今、美容界の中で注目ワードがズバリ!【炭酸】なんです!

炭酸水洗顔や炭酸化粧水にならんで、あらゆる美容メーカーからは続々と発売されているのが、【炭酸パック】。

効果が高いのはもちろんのこと、その感触がなんともいえないんです!

シュワシュワの感触で癒されている女子、続出中です。。

炭酸パックの効果と、その効果を倍増させるタイミングと使い方をご紹介していきます。

炭酸パックとは?

炭酸パックは、炭酸ガス(二酸化炭素)が溶け込んだパックのこと。

肌にのせるとシュワシュワとするのが特長で、美容・美肌効果があると人気のアイテムなんです。

二酸化炭素は肌の表面にある毛穴よりも分子が細かいため、すばやく体内に浸透します。

パックと一緒にヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンなどの保湿・美容成分を肌に与えることで、それらの成分の浸透率がぐっと高まり、美容効果がアップします。

炭酸パックの種類

炭酸パックには、シートタイプ、ジェルタイプ、泡タイプと様々な種類があります。

■ジェルタイプ
顔全体にジェルを塗って、専用のシートで覆うことでパックします。

”ジェルを洗い流すタイプ”と”固まったジェルを剥がすタイプ”と2種類あります。

■シートタイプ
顔の形になっているシートを顔につけてパックします。

■泡タイプ
炭酸ガスが含まれたクリーム状の泡でパックします。

3つとも炭酸パックですが、種類によって価格から効果まで少しずつ変わっています。

炭酸パックはこんな人におすすめ!

顔が疲れて見える
●肌がくすんでいる
●毛穴が目立つ
●化粧のりが悪い
●シミやソバカスが気になる
●顔がむくんで見える
●ニキビ跡がなかなか消えない

これらの肌悩みは、20代後半から除々に増えていきます。

炭酸パックにはそんな悩みを解消してくれる働きがあるので、エイジングケアとしてはもちろん、あらゆる女性におすすめしたいアイテムです。

炭酸パックの美容効果

血行の促進効果

炭酸は1つ1つの分子が細かく、肌→毛細血管→血管と浸透していきます。

すると、血液中の二酸化炭素の量が増量します。

体は酸素不足を感じて、多くの酸素を取り込もうと血管を拡張させます。

その結果、血行が良くなり、新陳代謝も促進して、体に溜まっていたものがスムーズに流れて、むくみ・くすみの改善につながります

ニキビ跡にも効果的

炭酸パックは、血行を促進して新陳代謝を活発にしてくれます。

すると、肌のターンオーバーも正常にもどるので、肌の表面にあるメラニンが排出されて肌がワントーン明るくなるので、シミやくすみを改善する美白効果があると言われています。

また、新陳代謝が良くなるので、ニキビやニキビ跡にも効果を発揮してくれます。

保湿効果、保温効果が高い

炭酸の泡は浸透率が高く、毛穴から入り込んでいくため保湿効果に優れています。

泡で毛穴をじんわりと温め、蓋をしてくれるんです。

さらに、人体は二酸化炭素を使って燃焼サインを出すため、ほんのりとした発熱を促します。
炭酸ガスそのものにも血管拡張効果があるので、「血流アップ」と「発熱効果」によって使った部分の肌は紅潮します。

紅潮することによって血行が滞っていた細い毛細血管が活発に動き、顔色がよくなるので肌トーンがぱっと明るくなります。

毛穴の引き締めに超効果的?!

炭酸パックには、血行を促進する作用があります。

炭酸がシュワシュワと動いて肌の内側からマッサージしてくれ、使用するたびに酸素が肌に届き、肌の内面が活性化され、ターンオーバーも促します。

ターンオーバーが整い皮膚表面の角質層が新しいものに生まれ変われば、みずみずしくやわらかい肌となり、毛穴の凸凹や乾燥トラブルも改善されます。

さらに、血行が良くなり、ターンオーバーが整うと、コラーゲンやヒアルロン酸などの潤い成分を肌が自ら生産し始め、ふっくらとした毛穴の目立たない、すっぴん美人に生まれ変われるのです。

また、炭酸にはタンパク質を吸着する働きもあるため毛穴に詰まった汚れや角質をやさしく取り除き、毛穴がキュッと引き締まったことを実感できます。

炭酸パックをするベストタイミングとは?

炭酸パックの実力がしっかり発揮されるためには、タイミング&正しい使い方が大切です!

入浴中&入浴直後の使用はNG

そのまま洗い流せるため、パックを入浴中に使用するという方は多いですよね。

血行も良くなっているバスタイムは美容へのモチベーションも上がっているため、半身浴と合わせてパックをするのに最適のように思います。

しかし炭酸パックに限って言うなら、入浴中のパックは原則NGなんです。

もちろん製品によってはOKとしているものもあるかもしれませんが、多くの場合炭酸パックは身体を温める場所で使うのには適していません。

炭酸は熱に弱いため、炭酸パックが発泡しにくいと考えられるからです。

そのため、入浴中や入浴直後は全身がほてっているので、効果が半減してしまいます。

⇒炭酸パックの理想的なタイミングはクレンジング・洗顔後顔のほてりが収まったころということです!

一番効果的な炭酸パックの使い方

①顔の汚れをしっかりとる

まずは、しっかりと洗顔することです。

顔に汚れや余分な皮脂が残っていると、せっかくの炭酸パックの効果が発揮されにくくなります。

②炭酸パックを塗る

洗顔後は、炭酸パックを顔全体に塗ります。

ここでのポイントは、炭酸パックは低温のほうが効果がアップするので、塗る前に一度冷たいタオルなどで顔を冷やしてから塗るのがおススメです。

③しばらく待つ

塗ったあとは15〜20分ほど待ちましょう。

製品によってこの待ち時間は変わるので、使用前に必ず説明書を確認するようにしてくださいね。

④炭酸パックを洗い流す / 剥がす

しばらく放置したら炭酸パックを取り除きます。

この時の注意点は、必要以上にこすったりしてお肌に強い刺激を与えず、ていねいに優しく扱いましょう。

⑤化粧水などをつける
血流が上がっている上、デトックス作用が働いたために毛穴は緩みやすくなっています。
化粧水をコットンパックでしっかりと含ませ、毛穴を引き締めてください。

炭酸効果によって新陳代謝が活発になる分、皮脂の分泌量が多少増えますので、つけすぎると逆に毛穴づまりを起こす原因となります。

保湿剤は薄めにつけるだけで十分です。

炭酸パックは使用頻度はどれくらい?

炭酸パックを始めたばかりの時は、1週間から10日間ほど連続して使いましょう。

継続して使うことで、より早くお肌のターンオーバーが正常に戻ると言われています。

そのあとは、週に1回程度でOKです!

また、1週間に1度以上使ったからといって使いすぎということはありませんが、もともとお肌が弱い方や敏感肌の方は、炭酸パックの少しの刺激でも赤みを起こしたり、痛みを感じたりする場合がありますので注意が必要です。

まとめ

炭酸パックは、即効性も特徴のひとつです!

最初の1週間でその効果は実感できると思います。

また、炭酸と共に保湿効果の高いヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタ、大豆エキス、オシリストなどの成分が入っている炭酸パックがおススメです。

毛穴から炭酸の力で汚れなどを押し出してくれる炭酸パックだからこそ、その時同時に働いてくれる美容成分にも注目し、上手に選んでいきましょう。

コメントを残す