本格的な冬が始まって、どんどん寒くなってきましたね…

冷えや乾燥。。

女性たちには厳しい季節ですよね。

そんな冬にピックアップされるのが、『温活ケア』。

温活をして、体温を1℃上げるだけで、びっくりするほど体もお肌も蘇りますよ!

実はかなり大切?!『温活』とは?

「温活」とは、健康を維持するために適正な体温まで基礎体温を上げる活動のことを言います。

現代人は、昔の人に比べると基礎体温が0.5℃~1.0℃ほど低い傾向があるそうです。

そしてその結果、現代病とも言える形で悩まされているのが冷え症や何となくの身体の不調。

中でも「冷え症」は多くの女性が持つ悩みで、肥満やむくみ、生理不順、不妊、免疫力の低下、肌荒れなど、さまざまな不調を引き起こす原因となっています。

そこで理想体温へ回復を目指して、『温活』が今注目されているのです。

『温活』で身体は?お肌は?

◆体の免疫力が大幅アップ!

体が温まると血流が良くなり、体が温かい状態を維持できると体中に酸素や栄養がゆきわたることで、体の免疫力に作用すると言われています。

体温が下がると体の機能が働きにくくなってしまいますので、風邪をひくなど体調を崩しやすくなります。

つまり、温活で体を温めることで、不調知らずの健康的な体を手に入れることが出来るのです。

◆新陳代謝アップでアンチエイジング!

体を温めると新陳代謝の改善にも役立ちます。

体温が下がると基礎代謝も低下してしまい、老廃物をため込みやすい不健康な体になってしまう恐れがあります。

つまり、新陳代謝が活発になればアンチエイジング効果も望めます。

若々しい美肌をキープするためにも、温活は欠かせません。

◆血の巡りが良くなり、お肌の血色アップ!

温活では全身の血流改善が期待できます。

血液は細胞に栄養を届ける重要な役割を担っていますので、血の巡りが良くなることで全身にしっかりと栄養が届くようになり、身体機能が正常に働く手助けをしてくれるでしょう。

また、血流が良くなることで、血色も良くなり、女性らしい健康的なパッと明るいお肌に。

血流改善は、むくみの改善にもつながるため、立ち仕事でむくみに悩んでいる方にもおすすめです。

◆代謝を上げて、ダイエット効果!

体の冷えにより内臓の機能が低下すると、基礎代謝が悪くなり太りやすくなります。

さらに、ダイエットに大敵なスイーツですが、カロリーが高いだけでなく体を巡らせる力を減少させるので、温活にも良くありません。

つまり、ダイエットと温活を同時に行えば、より効果が得られるということです。

いよいよ!効果的な『温活』の方法とは?

食事で『温活』

まずオススメしたいのが、「食べて」身体を温める「温活」。

温かいスープやしょうが茶、ほうじ茶、甘酒、ホットワインなどドリンクもホットをチョイスするだけで変わります。

野菜も生野菜のサラダよりは蒸し野菜にするなど、なるべく火の通った温かい食事を意識してみてください。

さらに身体を温める食材にも注目!

≪香味野菜≫

  • ショウガ
  • ネギ
  • にんにく など

スープや鍋など、いつもの食事にかんたんにプラスできる香味野菜は実は優秀な「温活」の相棒です。

いろんな料理に積極的に取り入れてみましょう。

≪スパイス≫

  • コショウ
  • 山椒
  • 唐辛子
  • シナモン など

炒めものや煮物などにも簡単に取り入れられるスパイスもオススメです。

≪ビタミンE≫

  • かぼちゃ
  • 赤ピーマン
  • オリーブオイル
  • ゴマ油 など

ビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれる美容にオススメの栄養素。

≪根菜類≫

  • れんこん
  • 玉ねぎ
  • カブ
  • 山芋 など

地面の下に埋もれているものは、体を温める性質をもっています。

つまり、根菜類は体を温めるレシピにピッタリだということです。

お風呂で『温活』

体温を上げる最も簡単かつ重要な方法は湯船につかること。

汗がじわっと出るほど浸かれば、体温は約1℃上昇しています。

湯船につかれば下半身に水圧がかかり、静脈血やリンパ液が押し上げられ、むくみが改善し、心臓に戻ってくる血液の量が増え、全身の血行がよくなります。

すると、内臓の働きも活発になり、代謝もアップし美肌につながります。

ぬるめのお湯での半身浴は、さらに冷えてしまうこともあります。

じんわり汗をかくぐらいの熱さの温度で、気持ちいいと感じられる程度の長さでつかるのがおすすめです。

服装で『温活』

「3つの首を冷やさない」ということを聞いたことがありますか?

3つの首とは「首・手首・足首」です。

手袋・マフラー・レッグウォーマーや靴下などで3つの首を温めることで、全身に温かい血液がめぐります。

また、「腹巻」もおすすめ。

お腹には大切な臓器がたくさん集まっています。

そんなお腹を温めると臓器の働きがよくなり、全身に温かい血液を送ることができ、体感温度が1℃上がるといいわれています。

日中も寝る時も、季節を問わず身につけましょう。

冬はウール、夏はコットン素材など、季節や目的に合わせて揃えておくといいですね。

運動で『温活』

筋肉量を増やして代謝を上げることも、冷え症改善に役立ちます。

中でもウォーキングやジョギングは身体への負担が少なく、基礎代謝を上げて熱効率のよい身体を作るのに一役買うと言われています。

大変そう…時間がない…という方は、どこでも簡単にできちゃう「かかと落とし」がオススメ。

  1. かかとを上げてつま先立ちになる
  2. かかとを下ろす
  3. 1、2を30回ほど繰り返す

かかと落としをすることでふくらはぎの筋肉が刺激され、血行が促進、ポカポカと熱が生まれやすくなるんです。

家事の合間や、通勤中などふと思い出したときに、気軽に始めてみてください。

寝起きで『温活』

人は寝ているときにたくさんの汗をかいています。

起床時は軽い脱水状態なので起き抜けには水分補給が必要なのです。

このとき体温よりやや高い温度の白湯を1杯ゆっくり飲むと、内臓が一気に温まって働きがよくなり、体温も上昇してきます。

まとめ

 いつもの生活を少しだけ、『温活』モードにシフトするだけで体の調子が整い始め、さらにはお肌の調子も良くなります!

自分の体質に合った温活ケアを、リラックスした気持ちで行うとより効果アップですよ!!

今年の冬は、内側からいつもポカポカに過ごしましょう。

コメントを残す