気が付くと出来てしまっている【シミ】

鏡を見るたびため息が出てしまいます。。

頑張ってシミを消そうと努力するものの、簡単には消えてくれませんよね?

「もう若くないし…」

と出来てしまったシミ、あきらめてしまっていませんか?

そんな方たちに有効な成分が『ハイドロキノン』なんです!!

効果がありすぎて危険!という口コミがあるくらいシミや美白に効くってホント?

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンはシミや日焼け跡、肝斑などに用いられる美白効果の高い医薬品であり、チューブに入ったクリーム状のものが広く流通しています。

シミを形成するメラニン色素の産生数を抑え、またメラニン色素を産生する細胞自体も減少させるなど肌を白くする作用に長けており、「肌の漂白剤」とも呼ばれています。

その美白効果はビタミンCなどの10倍以上と言われ、アメリカなどでは古くから美白に用いられてきましたが、強い成分であることから日本で化粧品としての認可が下りたのは2001年になってからでした。

以降、1~4%以下の低濃度のハイドロキノンが化粧品などに含まれるようになりましたが、より効果の期待できる高濃度ハイドロキノンは医師による処方が必要となっています。

驚異!ハイドロキノンの効果

①シミそばかすを薄くしてくれる

 

ハイドロキノンには”漂白剤”とも呼ばれるほど強力な還元力(メラニンを分解する力)があります。

そもそもシミなどの色素沈着は、メラニンの元となる「チロシン」が酸化反応を繰り返してどんどん濃いメラニン色素になってしまうことが原因。

ハイドロキノンはそうして酸化してしまったメラニン色素を、酸化と逆の反応”還元”することで色味を薄くできるのです。

このメラニンの還元作用、ビタミンCにもありますが、その力はハイドロキノンの方がとてもパワフルなんです。

②シミを予防してくれる

ハイドロキノンは、メラニン色素を茶色く変色させようとする”チロシナーゼ”という酵素の働きを抑制してくれる働きもあります。

そのため紫外線を浴びてしまっても、ハイドロキノンを使用することで未然にシミの生成を防ぐことが可能なんです。

ビタミンC誘導体やアルブチンなど、チロシナーゼの働きを抑制する分は数多くありますが、一番強力なのがハイドロキノンです。

ハイドロキノンの使用上の注意ポイント

※紫外線

紫外線を吸収しやすいといった性質も併せ持っている特徴があり、充分な日焼け止めをしないで使用した場合には、却ってシミを作る原因となってしまいかねません。

ハイドロキノンを使用して外出する時は、SPFが20以上の日焼け止めを用いるなどの対策をしましょう。

※保管方法

ハイドロキノンは酸化による変性が発生しやすいことで知られています。

変性したハイドロキノンは肌に悪影響を及ぼす恐れがありますので、開封後は冷暗所に保存し、また1カ月以内には使い切るようにしましょう。

※炎症

強い成分であるハイドロキノンは敏感肌であったり、あまり肌が強くないといった方が使用してしまうと、肌に合わないという人も少なくありません。

もし体質的に合わない人が使用すると赤みやかぶれといった炎症が出る場合があるので、注意が必要です。

本格的に使用する前に一度、パッチテストを行ってみることをお勧めします。

※白斑

シミのない部分へ濃度の高いハイドロキノンを長期間使用すると、白斑が起こってしまい、色が抜け落ちてしまうといった事にもなりかねません。

あくまでシミのある部分にのみ使用する事が必要になります。

⇒ハイドロキノン配合の化粧品は、以下のことに注意して選びましょう。

  • 配合濃度を確認する
  • 肌に優しい処方
  • 保湿成分も配合されているか

ハイドロキノン配合の化粧品を購入する際に注意したいことは、配合濃度の確認です。

市販されているハイドロキノンの配合濃度は1~4%ですが、一般的には1~3%のものが比較的安全性が高く刺激が少ないと言われています。

4%以上になると即効性は期待できますが、刺激が強く人によっては赤みが出たりヒリヒリと感じることがあるので、肌の弱い方は使えないという欠点もあるようです。

ハイドロキノンの正しい使い方

1洗顔:肌の汚れや残留物と予期せぬ反応を起こすことを防ぐために毛穴までしっかり洗浄しましょう。

220分放置:角質層は水分が多い程、薬剤を浸透させやすくなっています。ハイドロキノンが効き過ぎないように、20分は肌を放置しましょう。

3シミのある個所などピンポイントで塗布:化粧品によくあるタイプと違い、ハイドロキノンを含む化粧品は顔「全体」には塗りません。

適量を綿棒に取って、白くしたい部分だけに塗布しましょう。

ハイドロキノン配合コスメをご紹介

ランテルノ ホワイトHQクリーム 10g

純ハイドロキノン5%高濃度配合。美肌に導く12の成分贅沢配合が、肌にに透明感を与え、ハリのあるつややかな肌へと導いてくれます。チューブの先端が細くなっているので、少量を出すことができるとこもオススメ。伸びがよく、しっとりとした使い心地のクリームタイプです。

業務用ハイドロキノン 10g
業務用ハイドロキノン5%配合。 洗顔後に気になる所にポンポンと塗るだけでOK。ハイドロキノン純度99%の高濃度純ハイドロキノンでシンプルな成分なところもポイントです!

QuSome ホワイトクリーム 1.9 15g

紫外線ダメージの救世主。浸透テクノロジーQuSome(キューソーム)とハイドロキノンを融合させることにより、即効性と低刺激を実現したナイトクリームです。塗りやすい軽いテクスチャーのクリームで、ベタベタ感はゼロ。
少量でも十分なので、これ一本で1カ月以上持つと思います。

まとめ

ハイドロキノンは酸化しやすく不安定なため、配合されているコスメが少なく、希少なため価格も少し高めになっていますが、その分効果は抜群です!

効きすぎて注意ポイントもあるので、使用するときは十分注意しましょう。

しっかりと用法容量を守って使うと、美肌の強い味方になってくれること間違いなしですよ!!

コメントを残す