お茶の種類は数知れず…

その中でも、≪ウーロン茶≫はなんとなく美容に良いイメージがありませんか?

まさにその通り!!

『ウーロン茶』には、他のお茶にはない美容効果が沢山含まれているんです!

まずは知っ得!『ウーロン茶』ってどんなお茶?

ウーロン茶とは、長い歴史を持ち、中国から伝わるお茶の一種です。

中国茶の中でも青茶に分類されていて、茶葉を発酵させる途中で熱を加えることにより発酵を止めた“半発酵茶”であるのが特徴。

「烏龍茶」と書かれたパッケージが多く、コンビニや自動販売機など、さまざまなところで目にするので、一度は飲んだことがある女性も多いのではないでしょうか。

普段から何気なく飲んでいる女性もいるかと思いますが、実はウーロン茶にはカテキンやポリフェノールなどが豊富に含まれているので、美容に嬉しい効果を発揮してくれるといわれています。

ウーロン茶には種類があった?!

<中国大陸烏龍茶>

肉桂岩茶(ニッケイガンチャ) 発酵度50%:甘い香りが印象に残る味

福建省武夷山の険しい場所で育つち、肉桂はシナモンの意味です。

キンモクセイのような甘い香りが楽しめ、飲み終えた後も印象に残る味わいが特徴です。

鉄観音茶(テッカンノンチャ) 発酵度40%:香ばしく食事にも合う

香ばしさの奥に柑橘系の香りがあり、体脂肪を分解させて消化を助けます。

中性脂肪が気になる人にお薦めで、体を温める効果もある。

鳳凰単叢(ホウオウタンソウ) 発酵度40%:茶木ごとに異なる風味

広東省を代表する烏龍茶。

細くよじれたオレンジに近い茶褐色で、花や果実のような香りと繊細な味が特徴です。

<台湾烏龍茶>

文山包種茶(ブンサンホウシュチャ) 発酵度15%:ランの香りで集中力アップ

紙に包まれて売られていたことからこの名が付きました。

ランのような香りで、集中力アップ、朝の目覚めを促す効能も期待できます。

東方美人茶(トウホウビジンチャ) 発酵度70%:独特な蜜のような香り

発酵度が70%と高く、数ある烏龍茶の中でも紅茶に近い味わいです。

台湾を代表するお茶「オリエンタル・ビューティー」として有名。

凍頂烏龍茶(トウチョウウーロンチャ) 発酵度20~30%:花粉症やむくみにも効果的

さわやかな香りと味にコクがあり、バランスの良い台湾を代表するお茶です。

近年では、花粉症やむくみにも効くとされ、注目されています。

女性がウーロン茶を選ぶ理由…5つの美容効果とは?

①メラニンの生成を抑えて、シミくすみを防ぐ

紫外線を浴びると、肌の内部でシミやくすみの原因になるメラニンが生成されるだけでなく、肌の老化に繋がるといわれている話は有名ですよね。

しかしこのウーロン茶には、美肌の天敵になるメラニンの沈着を防ぐ効果があるんです。

さらに保水効果もあるそうなので、肌の潤いをキープしてくれますよ。

そしてウーロン茶には、「ウーロン茶重合ポリフェノール」という成分が含まれています。

ウーロン茶重合ポリフェノールには、抗酸化作用があるそうなので、活性酸素を抑制してカラダの錆びを防ぎ、新陳代謝を活発する効果があります。

シワやシミなどの老化現象のケアにも役立ってくれるので、アンチエイジングにぴったりです。

②リラックス効果で、心も身体も健康に

美容とリラックスは一見関係ないように見えますが、ストレスやイライラが溜まっていれば、当然お肌にも悪影響。

ストレスで肌荒れを引き起こしたり、シワなどの老化を促進したりするといわれているので、リラックスして疲れを癒すことはとても大切なことなのです。

ウーロン茶には、「テアニン」と呼ばれているアミノ酸の一種である成分が含まれています。

テアニンには、神経の緊張や興奮を和らげ、心身をリラックスさせる効果があるといわれているんですよ。

リラックスすることで自律神経が安定し、ホルモンバランスも整いやすくなるそうなので、美容やダイエットにぴったりなお茶だといえそうです。

③脂の吸収を抑え、ダイエット効果

烏龍茶は、発酵を途中で止めた半発酵茶です。

この半発酵の過程で茶葉に含まれるカテキンが結合して、重なり合ってできたポリフェノールを「烏龍茶重合ポリフェノール」といいます。

この、「烏龍茶重合ポリフェノール」が脂の吸収を抑え、たまった脂肪を排出してくれるのです。

また、ウーロン茶に含まれている成分である「カテキン」には、脂肪を燃えやすくする効果があるといわれています。

④老廃物を流し、むくみ防止

烏龍茶にはカフェインが含まれているので体内の不要な老廃物を尿として体外に流してくれる効果にも期待できます。

これはむくみを予防・改善してくれるのでダイエットの強い味方にもなってくれますね。

⑤殺菌効果で虫歯&口臭予防

お肌への美容効果だけでなく、虫歯や口臭予防にもなってくれるのがウーロン茶のすごいところです。

ウーロン茶には、虫歯の原因になりうる菌の繁殖を邪魔する成分を含んでいるそうで、食事中や就寝前に飲めば虫歯予防をしてくれるといわれているんですよ。

また、殺菌効果もあるそうなので、気になる口臭予防としての効果も期待することができます。

虫歯や口臭予防は、美しい女性としてのエチケットですよね。

食事のお供にして持ち歩いたりお店で飲んだりするのがおすすめですよ。

ウーロン茶の効果的な飲み方

【食事中に飲む】

脂質の吸収を抑えてくれる烏龍茶ですが、食事中に飲むのがもっとも効果的。

胃腸に食べ物がある時点で烏龍茶を飲めば、食事中の油の吸収を抑えることができます

油を多く使う中華料理に烏龍茶を合わせることが多いのは、そのためなんですね。

【運動しながら飲む】

烏龍茶には脂質の吸収を抑制する作用はあっても、溜め込んだ脂肪を消費する効果が認められているわけではありません。
ダイエット効果をより実感したいなら、食事中の烏龍茶に加え、運動をして脂肪を燃焼させることが大切です。

※烏龍茶を飲用する際の注意点

烏龍茶には体を冷やす作用があるため、冷たい烏龍茶は体を冷やします。

体への刺激は少ないですが、飲みすぎにならないように、一度にたくさん飲むのではなく、何回かに分けて、継続的に飲用する方が良いといえます。

まとめ

ウーロン茶は、どんな料理にも合います!

もちろん、わざわざ茶葉から抽出する方法じゃなくても、パックや市販のペットボトルなどでも全然変わりありませんよ。

ぜひ、これを機に『ウーロン茶ライフ』を楽しんでみませんか?

コメントを残す