ビタミンCがお肌の美容効果に最適なのは、有名ですよね?

そのビタミンCが類をみないくらい豊富に含まれているのが、『キウイ』なんです!!

キウイには他にも女性の美をサポートしてくれる栄養素が効果が多く、まさに〝魔法のフルーツ〟。

また、その効果は食べる時間によっても大きく変わってくるんだとか…

きっと今すぐ食べたくなる!奥深いキウイの魅力とは?

最高の健康&美容フード!キウイの魅力

【ビタミンC】メラニン抑制効果

シミやそばかすの原因になるメラニンは女性にとっての大敵ですが、ビタミンCを摂取することによって生成を抑えることができます。

キウイにはビタミンCはみかんのおよそ2倍の含有量で、1つで1日に必要なビタミンCの約7割を摂ることができるのです。

シミやそばかすが気になるという方には嬉しい効果ですね。

【ビタミンE】ターンオーバーの促進効果

 

キウイには血流を促すビタミンEが多く含まれているため、血行促進効果も期待できます。

血行がアップすると体のめぐりもよくなってターンオーバーが促されるため、肌の状態もぐんと上昇し、ゴワつきや、くすみ、ニキビなどのトラブルを防ぐことができます。

また、ビタミンCと合わせて摂取できるので美容効果はグンとアップします。

【カリウム】むくみ解消効果

体内の余分な水分を排出してくれるカリウムという成分もキウイに豊富に含まれています。

余分な水分が排出されることでむくみが解消されるので、スッキリとした顔や体が手に入りやすくなります。

【食物繊維】便秘解消で美肌効果

キウイにはバナナのおよそ2倍とも言われている豊富な食物繊維が含まれています。

水溶性と不溶性の両方を持ち合わせていることから、便秘解消はもちろん、痩せやすい体質になるとも言われている食材です。

また、お通じが悪くなると、吹き出物などの肌トラブルが起きやすくなったり、痩せにくくなったりと二次被害が起きやすくなります。

このようなトラブルを防ぐためにも、キウイの食物繊維が活躍してくれるのです。

【ポリフェノール】抗酸化作用でアンチエイジング効果

ポリフェノールの抗酸化作用はビタミンCの効能と同様、活性酸素を除去してくれます。

身体が酸化してしまうと老化が早まりますのでキウイはアンチエイジングに効果的なんですね。

また、肌トラブルの原因となる活性酸素を取り除いて一層美肌効果が期待できると言われています。

【その他】

鉄分、葉酸に、クエン酸やリンゴ酸など、キウイは「フルーツの王」と言われるほど栄養素がたくさん詰まっています。

グリーンキウイとゴールドキウイの違いとは?

キウイには、グリーンキウイとゴールドキウイがあります。

ゴールドキウイは、日本人向けに甘みを強くして作られた品種だそうです。

栄養価はさほど変わりませんが、グリーンキウイのほうが食物繊維が多く、ゴールドキウイはビタミンCが多いのが特徴です。

夜にキウイを食べる〝夜キウイ〟のメリットとは?

キウイの栄養素を効果的に摂り入れるなら、腸の動きが活発になる夜がおすすめです。

就寝1時間前に食べれば睡眠中に腸内環境を整えてくれます。

また睡眠中に分泌される成長ホルモンとビタミンCが一緒になってコラーゲンの生成が促進される効果もあるので、より美肌への影響が高くなることからも、キウイは夜食べる方が良いでしょう。

キウイの効果的な食べ方

買ってきたばかりのキウイを食べて酸っぱい時ありませんか?

キウイは、樹に生った状態では完熟にならない果物ですので、食べごろになるまで常温で追熟(一定期間置くことで、甘さを増したり果肉を柔らかく)させる必要があります。

追熟させることで、甘くなるだけでなく、キウイは追熟させるとビタミンCの含有量が増えるそうです。

つまり、キウイを追熟させると酵素が増えるということで、美肌のためには、キウイを追熟させて食べるのがオススメといえます。

追熟させる方法

冷蔵庫に入れず室温で保管してみましょう。

冷蔵庫に入れるよりも早く追熟が進みます。

さらに早く追熟させるならりんごやバナナと一緒に

なるべく早く食べごろにしたいときは、りんごやバナナなどと一緒にビニール袋に入れて、室温で2~3日置いてみてください。

りんごやバナナが出す「エチレン」*がキウイを食べごろにしてくれます。

毎日硬さをチェックして、食べごろになったら冷蔵庫で保管してください。

食べ過ぎには注意!

キウイにはたくさんの食物繊維が含まれているので便秘解消に良いとされていますが、便秘に良いからとキウイを食べ過ぎて食物繊維を摂りすぎてしまうと、逆に便秘を引き起こしてしまう原因となってしまうので注意が必要です。

また、キウイに含まれているとされるアクチニジンという成分は、アレルギーを引き起こしてしまう可能性があります。

キウイを食べてしばらくしてから、口の中に違和感が生じたり腫れてしまったりという症状が出た場合は、食べるのをやめて病院で診てもらいましょう。

まとめ

スーパーフードとしては値段も安く、スーパーでも一年を通じて手に入りやすいキウイ!

普段は朝に食べているという方も、夜にキウイを食べる習慣をつけることで、効率よく効果を得ることができるようになります。

また、そのまま食べても甘酸っぱくて美味しいキウイですが、便秘が気になるという方は夜にヨーグルトと一緒に食べてみることで、より高い便秘解消効果を実感することができるかもしれません。

〝夜キウイ〟で美容の〝夜活〟はじめてみませんか?

コメントを残す