カバーマークからでた新発想のおしろい

おしろいって粉のイメージですが、これはジェルのおしろいなんです⁉

 

︎ ツヤ肌が流行りですが、粉のおしろいをするとツヤ感が消えてしまう。

おしろいを使わないとヨレる。などありますよね!

 

ジェルおしろいはファンデーションのツヤを消すことなく、

自然なツヤ感を出してくれるみたいです!

 

流行りのツヤ肌は手に入るのか⁉︎ 試してみました。

 

和漢植物のチカラで、あなたの肌を強くする。【 BioMedi(ビオメディ)】

『モイスチュアコート ジェル』を使ってみました。

パッケージ

ジェルおしろい専用パフがついてます。

デパコスって感じのパッケージ。高級感があります。

思ったより大っきいのでポーチに入れたり、お直しに持ち歩くのはかさばる。

このパフすごいやわかくて気持ちいい マシュマロみたいです!

 

使用方法、使用感

ジェルおしろいはファンデーションの後に使います。

化粧下地 → ファンデーション → チーク・ハイライト → ジェルおしろい

 

Step 1

白い部分を軽く押すと半顔分の量がでてきます。

 

Step 2

容器の上でパフをくるくると滑らせて、 しっかりとなじませる。

 

Step 3

パフが肌に垂直にあたるように、 「トントン」と軽くおさえるようにつける。

半顔ずつ、あごから、頬→額の順につけ 最後に小鼻などの細かい部分は、 パフに残った量で仕上げます。

↑これはNGな付け方です!

↑こんな感じにしっかり馴染ませて あごからトントンとつけていきます。

塗った感じはひんやり。 ベタベタせずサラサラになります。

 

パウダーのおしろいって粉っぽくなって 好きじゃないんですが、、

これは自然なツヤが出て肌がキレイにみえます! 夕方までそんなに崩れることもなかったです。

ただちょっとコツがいるかもしれません。 私のやり方が下手なのか、、

やさしくトントンしないとヨレるし、 小鼻、口元などちょっと重ねすぎるとヨレる。。

ヨレたところを直すのがめんどう。。笑

メイクが上手い人なら使いこなせるのかな?笑

基本適当な私には向かないみたいです(笑)



クッションファンデ、パウダーファンデ、下地のみの後に使ってみましたが

 

クッションファンデは韓国のツヤ感のあるものを使用。

ツヤ×ツヤでベタベタになるかと思ったのですが

もともとのツヤはありつつ自然な感じになってキレイでした。

クッションファンデを薄めにつけるとヨレはマシでした。

 

パウダーファンデの上に使うのは乾燥が気になりました。

顔がつっぱってる感じ。 私は嫌いな仕上がりでした。

パウダーファンデの種類にもよると思います。

 

下地のみでもいい感じにツヤが出て 肌がキレイに見えました。

おしろい自体にカバー力はないので

下地で気になるところをカバーすれば ナチュラルな仕上がりで良き◎

 

個人的には下地のみのあとに使うのが好きでした。

 

ラクしてキレイ。オールインワンエッセンスミルクリーム【 BioMedi(ビオメディ)】

総評

 

使い方 → ◯/△ トントンするだけで簡単。でも少しコツがいるかも。

使用感 → ◯/△ キレイにツヤが出る。夕方まで崩れにくい。つけた時にヨレる。

 

パウダーのおしろいが苦手な私は、新感覚のおしろいでキレイにツヤも出ていい感じでしたが、

使い方にコツがいるのか塗った時にヨレる。。。

慣れてきたら上手くなるのかわからないけど

今のところリピートはないかな。。

 

良い口コミ、悪い口コミ

 

良い口コミ

・化粧持ちが良い

・ナチュラルなツヤ感がいい

・手間をかける価値あり

・乾燥しらず

 

悪い口コミ

・白浮きする

・カピカピになったリピはない

・慣れるまでに時間がかかる

 

カバーマーク モイスチャアコート ジェル 35g 5,500(税込)

商品説明

肌に透明感と光を集め、 印象までも美しいと感じさせてしまう。

 

カバーマークは、おしろい=粉という常識を覆す 新発想で「ジェルおしろい」を開発。

未体験のみずみずしいツヤ肌を叶えます。

 

Point 1

みずみずしいツヤ。 つるんとした仕上がり。

独自技術「ウォーターフィルム」が水鏡のように光を反射。

 

Point 2

内側からツヤがあふれ出すような、つるんとした肌へ

 水分80%の潤いチャージで乾燥知らず。

肌の水分蒸発を防ぎ、セラミド(保湿成分)配合の水分80%のジェルが潤いチャージ。

乾燥から肌を守ります。

 

Point 3

美しい仕上がりが続く。 表情の動きにぴたりと密着。

ヨレ、はがれを防ぎ、つけたての 美しい仕上がりが続きます。

 

* 使い方のコツ

Point 1  ジェルの使用量が多すぎないか

軽く1プッシュで半顔分です。

一度に全顔をつけようとせず、半顔ずつつけてください。

 

Point 2ジェルがパフにしっかりと馴染んでいるか

容器の上部に出したジェルを、パフにしっかりとなじませてください。

(目安は、約10秒容器の上でクルクル)

ジェルがきちんとなじんでいるかが不安な場合は、

顔につける前に手の甲などで、ジェルが白く固まって付かないかを確認してください。

 

Point 3パフを肌にあてる時の力が強すぎないか

肌にジェルを付けるときは、横にこすったり、強く押したりせずに、肌に対して垂直に、軽くトントンと。

 

パフにファンデーションがべったりとついてしまう場合は、力加減やつけ方を確認しましょう。

コンシーラーなどでポイントカバーしている部分は、優しめに。

 

 

コメントを残す