大人から子どもまで、みんな大好き【ツナ缶】。

そんなツナ缶。なんだか「カロリーが高そう」、「お肌に悪そう」そんなイメージありませんか?

それは、やっぱり脂が気になるから…

でも、もう気にしなくていいんです!

ツナ缶には、女性に嬉しい栄養素がたくさん!!

実は種類もいろいろあるって知ってましたか?

今さら聞けない!ツナ缶って何の肉?

そもそも『ツナ』って何?

「ツナ」の語源は、英語の「tuna」に由来しており、「tuna」は、「スズキ目サバ科マグロ属」に属するマグロやカツオなどの魚やその身を意味しています。

ただし、実際には、もう少し広い解釈で使われることも多く、それらの魚を原料として作られた缶詰などの加工食品全般を指すのが一般的です。

そのため、ツナ缶というと一般的にはマグロの油漬けの缶詰のことを指しますが、カツオの身を油漬けにした食べ物もツナと呼ばれることがあります。

『シーチキン』との違いは?

シーチキンとは、はごろもフーズが発売しているツナ缶の登録商標で、日本でのシェアは半分ほどです。

そのため、ツナ缶のことをシーチキンと呼んでいる人も多いですよね。

意外に知らない?ツナ缶の種類とは?

「ライト」「L」「マイルド」って何?

缶詰に書かれている「ライト」「L」「マイルド」といった言葉、実はこれ、使っている魚の種類の違いを表しています。

いなばのツナ缶では「ライトツナ」と書かれているものが多くあります。

「ライト」とは、びんながまぐろ以外のツナを使った缶詰のこと。

また、はごろもフーズでは、魚の種類に「L」と「マイルド」が使われていますが、この違いは「L」はマグロ、「マイルド」はかつおを使っているということ。

いずれも、カロリーやサイズ、味と誤解しやすいので、注意しましょう。

形もいろいろ!

ツナ缶は、身の形状が異なるものが3種類あります。

・ブロック(ファンシー・ソリッド)…ほぐさずに塊のまま、缶詰に入っている

・チャンク…ブロックよりも小さめの塊で入っている

・フレーク…細かくほぐされた身が入っている

最もよく売られているのはフレークタイプ。

ブロックやチャンクは種類が少ないです。

また、ブロックやチャンクの方が値段が高く、フレークはリーズナブルなど様々。

どの形状のものを使うかは、料理によって変えるのがおすすめです。

ツナ缶に入っている液体は一体…

ツナ缶は缶を開けると、液体に漬かっているというのが一般的ですが、そこにも違いがあります。・油漬け…調味液に油を主として使ったもの。

・油入り水煮…調味液に油と水、もしくは野菜スープを合わせて使ったもの。表示はオイル漬け。

・水煮…調味液が水、もしくは野菜スープのもの。

油漬けは、使う油の種類によっても味わいや値段が変わります。

オリーブオイルやアマニ油、えごま油など高級なものを使ったものから、大豆油やサラダ油などのリーズナブルなものまで様々。

水煮も、シンプルに水だけで煮たものや野菜スープを使ったものなど、味わいが異なります。

缶詰の表記を見ると、どんな油が使われているのか、また水やスープが加えられているのかがわかります。

油だけでなく、「ミネラルウォーター」「野菜エキス」といった記載がある場合は、「油入り水煮」です。

ツナ缶は油分があった方が旨みが増します。

ただし、カロリーは大幅アップしてしまいますよね。

油入り水煮は旨みを残しつつ、カロリーを抑えたものとなっています。

ツナ缶をそのまま食べるのであれば、美味しさの点で油漬けがおすすめ。

また、炒め物にするなら、油漬けの油を炒め油として使えば、旨みもたっぷりで、無駄なく使えます。

料理に使うためにツナ缶の調味液を捨てることがよくありますが、リーズナブルな水煮を購入し、自分で必要な量の油を加えるのもいいでしょう。

その他にもツナ缶の種類はいろいろ!

・ノンオイル・オイル無添加…水煮のこと。カロリーはオイル漬けの1/4程度。
・食塩不使用・食塩無添加…塩を使っていない。
・ツナ+α…ツナにコーンやチーズが混ぜられているものや、ガーリック風味や醤油風味、カレー風味などの香りがついているものもある。

などなど…

ツナ缶の驚きの効果とは?

実は低カロリー!

ツナ缶は、ものすごく低カロリーというわけではありませんが、みなさんが思っているよりも本当にカロリーは低いです。

多くのケースでは、ツナ缶に入っている油も含めたカロリー計算がされている為、高カロリーという印象を持たれているだけなんです。

浸かっている油を捨てると、他の食品よりも摂取カロリーを低く済ませられることも可能です。

高タンパク質!

たんぱく質は人体のうちの約20%を占め、髪の毛・爪・肌・内蔵などはこのたんぱく質から作られます。

そして毎日新しく作り替えられ古いものと交換されます。

このたんぱく質が不足すると筋肉量の減少や髪や皮膚のハリが消えシワやたるみの原因になります。

たんぱく質が最も多く含まれる食品は肉類や魚介類・卵・大豆・乳製品でこのたんぱく質はツナ缶(内容量140g全量)の中に30.4g含まれています。

つまり、ツナ缶には美肌に必要なたんぱく質が豊富に含まれているということですね。

体内で作れないリノール酸が豊富!

リノール酸は植物性の油のほうに含まれている成分です。

ツナ缶でも水煮ではなく油漬けを選んでもいいんですよ、とお伝えしているのはこれが主な理由です。

リノール酸を摂取するメリットは、この成分が「必須脂肪酸」であり、体内で合成できないため、食べて摂るしか方法がありません。

コレステロールや中性脂肪を減らす働きを持っていると分かれば、積極的に摂取したほうが良いですよね。

また、肌保湿、老化防止、抗炎症作用といったスキンケア系の力も秘めていて、メリット満載であることが分かります。

まとめ

手軽に取り入れられる『ツナ缶』。

これからは、罪悪感なくおいしく食べられますね!

ぜひ、お家にストックしておいてください!!

コメントを残す