最近、ジムに通う女子多いと思いませんか?

そう!世間は空前の『筋トレブーム』なんです!!

その理由とは…?

女子が筋トレをする理由…その効果とは?

◆ダイエット効果◆

筋トレは 最も効果的なダイエット運動の1つです。

短時間でカロリーを消費できるため、忙しい現代人にとって健康維持に欠かせません。

筋トレは それ自体がかなり激しい運動であり、同じ時間だけ運動を行った場合、筋トレで消費されるカロリーは「ウォーキングの 2〜3倍、軽いジョギングの 1.2〜1.5倍」とされています。

消費カロリーが多いと言うことは、それだけ体内の余分なエネルギーが少なくなり、皮下脂肪が溜まるのを抑えられます。

つまり、筋トレはダイエット効果が高いというわけなんです。

◆冷えの改善◆

筋肉は熱を生み出すエンジンです。

なので、下半身を中心としたトレーニングを続けることで、体温も高まり内側から温まります。

血管が発達するので冷えの根本的な改善になります。

また、筋肉の伸縮が血管やリンパ管を刺激しリンパの流れをスムーズにするので、血圧が低めの女性やむくみやセルライトと言われる皮膚の凸凹・たるみでお悩みの方におススメです。

◆小顔&メリハリのあるボディ◆

筋トレには、スタイル矯正の美容効果もあります。

筋トレをすることで血液やリンパの流れが良くなり、全身のむくみが改善。

すると結果として、顔がスッキリと細身になり、顔色が良くなるんです。

つまり、筋トレで小顔やメリハリのあるナイスバディが同時に手に入るんです。

『筋トレ』=「美肌」?

『筋トレ』を継続する事で、ボディラインが美しくなるのはもちろんのこと、女性にうれしい美肌効果もあるということは、意外とあまり知られていないかもしれません。

筋トレ=成長ホルモン

お肌というのは、本来28日周期で生まれ変わり、これをターンオーバーと呼びます。

古くなった角質が自然と剥がれ落ちるのが正常なターンオーバーですが、上手くいかないと角質が厚くなり、くすみなどのドラブルに繋がってしまいます。

ターンオーバーを促進する事で、剥がれ落ちるべき角質がお肌の表面からなくなり、美肌効果がたかまります。

成長ホルモンは、寝ている間に分泌されるので、この間に深い睡眠に入る必要があります。

『筋トレ』には、睡眠の質を高める効果もあるので、成長ホルモンの量が増え、美肌に繋がります。

いつものスキンケアの効果が高まり、化粧水などを変えなくても、保湿力の高い潤いに満ちたお肌になります。

筋トレ=アンチエイジング

筋トレをすると、基礎代謝が上がります。

基礎代謝とは、動いていなくても呼吸や体温の保持などで消費するカロリーの事です。

代謝が上がると、何もしていない時でもカロリーを多く消費するので、痩せやすい体質になります。

年齢を重ねると、代謝は落ちてしまい、同じ量を食べているのに太りやすくなってしまいます。

筋トレする事で、太りにくくなるばかりか、若返りの効果を実感出来るようになります。

脂肪が付きにくくなるので、中年体型になるのを防ぎ、筋肉が強化され、姿勢も綺麗になります。

また、筋トレには、ストレス解消効果もあります。

ストレスが減ると、顔色が明るくなり、表情も豊かになります。

年をとると、肌が暗くなり、表情も暗く見えがちです。

筋トレをする事で明るい顔色になれば、それだけで印象がぐんと上がりますよ。

つまり、継続する事で、筋肉は確実に鍛えらていき、アンチエイジング効果を発揮します。

筋トレ=姿勢の改善

筋肉がつくと姿勢は良くなります。

骨と筋肉は繋がっているので、筋肉が弱くなったりバランスが悪くなると体が歪み、腰痛や膝痛、肩こりや冷え性を引き起こします。

姿勢が悪くなると重力の関係でお顔のたるみにも繋がります。

体が歪む→筋肉の動きが悪くなる→冷え性、代謝が落ちる→肌のくすみや老化という流れが起こります。

よって、筋肉をつける事は体の土台を整える上でとても重要なのです。

簡単!体幹を鍛えて美肌大作戦!!

臓器や姿勢を健やかに保つことは、素肌を美しくするにあたって無くてはならないことなんですね。

内臓などの調子が悪いと肌荒れやくすみなどの原因になる上に、姿勢が安定しないことには、肩こりや頭痛を引き起こしたり、身体の歪みの元になってしまいます。

体幹を鍛えて筋肉量を増やすことで、基礎代謝が上がり、美肌やダイエット、冷えの改善・体調の改善につながります。

日常生活で体幹を鍛えるコツ3つ

1:歩く時の歩幅を広げよう

歩幅を大きく広げて歩くことで、腰回りを支える腸腰筋(ちょうようきん)を鍛えることができます。

脚をピンと伸ばしてリズミカルに歩けば、ますます効果抜群。

2:階段を1段飛ばしで

階段をのぼるときに1段飛ばしで上がるだけで、歩幅を広くしている時と同じく、腸腰筋のトレーニングになります。

適度な負担をかけることができるので、駅の階段をのぼる際などには「1段飛ばし」を習慣にしてみては。

3:電車の揺れに合わせて身体をねじろう

通勤時に電車に乗る場合は、つり革に掴まりながら、揺れに合わせて体を自然にねじってみましょう。

お腹周りを意識しながらねじることで、腹斜筋(ふくしゃきん)に程よい刺激を与えることができます。

まとめ

身体を鍛えることと美肌は一見関係していないようですが、実は深ーいつながりがあったんですね!

『筋トレ』はお肌にハリを与えて、たるみやそのたるみによって目立つ毛穴もキレイに改善してくれますよ。

お肌と身体の調子を同時に整えたいというかたにおススメです!!

コメントを残す