すっぱさと甘さが絶妙で、香りも爽やか。

女性が好きなフルーツランキングでもいつも上位にある『グレープフルーツ』。

美味しさだけ?

いえいえ!ビタミンC豊富な柑橘系の中でもその美容効果は抜群!!

なんで『グレープ』フルーツ?

 

スーパーなどでも1年を通して、見る機会や口にする機会が多いグレープフルーツ。

英語では「Grapefruit」と書くのですが、この「Grape」は文字通り、ぶどうを意味します。

本当はかんきつ類なのに、どうして“ぶどうのフルーツ”と呼ばれているのでしょうか?

この名前は「木に果実がなるときの様子」に由来するものだといわれているからです。

というのも、グレープフルーツには1つの枝に果実がいくつもできるという特徴があります。

たくさん実る様子がぶどうの房に似ているから、“グレープ”フルーツというわけです。

特に、果実の重みのせいか、枝が下方向に垂れ下がっていると、果実が縦方向に連なり、よりぶどうの房らしく見えるようです。

他にも甘い香りがぶどうに似ているためといった説もあります。

特徴的なあの甘く爽やかな香りには、女性に嬉しい美容効果があることで近年高い注目を集めています。

意外と知らない?グレープフルーツの種類&旬

グレープフルーツは、日本で流通しているものの大半は輸入されたもの。

その旬は、カリフォルニア産が初夏から秋、フロリダ産が晩秋から初夏、南アフリカ産が晩秋から冬のものが多いです。

ごくまれに見かける、鹿児島・熊本・和歌山などで栽培される国内産は、春から夏が旬とされています。

グレープフルーツの種類と特徴とは?

マーシュ(白肉種)/グレープフルーツの中でも、最も流通している品種がこちら。

果皮が爽やかな黄色で、果肉は白みがかった薄黄色。

果汁たっぷりで、強い酸味、ほのかな苦みが特徴。

・ルビー(紅肉種、別名ピンクグレープフルーツ)/果皮は黄色からオレンジ色。果肉は赤みがかったピンク色で、白肉種より酸味が控えめ。

・スタールビー(紅肉種)/果皮は黄色からオレンジ色で、果肉は赤みがかったピンク色。

ルビーよりもやや赤みが強く、甘みもやや強く、国内産もわずかながら出回っています。

・スウィーティー、オロブランコ/果皮は緑色で、果肉は淡い黄色。

イスラエル産をスウィーティー、アメリカ産をオロブロンコと呼ばれています。

酸味は少なく、まろやかな甘み、独特の甘い香りが特徴。

・メロゴールド/果皮は緑色から黄色でむきやすく、果肉は黄色で果汁たっぷり。

酸味は少なく、甘みが強いのが特徴です。

重要!グレープフルーツの選び方

グレープフルーツは、選び方が重要です。

選び方を間違えると、甘くなかったり、中がスカスカで美味しくなかったりするので上手に選びましょう。

選ぶポイント
  • ハリやツヤのあるもの:新鮮
  • へこみや傷がないもの:果肉がダメージを受けて変色している可能性
  • ずっしりと重い物:実が詰まっている
  • まん丸の形のもの:まん丸のものほど甘い傾向

グレープフルーツは、ブドウの房状に成るため、へこみや太陽の光を十分に受けることができずに育ってしまう状態の良くない実もあります。

選ぶ際は以上のことに気を付けて、できるだけ新鮮で太陽の光をいっぱいに浴びて育ったものを選びましょう。

グレープフルーツが秘める…美容効果とは?

◆シミ・シワ・そばかすを防ぐ◆

 

グレープフルーツは1個食べるだけで、1日の必要摂取量が補える優秀な食べ物です。

グレープフルーツにはビタミンCが豊富に含まれているため、シミやシワ、そばかすを防止し、美白へ導くといった肌をきれいにする働きがあります。

ビタミンCの特徴である抗酸化作用は、コラーゲンの生成を助けて、潤いやハリがあるシワのできにくい肌にすることができます。

また、メラニンを作り出すチロシナーゼの働きを抑えて、美白サポートも期待できます。

◆抗酸化作用でアンチエイジング◆

さらに、グレープフルーツにはビタミンCのほかにも美肌につながるリコピンという成分が含まれています。

リコピンは自然界に存在する色素で、ニンジンやかぼちゃなどに多く含まれているカロテンの一種。

非常に強い抗酸化力を持っており、皮膚や粘膜を保護するだけでなく紫外線から肌を守り、シミやそばかすを予防する効果があると言われています。

ちなみにリコピンは、ルビーグレープフルーツなど赤味の強い品種に多く含まれていますので、透明感のある肌を目指したい方には特にオススメです。

◆お肌の乾燥を防ぐ◆

果実が赤いルビーグレープフルーツ、ピンクグレープフルーツに含まれるβカロチンは、体内でビタミンAとなります。

ビタミンAはお肌や粘膜を健康に保ったり、お肌の乾燥を防ぐ作用があります。

◆独特のダイエット効果◆

特有の香りと苦みの成分に、ダイエットに役立つ効果があることが分りました。

香り成分のヌートカトンには、脂肪の燃焼を促すUCPというたんぱく質を発現させる効果があります。

そのため、香りを嗅ぐだけでもダイエット効果があるといわれています。

また、苦味成分のナリンギンには、食欲を抑える効果があります。

少量の食事でも満腹感が得られやすくなり、抗ストレス作用でダイエット中の空腹のイライラを和らげることもできます。

さらに、グレープフルーツにはあまり知られていない成分、ナリンギンが含まれています。

これはグレープフルーツの苦味のもとで、ポリフェノールの一種。

血中の脂肪酸を分解したり、食欲を抑える働きがあります。

食物繊維も豊富ですので、便通をスムーズにしてポッコリお腹改善にも役立ちそうです。

注意!!朝にグレープフルーツはNG

グレープフルーツやグレープフルーツの果汁を含んだジュースを朝食べるのはNGです。

理由は、グレープフルーツに含まれる『ソラレン』に光毒性があるため、紫外線に当たると吸収しやすくしてしまう作用があります。

つまり、朝食にグレープフルーツを食べた後に紫外線を浴びると、紫外線ダメージを受けやすくなってしまうのです。

グレープフルーツは朝や日中の紫外線が多く降り注ぐ時間帯は避け、夜に食べることがおすすめです。

紫外線の感受性が増すと、シミやシワができるリスクも上がるので気を付けたいところですね。

グレープフルーツ以外にも、柑橘類の多くに含まれています。

まとめ

こんなに効果の高い【グレープフルーツ】。

値段も安定していて、スーパーでも一年を通しておいてあるので、〝美活〟を続けるには心強いポイントですよね!

あの甘酸っぱさはくせになりますよ!!

コメントを残す