ここ数年で、美容界の定番となった『オイル美容』。

お肌はもちろん髪や爪のケアまでできるのも、女性に多く支持されている理由の一つですよね!

ホホバオイル・アルガンオイル…など有名なオイルの中でも、最近『効きすぎて危険』と噂されているのが、『ひまし油』なんです。

なにより、すっぴん美人になれると使っている方も多いみたい。。

その使い方や効果はどのようなものなのでしょうか?

ひまし油とは?

唐胡麻(トウゴマ)の種子から採れる100%植物性油です。

植物性油の中ではとくに粘り気が強く、ハチミツのようにねっとりしています。

そのため、湿布やパックにはとても使いやすいオイルです。

ひまし油は古代エジプト時代からすでに使用されていたほど、歴史のあるオイルで、アーユルヴェーダと呼ばれる伝統医学の中でも、飲んだり塗布したりして使われています。

古い医学からずっと伝わる存在ですから、身体に良いとされているのもうなずけますね。

ひまし油のスキンケア効果

①お肌の保湿

ひまし油は単に保湿力が高いだけではなく、肌になじみやすいという特徴を持っています。

スキンケアにひまし油を使えば肌にうるおいが保たれ、乾燥を防ぐことができますよ。

使う順番を変えると、化粧水を馴染ませるためのブースターとしての効果も期待できます。

また、アンチエイジングとして、コラーゲンおよびエラスチンの再生を刺激してくれる効果も期待でき、小じわの予防効果まで期待できるんです。

 

肌の新陳代謝を促す

ひまし油には、血行とともにリンパの流れを良くする働きがあります。

健康面でももちろんいい影響がありますが、お肌にも大切な効果です。

お肌の新陳代謝を促し、ターンオーバーを整えることで、毛穴の角栓も詰まりにくくしてくれるだけじゃなく、健康的で綺麗な皮膚へ生まれ変わろうとしてくれるのです。

 

③シミ(色素沈着)の改善

ニキビやアトピー、紫外線の影響でできる色素沈着。

ひまし油は肌のターンオーバーを促進するため、色素沈着の解消をサポートする効果があります。

また、オイルで角質を除去する働きも手伝って、色素沈着が肌に残るのを防いでくれます。

お肌に残ってしまったニキビ跡や傷跡なども、ひまし油の脂肪酸によって改善効果があると言われています。

皮膚組織に直接浸透し、組織の成長を促しながら、傷んだ箇所を癒やすのを助けてくれます。

 

④ニキビの改善

ひまし油には抗酸化作用があるため、ニキビの炎症を抑えて赤みを目立たなくしてくれます。

さらに抗菌作用もあるため、アクネ菌の増殖を抑えニキビの悪化を防ぎます。

 

ひまし油を使ったスキンケア方法

洗顔後お肌に塗る

  1. 綺麗に洗顔をする
  2. 化粧水を塗る
  3. 1~2滴手に取り顔全体に塗る

天然の植物油なので塗りすぎて困ることはありませんが、1滴でも顔全体に十分に馴染みます。

ひまし油のリシノール酸をはじめとする脂肪酸は、保湿効果に優れています、乾燥肌に悩む方やみずみずしい肌を保つのにも役立ちます。

化粧水の跡にひまし油を塗るとより効果的です。

 

オイルマッサージ

  1. クレンジング・洗顔をしてメイクやお肌の汚れをしっかり落とす
  2. 500円玉ほどの量を手のひらにとり、気になるお肌になじませ、指の腹でクルクルとマッサージする
  3. タオルやティッシュペーパーでふき取る

入浴中、湯船に浸かりながらマッサージすると、毛穴が開いているため汚れも落ちやすくなります。

また、より保湿効果を高めるには、オイルマッサージをした後、蒸しタオルを顔に乗せてみてください。

毛穴が広がり、オイルの成分が肌に浸透することで、保湿力アップが見込めるでしょう。

肌の黒ずみは毛穴に油分が詰まって酸化して生まれるため、余分な皮脂を落とす必要があります。

水と油は混ざらないため、皮脂を落とすには油分が必要で、美容オイルはその重要な役わりを果たします。

 

オイルで毛穴ケア

  1. クレンジングと洗顔で、メイクや顔の汚れを落とす
  2. 保湿用美容液で保湿する
  3. 綿棒にオイルを染み込ませ、小鼻や頬など角栓が気になる部分をマッサージする(ゴシゴシこすらず、優しくなでるように動かしましょう。)
  4. 最後に、クレンジング料で汚れを落とし、いつものスキンケアを行う

オイルと綿棒を組み合わせれば、小鼻の掃除をすることもできます。

毛穴に浸透したオイルが角栓を柔らかくし、取りやすくなります。

 

オイルパック

  • 乾燥肌のあなたには:ひまし油2滴に対して、ごま油を6滴
  • 中間肌には:ひまし油2滴に対して、グレープシードオイルやオリーブオイルを6滴
  • オイリー肌には:ひまし油2滴に対して、ホホバオイルを6滴

自分に合ったオイルの割合を試しながら見つけることが出来、オイルの酸化を最小限に抑えることが出来ます。

ひまし油は洗浄力が高いので、肌が乾燥するようなら、他のオイルの割合を増やし、使い心地や肌の調子に合わせてブレンドしてボトルで保存しましょう。

 

ひまし油の副作用はあるの?

肌に使う時には少量でのアレルギーパッチテストを必ず行いましょう。

アレルギーによって、かゆみや発疹、赤みが出るかを事前確認してから使うようにしてください。

また、ヒマシ油が口から入ってしまうと、吐き気、腹痛、下痢、脱力感といった症状を引き起こす可能性があります。

これらの症状が出た場合には、すぐにお医師さんに相談してください。

そして、ひまし油は出産を早める効果があることも知られていますので、妊娠中の女性の服用はあまりお勧めではないとの情報も多くあります。

妊婦さんがヒマシ油を使う際には、事前にお医者さんに相談してください。

いずれの副作用も、ひまし油を過剰摂取してしまった場合に起こりがちです。

また、身体がひまし油に慣れていない状態でも起こります。

始めのうちは少しずつ飲むなどして、じっくり身体をひまし油に慣らしていき、使用時には使い過ぎにも要注意です。

 

ひまし油の選び方

コールドプレス法(低温圧搾法)

コールドプレス法とは、植物から油を抽出する方法の一つで、低温でじっくりと時間をかけて成分を抽出する方法です。

高温圧搾法やヘキサンという化学薬品を使って抽出する方法もありますが、熱による成分の変質や製品に化学薬品が残っている可能性があるため、コールドプレス法で抽出されたひまし油を選びましょう。

 

加香されていないもの

ひまし油は薬局でも購入できますが、主に下剤として「加香ひまし油」の名前で販売されています。

加香ひまし油は、オレンジやハッカのオイルを加え服用しやすいようにした医薬品です。

なので、スキンケアには加香されていない純粋なひまし油を使いましょう。

 

まとめ

ひまし油の使い方や効果をスキンケア中心に見てきました。

その他にもネイルオイルやまつ毛美容液としても効果が高いんです!

ひとつあれば本当に全身ケアできますよね!!まさに万能オイル。

効果が高い分、副作用もありますので、使い方や使いすぎには注意しましょう。

コメントを残す