。
さらに、マスクの内側は呼吸によって湿度も温度も高くなっており、常にムレています。
これは雑菌にとって好ましい環境で、どんどん繁殖してしまい、肌荒れやニキビを起こす原因となることがあるのです。
口周りにニキビが発生している人は、これが原因かもしれません。

2.素材やアレルギーによる肌荒れ

マスクそのものの素材がお肌に合わなかったり、アレルギー反応が起きたりすることが肌荒れの原因となる場合もあります。
マスクには非常にさまざまな種類がありますが、多くの場合、素材にはガーゼと不織布が使われています。
また、不織布のマスクは接着するのに樹脂が使われています。
この樹脂が合わなくて肌荒れが起こることもあります。
マスクによってはウイルス対策に欠かせない、細菌やカビを防ぐ抗菌剤が使用されています。
しかし、体質によっては、この抗菌剤がアレルギーを起こす原因となることもあります。

3.マスクと肌の摩擦による肌荒れ

マスクを何度も着けたりズラしたりするとお肌に摩擦が生じ、角層がはがれやすくなってバリア機能が低下します。

するとお肌のうるおいは蒸散し、ダメージを受けやすいデリケートな状態になってしまうのです。

さらに、マスクをきちんと着用していても、鼻の上部から顎の下まで、顔の下部の広い範囲が覆われることになるので、覆われているお肌はマスクの繊維と直接接していて、擦れています。
その刺激によって、お肌が反応して荒れることもあるのです。

4.マスクを外した時の乾燥による肌荒れ

マスクをしていると、呼気(吐く息)中の水蒸気がマスク内に広がって、保湿されたように感じますよね。

しかし、それはちょっと違います。

着用している間はマスクの内側は湿度が保たれ、しっとりしているでしょう。

しかし、マスクを外すと水分は一気に蒸発してお肌の水分を奪うため、お肌が乾燥に傾くんです。

マスクをつけている間は何となくお肌が潤っているように感じても、外した時につっぱり感やヒリヒリ感を感じることがあるのはそのためです。

お肌が乾燥すると表面のバリア機能が低下し、細菌やウイルスが侵入しやすくなります。

すると、肌荒れを招くことがあるのです。

同時に化粧ノリが悪くなり、肌のザラつきの原因にもなります。

それでも、マスクは外せないし…止まらない肌荒れ!どうする?

マスクに一工夫!

マスクと顔の間にガーゼを挟むのも、肌荒れ防止に有効な方法です。

これは、呼気により排出された水分をガーゼに吸い取らせることで、マスク内側の湿度を下げてムレを防ぐからです。

綿100%の布マスクは通気性がよく、表面が起毛していないので摩擦も軽減できますが、ウイルス対策でマスクを着用するときは、ガーゼ素材のマスクより効果が高い不織布マスクを選ぶ人が多いでしょう。

素材そのものが水分をいくらか吸うガーゼ素材のマスクと比べ、不織布マスクはムレやすいため、特にガーゼを挟む方法は効果的です。

間に入ったガーゼがお肌とマスクの摩擦も防ぎますので、こすれによる肌荒れの対策にもなります。

長時間のマスク着用は要注意!

マスクによる肌荒れを防止するには、なるべく長時間着け続けないようにすることも大切です。

不織布マスクはムレやすく雑菌も繁殖しやすいため、長時間着用するなら、衛生的に保つ意味でも、定期的に取り換えることが望ましいでしょう。

マスクを1日着けるのであれば、午前と午後で1回ずつ変えるのがおすすめです。

また、汗をかいたら、こまめにティッシュで押さえるように拭き取り蒸れを防ぎましょう。

自分に合ったマスクのサイズを知る!

マスクにはさまざまなサイズがあります。

肌荒れを防ぐなら、きちんとサイズの合ったものを選びましょう。

マスクが顔のサイズよりも小さいかったり、大きすぎてブカブカだったりすると、お肌を擦って刺激になります。

マスクは着用した時に鼻から顎までが隠れるくらいの大きさで、ゴムや紐の部分が耳に擦れて痛くならない程度のものがおすすめです。

しゃべっても、マスクが上下したりずり落ちて鼻が見えたりしないものが良いですよ。

基本のスキンケアは念入りに!

