美肌の基本!毎日の習慣、洗顔。

どの洗顔料を試してみても、いまいち満足できない…

そんな方意外に多いんじゃないでしょうか?

今、『洗顔』で検索してみると、次に出てくるワードが、『生石鹸』!

生石鹸?

なんだか効果がありそうですよね!!

実際は、普通の石鹸と生石鹸どう違うのでしょうか?

生石鹸とは?

普通の石鹸は加熱処理をされています。

石鹸にもいろんな成分が含まれていて、肌に良い成分を含めることも可能としています。

ただ加熱処理してしまうと、熱によって失われてしまう成分も多く、与えたい成分が含めることができない状態となってしまいます。

生石鹸は従来の加熱処理を一切しないで作られています。

そのため、熱に弱い成分も含めることができるので、より肌に良い石鹸が作れます。

石鹸というと、とても硬く泡立たせるのが非常に大変だったのですが、生石鹸はとても柔らかいため泡立たせるのか簡単です。

 

さらにきめ細かい泡が作れ汚れを落としやすくなるのがメリットです。

生石鹸を使うとこんな効果!

 

 

生石鹸は、従来の石鹸と比べてみると洗顔効果は抜群に優れています。

なぜなら、顔を洗う場合、一番大事なのが泡です。

 

汚れは力を入れれば落とせるけれども、しかしそれでは肌にダメージを与えてしまいます。

力を入れずにキレイにするためには、多くの泡で洗顔する必要があるんです。

しかし、石鹸だと泡立たせるのがとても大変で、なおかつきめ細かい泡を作るのが難しくできない場合もあります。

その点、生石鹸はとても柔らかいため泡がとても作りやすいんです。

 

なおかつ、きめ細かい泡が作れますので、毛穴の奥まで泡が入り込んで汚れを落としてくれます。

また、ゴシゴシと余分な力を加える必要もなくなるので、肌への負担がかなり減り、摩擦による乾燥からくる様々な肌トラブルなども防ぐことも出来ます。

生石鹸はこんな方におススメ!

 

・敏感肌なので優しい石鹸で洗顔したい

・ナチュラル思考だけどしっかり効果がほしい

・乾燥肌でいつも洗顔後いつもあわてて保湿している

・毛穴汚れによるくすみや古い角質が気になる

人気の生石鹸ベスト③

①ルアンルアンハーバルフレッシュソープ ポット

出典:amazon.ne.jp

タイ伝統のハーブレシピを基に美肌に効果的なハーブを厳選し、繊細な日本人女性の肌に合わせて作った「生石鹸」。

17種類の生ハーブエキスと2種類のクレイを配合し、ソフトクリームのような濃密泡で毛穴の黒ずみや皮脂汚れまでしっかりと落しながら、しっとりした洗い上がりを実現しています。

オリジナルはティーツリーとライムの精油を独自にブレンドした爽やかで飽きのこない香りです。

生石鹸NAMA

出典:amazon.ne.jp

NAMA石鹸は、枠練り製法という自然の石けん組織が残る製法をとっています。

食品に近い保存方法という意味でも”生もの”という意味なので、皮脂を取りすぎず、肌が乾燥しすぎることが無く、つっぱりにくく、お肌への優しさを感じる石鹸です。

BULK HOMME(バルクオム) THE FACE WASH

出典:amazon.ne.jp

余分なものを落とし、必要なものは残すというコンセプトの、限りなくシンプルな発想が生んだ、“THE FACE WASH”。

肌の水分を守りながら、1日の汚れを防ぎます。

濃厚な泡のクッションで、洗顔時の摩擦をやわらげる「生石けん」に、余分な皮脂や汚れのみを洗浄し、潤い成分を残す「選択吸着機能」をプラス。

さらに、スキンケアと共通の美容成分を配合。

ただ洗うだけでなく、肌をいたわりながらすっきり洗える洗顔料です。

まとめ

出典:amazon.co.jp

普通の石鹸だと、洗い上がりがさっぱりしすぎることがありますが、『生石鹸』は驚くほどしっとりもちもちに仕上がります!

最近では、各メーカーからも発売されているので試してみるのも良いですね。

一度使うと、その泡立てやすさ・泡立ちの良さ・泡のきめ細やかさにもう普通の石鹸には戻れなくなりますよ!!

コメントを残す