好きな色を身に着けたい!

そう思うのが、女心ですよね。

でも、パーソナルカラーを知るとお肌のコンディションが上がって見えるとしたら…

意外と知らない?パーソナルカラーとは?

パーソナルカラーとはその人に一番似合う色のことです。

パーソナルカラーとは好きな色ということではなく、生まれ持った髪や肌、瞳などのボディーカラーと調和した色彩のことをいいます。

メイクなどでパーソナルカラーを合わせることで、その人をより一層魅力的に見せてくれます。

パーソナルカラーは色相によって大きく分けてイエローベースとブルーベースの2つがあり、四季になぞらえたフォーシーズン法で診断されるのが主流です。

タイプ別で似合うカラーもさまざまなので、自分に似合う色がわかるとコーディネートなどもしやすくなり、好感度をアップすることができます。

自分のタイプを見極めヘアメイクやファッションなどパーソナルカラーをうまく取り入れることで、その人本来持つ美しさを引き出すことができますよ。

【パーソナルカラー】タイプ別の特徴

☆スプリング(イエローベース)

春のお花畑を思わせる、明るくクリアな色がお似合いになります。

スプリングタイプの方は、可愛らしい雰囲気で、実年齢より若く見える人が多いのが特徴です。

■スプリングタイプに似合う色
コーラルピンクや、明るいオレンジ・黄色・黄緑

☆オータム(イエローベース)

秋の紅葉をイメージさせる、深みのあるこっくりした色やスモーキーな色が似合います。

オータムタイプの方は、知的で、大人っぽい雰囲気をもたれている人が多いのが特徴です。

■オータムタイプに似合う色
カーキ、テラコッタ、れんが色、マスタードなど

☆サマータイプ(ブルーベース)

初夏を思わせる、淡いブルーが入った明るい色や、グレイッシュな色がお似合いになります。

サマータイプの方は、爽やかな中にも、上品でエレガントな印象をお持ちの方が多いのが特徴です。

■サマータイプに似合う色
ベビーピンクやパステルイエロー、スカイブルー、ライラックなど

☆ウィンタータイプ(ブルーベース)

冬の澄んだ空気に映える、はっきりした色や暗い色がお似合いになります。

ウィンタータイプの方は、クールでシャープな雰囲気で、独特の存在感を持つ人が多いのが特徴です。

■ウィンタータイプに似合う色
鮮やかな赤・青・レモンイエロー、フューシャピンク、深緑、ワインレッド、モノトーンなど。

自分に似合う色を身につける効果

「パーソナルカラー診断」では、生まれ持った肌や目の色から、似合う色のタイプを導き出します。

自分のカラータイプが分かると、どのような色の服・メイク・ヘアカラーが似合うかが明確になり、あなたの良さを引き立たせて好印象を与えることができます。

似合う色を身につければ、明るく華やかな印象になったり、瞳がキラキラ輝いたり、血色がよく見えるなどの効果があります。

【見た目・印象】

パーソナルカラー…実年齢より若く見える

NGカラー…不健康に見える

【お肌】

パーソナルカラー…美白・透明感があり、お肌にハリが出てふっくら女性らしい印象

NGカラー…くすんで野暮ったく見える

【髪】

パーソナルカラー…髪が生き生きと見える

NGカラー…髪が傷んで見え、品がなく見える

【お肌トラブル】

パーソナルカラー…シミシワ・ほうれい線やたるみ毛穴が目立たなくなる

NGカラー…顔の影が目立ち実年齢より老けて見える

【フェイスライン】

パーソナルカラー…スッキリ引き締まり、小顔に見える

NGカラー…膨張して大きく、たるんでぼんやり見える

【ファッション】

パーソナルカラー…洋服やメイク用品を選びやすくなり無駄な買い物がなくなる

NGカラー…洋服やメイクの色だけが浮いて見える。センスが悪く見える

1分で出来る!パーソナルカラー診断

Q1.瞳の色は?

Q2.髪(地毛)の色は?

Q3.肌の色は?

Q4.日焼けすると

Q5.元の唇の色は?

Q6.しっくりくるリップの色は?

Q7.反対に苦手なリップの色は?

Q8.比較的似合うアクセサリーは?

Q9.ベーシックカラーで得意な色は?

Q10.身近な人に褒められる色は?

Q11.周りからよく言われる第一印象は?

いかがでしたか?

一番多かったアルファベットがあなたのタイプです。

【A】が1番多かったあなたは…スプリングタイプ

【B】が1番多かったあなたは…サマータイプ

【C】が一番多かったあなたは…オータムタイプ

【D】が一番多かったあなたは…ウィンタータイプ

でも…着たい!似合わない色を着こなすためのアドバイス

ファッションやメイクの基本色のうち、赤、青、黄、緑、紫、ピンク、白、グレー、ベージュ、ブラウン、ネイビーなどは、パーソナルカラーの基本4タイプに、それぞれ似合う色があります。

例外は、黒とオレンジです。

黒が似合うのは、ウィンタータイプのみ。

オレンジが似合うのは、スプリングタイプとオータムタイプで、サマータイプとウィンタータイプは、あまり似合いません。

でも実は、黒やオレンジ、自分以外の3タイプに似合うカラーが着たい!という時におすすめのテクニックがあります。

苦手な色を身につけるのなら、えりぐりの大きくあいたデザインを選んだり、ボトムにもってきたりして、できるだけ顔から離して使うのがおすすめ。

苦手な色は分量を控えめにし、自分のタイプに合うファッションテイストにすることである程度デメリットが緩和されます。

顔まわりやアクセントとなる小物などに似合う色を使って、全体のバランスを整えましょう。

まとめ

今さら聞けなかった<イエベ・ブルベ>とはこのことだったんですね!

パーソナルカラーを知ることで、美肌・美白に見えるなんてまさに一石二鳥!

いつもなんとなく好きな色が、自分のパーソナルカラーだったら嬉しいですよね。

自分に似合う色の洋服やメイクをすることで、周りをドキッとさせちゃいましょう!!

コメントを残す