お家でコスメやパックを手作りする人たちが増えてきていますよね!

スーパーで簡単に手に入る材料でオーガニックなものが作れると人気なんです。

その中でも今回は『かぼちゃ』に注目してみました!!

栄養価は高いものの、カロリーが高いイメージを持っている女子の方が多いかぼちゃですが、食べ方を工夫すれば、美容にも健康にも高い効果のある食材です。

かぼちゃの美容効果と上手な取り入れ方をご紹介します!

かぼちゃのすごい!栄養成分

カリウム   ・・・400mg
カルシウム  ・・・20mg
マグネシウム ・・・15mg
鉄      ・・・0.5mg
ナトリウム  ・・・ 1mg
リン     ・・・ 42mg
亜鉛     ・・・ 0.10mg
銅      ・・・ 0.08mg
マンガン   ・・・ 0.10mg
βカロテン当量・・・ 730μg
レチノール当量・・・ 60μg
ビタミンE   ・・・ 4.7mg
ビタミンK   ・・・ 22μg
ビタミンB1  ・・・ 0.07mg
ビタミンB2  ・・・ 0.06mg
ビタミンB6  ・・・ 0.12mg
ナイアシン  ・・・ 0.6mg
葉酸      ・・・ 80μg
ビタミンC   ・・・ 16mg
食物繊維   ・・・ 4.1g

かぼちゃはバランスよくたくさんの栄養素を含んでいるので、大変に栄養価の高い野菜と言われています。

かぼちゃの魅力

アンチエイジング効果

年齢を重ねるごとに気になってくるのが肌の老化ですよね。

肌がだんだんと老化してしまうと、シミやそばかす、くすみの原因となってしまい、見た目の印象も悪くなってしまいます。

老化を防ぐためには活性酵素の働きを抑えることが重要となってきますが、かぼちゃにはβ‐カロテン(ビタミンA)、ビタミンC、ビタミンEなどといった抗酸化作用のあるビタミン類が多く含まれています。

このビタミン類それぞれの働きによって抗酸化作用が高まり老化を防ぐことで、アンチエイジングの効果を期待することができます。

特にビタミンEは若返りのビタミンだと言われていますから、年齢を重ねるほどに積極的に摂りたいビタミンです。

高い美肌効果

 

β‐カロテンは体内に吸収されるとビタミンAに変換されます。

変換されたビタミンAは皮膚や粘膜を正常に保ちながら免疫力を高めるだけでなく、乾燥や肌荒れを防ぎ美肌を維持する効果があるといわれています。

また、かぼちゃに含まれるビタミンCはコラーゲンの生成をサポートするビタミンですから、衰え始めた肌には必須です。

コラーゲンは肌のハリを保つのに不可欠ですから積極的に摂りたいですね。

さらに、ビタミンEは血行を良くすることで、肌へ栄養が行き渡るので肌代謝やターンオーバーが促進されてくすみの解消に役立ちます。

便秘解消効果

食物繊維が豊富に入っているかぼちゃは便秘改善効果があります。

食物繊維は、腸内の善玉菌を活性化し便の量が増えて排便を促す働きがあるので、便秘の予防や改善に役立つと言われています。

特に、かぼちゃの皮の部分に多く含まれているそうなので皮ごと食べると良いようです。

便秘が解消されて、お腹の中からキレイになれば、デトックスできて美肌効果が期待できます。

古い便や老廃物がたまった腸の中では有害物質が発生し、それが血管を通して最後は肌から出てきます。

それがニキビや肌荒れの元になりますから、腸内環境を整えることは肌トラブルの改善に役立つのです。

むくみの改善効果

かぼちゃにはミネラル成分であるカリウムが含まれています。

このカリウムには利尿作用があり、体内に溜まった老廃物や余分な水分を外に排出する働きをしてくれます。

体の中に溜まっていた余計なものが体内に排出されることで、むくみの解消効果を得ることができますね。

またかぼちゃの種にも、体内の水分バランスを整える作用があるのでむくみ改善に役立つと言います。

さらに、産後の女性の方は、母乳を出やすくする効果もあると言われています。

かぼちゃのカロリーは?

日本で出回っているかぼちゃは大きく分けて2種類あります。

皮に深い溝がある日本かぼちゃと、皮がツルッと丸く、ホクホクと甘い西洋かぼちゃです。

スーパーなどで多く目にするのが西洋かぼちゃで、別名えびすかぼちゃともいわれています。

◎日本かぼちゃ(生) [100g→ 49kcal] ◎西洋かぼちゃ(生) [100g→ 91kcal]

数字を見ると、カロリーは西洋かぼちゃの方が倍近く高いですね。

これ、西洋かぼちゃのほうが圧倒的に甘いので、甘いということはつまり糖度も含め高くなってしまうというわけです。

お家で簡単『かぼちゃパック』

【材料】

  • かぼちゃ:1片
  • ホホバオイル:小さじ1
  • メイプルシロップ:小さじ1
  • 小麦粉:大さじ1

【作り方】

  1. かぼちゃは種と皮を取り除いて、すりおろす
  2. ホホバオイルとメイプルシロップを加え、よくかき混ぜる
  3. 小麦粉を数回に分けて少量ずつ加え、ほどよい固さになるよう調節する

【使い方】

1.顔を洗う
洗顔料で、汚れや余計な脂分をしっかり洗い流します。朝にパックを行う場合、敏感肌の人は洗顔料は使わず、水かぬるま湯だけで洗う方がいいでしょう。

2.パックを塗る
手作りパックを鼻の真ん中にのせ、外側に向かってのばしていきます。力を入れ過ぎて、肌をこすらないよう注意してください。パックが固いと感じるときは、水分を足しましょう。

3.5分から10程度キープ
額やあご、鼻の下などもまんべんなく塗り、そのまま待ちましょう。5分から10分。パック剤が乾くまで待つ必要はありません。

4.パックをオフする
果物や野菜の塊がある場合は、最初にティッシュペーパーで、こすらないように拭います。次にたっぷりのぬるま湯で、しっかり洗い流します。

5.清潔なタオルで押さえるように
パックをすっかりオフしたら、清潔なタオルで、水分を軽く抑えるように拭き、その後は愛用の化粧水や乳液でケアしてください。

【効果】

カボチャにはビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどが豊富で、美白、保湿効果が期待できます。

ホホバという植物の種を絞ったホホバオイルは、もっとも肌に刺激の少ないオイルといわれ、高い浸透力と保湿力をもっています。

メイプルシロップは栄養豊富で、肌をふっくら滑らかにする効果があります。

まとめ

甘くておいしいかぼちゃがこんなにも美容効果が高かったなんて!

すぐに手に入る食材ですし、しかも捨てるところがないエコ野菜なんです。

実だけでなく、皮・種にも栄養素が多く含まれているのでうまく活用して、より多くの美容効果を期待しちゃいましょう!!

 

コメントを残す