長年悩み続けているお肌トラブルを解決に導いてくれるのが【皮膚科によるレーザー治療】です。

しかし、〝治療〟というと、初めての方はちょっと身構えてしまいますよね。。

『フラクショナルレーザー』ってご存知ですか?

日本人のお肌に合った、肌再生治療として、いま注目を集めているレーザー治療です!

フラクショナルレーザーのメリットとデメリットとは?

フラクショナルレーザーとは?

フラクショナル治療とは、レーザーにより、網の目状に微細な穴を皮膚にあけることで、皮膚(特に真皮)の再生を起こさせ、皮膚を活性化して、キズアトや皮膚の凹凸を目立たなくする治療です。

つまり、自身の自然治癒力で肌内部からコラーゲンやエラスチンなどの美肌成分の生成を促進し、肌細胞を活性化することで、若返り効果を得られるということです。

従来のレーザー治療や光治療は肌の症状を改善する治療に留まっていたのに対し、フラクショナルレーザーは新しい皮膚に入れ替える再生治療が可能です。

細かいシワやくすみ、毛穴の開き等の解消の他に、レーザーピーリング効果や薄毛治療において育毛治療としても注目されています。

フラクショナルレーザーによる治療の効果

フラクセルレーザーには、古い皮膚を新しい皮膚へと生まれ変わらせるという効果があります。

従って、主だった肌トラブルに対して効果があると言えます。

  • アンチエイジング:シミ・シワ・たるみ
  • ニキビ跡:肌の凹凸・色素沈着
  • 毛穴の開き
  • 美白
  • 肌質改善
  • 傷跡
  • 妊娠線

などに効果があるとされています。

フラクショナルレーザーの特徴として、特に嬉しい効果が【ターンオーバー】についてです。

肌が生まれ変わることを『ターンオーバー』あるいは『新陳代謝』と呼びます。

生まれ変わる力を備えている人間の皮膚ではありますが、『ターンオーバー』機能は加齢と共に衰えてい きます。

また、年齢に関わらず、ストレス・睡眠不足・血行不良・ホルモンバランスの崩れ・食生活の乱れなど が原因で約28日周期と言われている『ターンオーバー』のサイクルが乱れることもあります。

フラクセルレーザーには古い皮膚を新しい皮膚へ生まれ変わらせる効果がありますので、人工的な『ター ンオーバー』を起こすことが可能なのです。

フラクショナルレーザーの施術後のポイント

照射当日は肌がデリケートになっていますので、洗顔はやさしく洗い流すように行ってください。

また、火照りを感じた場合には肌を十分に冷やしてください。

レーザー照射後2日ほど赤み・乾燥・腫れ・軽い痛みなど感じる方もいますが、およそ3日ほどで沈静化すると言われています。

・施術翌日よりメイクしても大丈夫ですが、化粧・メイク落としはやさしく行ってください。

3日目より肌の赤みがなくなっていきますが、かゆみを感じることもあります。

なるべく掻いたりこすったりしないようにしましょう。

治療の流れは?

各病院によって治療の流れは変わりますが、一般的な流れをご紹介します。

①カウンセリング・診察

医師によるカウンセリングを行い、お肌の状態を診察をします。

施術の流れからアフターケアまでの説明を受けるので、わからないことがあったらしっかりと確認しておきましょう。

②クレンジング

施術前に洗顔を行い、メイクや汚れを落とします。

洗顔後には麻酔クリームなどで麻酔を行います。

③施術

レーザーを照射していきます。

照射時間は治療範囲によって異なりますが、顔全体で約20分くらいです。

施術中は施術は目を守るために、ゴーグルをつけて行います。

④施術後

肌の赤みやほてりを抑えるためクーリングをします。

クーリング後、沈静ジェルなどを塗布します。

『治療の回数目安』

1度の治療では約5%から15%ほどの皮膚を再生することができ、実際に効果を実感できるまでには5回から6回ほどの治療が必要です。

4週間に1度ぐらいの頻度での治療が一般的であるため、すべての治療が終わるまでには約半年かかり、費用の相場は各医院によって変わってきますが、約2万円から3万円といわれています。

レーザー治療のメリット&デメリット

【メリット】

レーザー治療のメリットは、なんといっても高い効果を実感できることです。

肌の深層部分にまで届くレーザーをあてることで、お肌をしっかりと刺激することができ、毛穴トラブルをしっかりと根本から改善することができるため、高い効果が実感できるのです。

また、気になるところだけピンポイントで治療できるレーザー治療では、短時間での治療が可能なため、長く通院する必要もありません。

そのため、美容液等で長期間にわたって効果を待つよりも、レーザー治療で短期間に治療するほうが結果的にコスパにつながるかもしれません。

【デメリット】

治療後1週間から2週間ぐらいに、赤みや小さなかさぶた等の症状が出ることが、レーザー治療のデメリットとされています。

通常、2週間もすれば症状は収まるものの、特に初めてレーザー治療を受けた人にとっては、やっぱり心配ですよね。

そのため、こういったデメリットがあることを念頭に、治療方法それぞれの治療後の症状等もしっかりと調べてくことが大切です。

治療後に症状が出ているあいだは擦らずクリームを塗る等アフターケアが必要であるため、レーザー治療のメリットである治療期間の短さ反面、アフターケアが面倒というデメリットも出てきます。

まとめ

 

自分ではどうすることもできないお肌トラブルも専門家で治療を受けることで今までにない効果が実感できるはず!

レーザーによってお肌の若返りにより、お肌にハリが出たり、キメを整えてくれたり、化粧ノリが良くなったりと女性として気持ちが明るくなることばかりですよね!!

初めはいろいろと不安なことが多いレーザー治療ですが、長年お肌トラブルで悩み続けるのであれば、思い切って治療してみるのも一つの方法です。

コメントを残す