プルーン聞いたことはあるけど…本当に効果はあるの?

そう思ってなかなか手が出せずにいる方、多いんじゃないでしょうか?

そんな迷いが吹っ飛んじゃうくらい、『プルーン』には美容効果がてんこ盛りなんです!

想像以上のその効果とは?

真っ黒な見た目…どんな味?

漆黒のミラクルフルーツ『プルーン』とは?

プラム(西洋すもも)を種つきのまま乾燥させても発酵しないプラムだけがプルーンとなります。

砂糖が一切使用されていない自然の甘みが美味しいプルーンは、そのまま食べることもできるしヨーグルトに混ぜたりシリアルに混ぜたりなどしていろいろな食べ方ができるドライフルーツとなっています。

また乾燥させていない状態のプルーンも販売はされていますが、乾燥させる前のプルーンよりもしっかりと乾燥させてドライフルーツになっているプルーンの方が栄養価が高まっていて、食物繊維もたくさん摂取することができると言われています。

プルーンってどんな味?生とドライとの違いは?

生のプルーン

国産のプルーンの多くの品種が生食用に作られており、甘みが強く、旬は7月中旬〜10月頃で、この時期だけに生のプルーンを食べることができます。

熟したものは桃のような味、完熟していないものは酸っぱいと言われています。

皮は巨峰より薄いので、栄養分の詰まった皮ごと食べるのがおすすめ。

そのまま生での食べ方が一番美味しいと言われていますが、ジャムや料理、ジュースやプルーン酒などにしても美味しく食べられるそうです。

ドライプルーン

一方ドライプルーンは年中いつでも食べられ、こちらはアメリカ産のものがほとんどです。

乾燥することで保存力・抗酸化力が高まり、鉄分含有量が多くなります。

ねっとりとした、甘みの強い濃厚な味がします。

こちらもそのままで食べるのはもちろん、お菓子や料理に幅広く使えて、アイデア次第でさまざまな食べ方が楽しめます。

プルーンが秘めた5つの美容効果

①ビタミン豊富!美肌効果

プルーンには、「若返りのビタミン」と呼ばれる「ビタミンE」をはじめとし、ビタミン類が豊富な為、美肌効果があると言われています。

また、食物繊維が豊富であるということと、プルーンには消化されにくくお腹を緩める「ソルビトール」という成分が含まれています。

これらの成分の効果が上手く混ざり合い、便秘解消の効果があることから、腸内環境が良くなることでニキビなどといった肌トラブルが解消され、美肌に導いてくれる効果が期待できます。

②抗酸化作用!アンチエイジング効果

プルーンには肌の老化を防いでくれる抗酸化作用のあるポリフェノールやビタミンE、カロテンなどといった成分が豊富に含まれているので、これらの成分の働きにより肌の老化を防止するアンチエイジング効果があります。

③新陳代謝を上げる!冷え性改善効果

プルーンには新陳代謝をよくしてくれる効果があるので、血液の循環が良くなります。

ですので、冷えて血液の循環が悪くなる状態を防ぎ、冷え性の改善につながります。

また、血流が良くなることでお肌の血色も良くなり明るく、若若しい印象になりますよ。

④豊富な鉄分!貧血予防

プルーンには豊富な鉄分が含まれているということは有名ですよね。

プルーンはただ単に鉄分が豊富なだけでなく、血液を作るのに必要な成分であるビタミンB6や葉酸などといったビタミン群&ミネラルがバランスよく含まれているという点が貧血予防につながっています。

生理期間などに貧血になりやすいという女性の方は、毎日プルーンを食べる習慣をつけて貧血を予防してみましょう。

⑤むくみ予防!ダイエット効果

プルーンには、血糖値の上昇を抑え、脂肪の蓄積を防ぐ効果があると言われています。

さらに、食物繊維による整腸作用もある為、体内の老廃物を排出するデトックス効果も期待出来ます。

また、ダイエットには便秘改善とむくみ予防が欠かせません。

プルーンに含まれる2つの食物繊維や、むくみ予防効果のある栄養素で痩せやすい体作りができます。

食べ過ぎ注意?プルーンの上手な食べ方

【食べ過ぎ注意】

プルーンを食べるときに一番気を付けなければならないのが、たくさん食べすぎてしまうことです。

プルーンは健康や美容にも良く、味も美味しくて一口でパクっと食べることができてしまうことからついつい何粒も食べてしまいそうになりますが、プルーンには「ソルビトール」というお腹をゆるくする成分が含まれており、あまり多く食べ過ぎてしまうとこのソルビトールの成分の働きにより、下痢の症状を引き起こしてしまう可能性が高くなっています。

目安としては1日にドライプルーンを3~5粒までにしておき、それでお腹を下してしまう場合は摂取量を減らしましょう。

【タンニンと一緒に摂らない】

ポリフェノールの一緒である「タンニン」を含むもの(コーヒー・紅茶・緑茶など)は、鉄分の吸収を阻害する作用があるので、プルーンを食べる際は一緒に摂らないようにしましょう。

【ドライプルーンを選ぶ】

ドライプルーンは、乾燥させることで栄養値が高まり、食物繊維も増えるとされている為、より効果的に摂取することが出来ます。

生のプルーンよりドライプルーンを選ぶようにしましょう。

しかし、ドライプルーンは生のプルーンよりも5倍ほどカロリーになるので、油断して食べ過ぎると体重増加の要因となる場合があるので注意しましょう。

【食べるタイミング】

食べるタイミングとしておすすめなのは、「夜」です。

夜の食事後にドライプルーンを何粒か食べておき、朝の便通活性化に期待しましょう。

まとめ

栄養満点のまさにミラクルフルーツ『プルーン』。

女性が嬉しい美容と健康に適した効果がたっぷり詰まっています。

しかし、食べ過ぎには要注意!

1粒にたくさん栄養が含まれているので、無理せず美味しく食べ続けましょう!

コメントを残す