敏感になった肌のお手入れにといて何よりも大事なのは、バリア機能を整えること。

帰宅後、マスクを外した後は低刺激設計のクレンジングと洗顔料で汚れだけをやさしく落とすようにしましょう。

お肌に刺激を与えないのがポイントです。

また、これからの季節は紫外線量が増えるため、毎日のスキンケアには紫外線による乾燥ダメージも加わります。

UVクリームを使用した場合は、クレンジングや洗顔など落とすケアもしっかりと。

毛穴に詰まった汚れが落とし切れていないと、そこからさらなる肌荒れを引き起こしてしまいます。

洗顔後は、化粧水でたっぷりの水分を補ったあと、乳液やクリーム等で大事な水分が逃げないようにケアしてください 。

また、日中のマスク肌荒れ対策としては、保湿ミストが役立ちます。

ミストタイプはいつでも気軽に保湿できるのでバッグに1本入れておくと便利。

空気中の気になる微粒子、乾燥から肌を守るだけでなく、皮脂崩れを防止し、化粧のりを高めてくれるので暑い季節にも嬉しいアイテムです。

パッと使えてうれしい!いつものコスメにプラスする、『マスク肌荒れ』に負けないプチプラアイテム

d プログラム アレルバリア ミスト

出典:amazon.co.jp

アレルバリアテクノロジー搭載のミスト状化粧水。水分と油分が最適バランスで配合されているため、うるおいのあるみずみずしい使用感でメイクの上からも心地よく使用できます。

  • 花粉やほこりで肌あれする方
  • 気になった時に手軽に使いたい方
  • 手持ちの化粧品に加えて使いたい方

などにおススメです。

【口コミ】

良いです。
化粧崩れしなくなるし、ルースパウダーで仕上げたたけだと粉っぽくなるのが、これを使うと仕上がりにツヤも出る感じ。
マスクをしたら、全く化粧が付かなかったし、変な匂いもしないし、特にトラブルもないので買って本当によかった!

View this post on Instagram

【乾燥と化粧くずれをバリアする仕上げミスト】 . 夏は汗や湿気で顔のベタつきが気になるけれど、目元や口元はつっぱりも感じている…。 ひょっとすると、それは「インナードライ肌」のサインかもしれません。 インナードライ肌は放っておくと老化の原因になることもあるので要注意。 . 特に夏は、皮脂や汗で表面上はうるおっているように感じるため、実は乾いてしまっていることに気づかないこともあるのです。 . <意外と知らない「インナードライ肌」の原因> ☑️ 紫外線ダメージ . 言うまでもなく、夏は一年でもっとも紫外線量が多い季節。 紫外線対策を行わないと、肌内部の水分不足や肌の免疫力低下につながってしまいます。 . ☑️冷房や汗による乾燥 . 冷房の効いた室内は、快適で心地よい空間。ですが、湿度は真冬並みの40%程度まで下がってしまうことも!  また、汗をかいてハンカチなどで拭くと、肌表面のうるおい膜も拭き取られてしまい乾燥を引き起こしやすくなります。 . そんなインナードライ肌におすすめのアイテム 「dプログラム アレルバリアミスト」 . いつでもどこでも、気になるときに手軽に乾燥対策ができる、ミストタイプの化粧水。 . 肌を守るオイル層と、うるおいを与える化粧水層との二層タイプで、シュっとふきかけるだけ。どんなに乾いた肌でもスピーディにうるおいツヤ肌に。持ち運びに便利なサイズなので、メイクの仕上げや化粧直しのときにも重宝します。 . 気になる方は商品画像をタップして詳細をチェックしてみてください✨ . ただいま、人気コスメをスマホで気軽に試せるToday's + Campaign実施中♪ 詳細は、ハイライトの「todays campaign」をご確認ください♪ . . #資生堂 #shiseido #ワタシプラス #watashiplus #dプログラム #dプログラムアレルバリアミスト #アレルバリア #アレルバリアミスト #アレルバリアテクノロジー #紫外線対策 #化粧崩れ対策 #化粧崩れ #化粧直し #化粧直しミスト #メイクの仕上げ #メイク直し #肌荒れ対策 #肌作り #落ちないメイク #美肌になりたい #美容好きさんと繋がりたい #化粧水 #インナードライ #スキンケア #コスメマニア #コスメ好き #人気コスメ #コスメ好きさんと繋がりたい #美容好きさんと繋がりたい #女子力向上委員会

A post shared by ワタシプラス watashi+ by shiseido (@watashiplus) on

キュレル ディープモイスチャー スプレー

出典:amazon.co.jp

キュレルのセラミドケアは、守って補う『セラミドケア』。

乾燥性敏感肌は、お肌の必須成分「セラミド」が不足しがちで、外部刺激からお肌を守るバリア機能が低下して、肌荒れやカサつきトラブルをくり返しやすくなってしまいます。

お肌本来の「セラミド」の働きを守り補い、お肌のバリア機能を助けるスキンケアで、肌荒れしにくい潤い肌に保つことが大切です。

キュレルの『セラミドケア*』は、洗浄と保湿の2つのアプローチで、お肌の必須成分「セラミド」の働きを守り補い、肌のバリア機能を助けて潤いを与えます。

日中のメイクの上からも、シュッとセラミドケア出来て便利ですよ。

【口コミ】

キュレルは前から好きでした。
このスプレーはマスクで荒れた肌にも
しっかり浸透していってくれるので
使いやすいです。
とても優しいスプレーなのですが、しっとり
して、とても保湿力も高いと思います。

View this post on Instagram

【キュレル ディープ モイスチャースプレー②】 🌼🍀🌼🍀 先日ご紹介させて頂いた、キュレル ディープ モイスチャースプレー。 人気メイクアップアーティスト 小田切ヒロさんから、効果的な使い方を教わったのでシェアさせて頂きます☆ ·  小田切さんがモデルの方などにメイクをされる時は、やはりスキンケア時の保湿を大事にされているそう。 そして、お肌に摩擦を与えず広範囲に保湿できるスプレータイプを愛用されているそうです。 そして、日中もお肌に乾燥を感じたら、すぐ保湿することも大事だそう。 この時も、たくさんつけても厚くならないスプレーがやはり便利とのこと。 また、保湿時は、顔だけしかスプレーしないと顔と首・デコルテの質感が違ってしまうので、顔だけでなく首やデコルテ、手の甲にもスプレーすると良いそうです。 · 顔にスプレーする時のコツは、 ①顔を45度上向きにする。 ②スプレーのノズルも45度上向きにして、顔に直接かけずスプレーする。 ③手で仰いで顔にミストをかける。 乾燥が気になればもう一度行う。 · また、耳の裏もしみができたり乾燥しがちなので、保湿した方がよいそう。 この時は、直接スプレーすると髪が崩れてしまうので、手に取って耳のトップや裏につけます。 ちなみに、耳の中まで保湿してうるおわせると、清潔感がないのでNGだそうです。 · そして、ランチの後や仕事を1時間こなしたらなど、決まりごとを作り保湿をルーティンにすると良いそうです。 · 使ってみると、至近距離でスプレーすると結構勢いがあります。 本体にも記載がありますが、やはり20センチ離してスプレーした方が良さそう。 スプレー後はすぐに浸透してべたつきませんが、クリームを塗った後のようなしっとりしたうるおいが残るのに驚きました。 これがセラミド効果? · キュレル ディープモイスチャースプレーは、4月11日発売、一部オンラインショップではすでに発売しているそうです。 · ☆コスメラウンジ様よりキュレルの新製品発表会にご招待いただきました。 @curel_official_jp #PR #キュレル #キュレルスプレー #キュレル0226 #キュレルcl #スキンケア #ボディケア #小田切ヒロ #保湿スプレー #新商品 #セラミドケア #キュレルディープモイスチャースプレー #乾燥性敏感肌 #敏感肌 #コスメラウンジ #相互フォロー #フォローバック #いいね返し #f4f #l4l #kao #Curel #skincare #bodycare #beautygram #スキンケア好きな人と繋がりたい#美容好きな人と繋がりたい

A post shared by mickey♥ (@mickey45678) on

まとめ

お肌が荒れてしまうからといって、マスクが手放せない今。

こんな時だからこそ、一度自分のケアを見直して美肌を目指しましょう!

コメントを残す