毛穴のトラブルあとを絶ちませんよね。。

その中でも、一番といっていいほどの悩みは、『毛穴の瘢痕化』です。

この症状は、男女問わず諦めている方も多いのではないでしょうか?

一体『毛穴の瘢痕化』とはどのようなものなのでしょうか?

毛穴の瘢痕化とは?

皮脂が過剰に分泌されたり、毛穴の出口が硬くなるなどの角化により毛穴が詰まってしまったりすると、そこに古い角質や汚れがたまってニキビの原因菌が増殖してしまいます。

このようにして生じるのが「ニキビ毛穴」です。

そしてニキビの痕が、クレーターのように瘢痕化(はんこんか)してしまうと毛穴が開いた状態になってしまいます。

また、今まで自分で角栓を押し出して皮膚が硬くなってしまった方の毛穴にも多くみられます。

瘢痕化の予防方法はあるの?

ニキビの炎症により皮膚の再生が正しく行われないことでお肌の状態が悪くなってしまいます。

ニキビの炎症が継続される状態になると皮膚組織の修復が不完全な状態になります。

この状態が続くと瘢痕の形として残ってしまいます。

この瘢痕の形となってしまった毛穴は、常時とじることなく開いたままの状態になります。

お肌全体から見ると非常に毛穴が目立ってしまう状態になります。

そのため瘢痕の症状が出ないようにニキビのケアは的確に行わなければいけません。

つまり、瘢痕化を防ぐにはニキビが出来てしまったら、放置せず早い段階でしっかりケアすることが重要なのです。

出来てしまった毛穴の瘢痕はどうすればいいの?

実際に出来てしまった瘢痕は、セルフケアでは改善が大変難しいとされています。

なので、ピーリングを繰り返し行い、同時に皮膚が柔らかくなるようなスキンケアを行うことで、キメを整え、瘢痕自体を目立ちにくくする必要があります。

①ピーリングで角質を除去する

皮膚科・美容外科などのクレーター治療としておなじみのケミカルピーリングですが、これはフルーツ酸(グリコール酸)などで、皮膚表面の古い角質層を取り除くスキンケア方法です。

新しい皮膚を再生するターンオーバーを促す効果があり、軽度のクレーターのケアに適しています

しかし、ピーリングはお肌に与えるダメージも大きいため、週に1回程度におさえておきましょう。

②ビタミンC誘導体配合の化粧品を選ぶ

ビタミンCはニキビの炎症を抑えたり、毛穴を目立たなくさせりする効果が期待できますが、肌へ浸透しにくいという弱点があります。

しかし、ビタミンC誘導体はその弱点をカバーした成分で、肌への浸透度は高くなります。

また、コラーゲンの生成を促し効果があり、肌に弾力を与え瘢痕毛穴を目立ちにくくしてくれます。

さらに、コラーゲン・セラミド・ヒアルロン酸などの保湿成分が入ったものを使うと、肌に潤いを与えます。

③紫外線対策をする

紫外線はシミなどの原因になるだけではなく、細胞の組織を劣化させ、お肌の再生の妨げとなります。

少しの外出でも日焼け止めを使うなどして対応しましょう。

④睡眠の質を高める

睡眠不足が続くと、免疫機能の低下、血行不良、ホルモンバランスの低下に繋がります。

そしてこれらは皮脂の過剰分泌に繋がります。

22時〜2時は成長ホルモン最も活発に出る時間帯で、皮膚の合成や新陳代謝も活発になると言われているため、お肌の再生の手助けになります。

おススメの毛穴ケア商品

ビーグレン 毛穴ケア

 出典:amazon.co.jp

微粒子の天然のクレイのモンモリロナイトを採用した泡立てない吸着洗顔料や肌のバリア機能を高め、ターンオーバーのサイクルを整えることが出来ます。

高濃度(7.5%)のピュアビタミンC美容液は、ピーリング作用でターンオーバー促進し、色素沈着を防止してくれます。

さらに毛穴凸凹防止にキメを整えながら肌を支える力をサポートする美容クリームなので、総合的にハリを与えニキビ跡や毛穴凸凹・陥没毛穴の目立たない肌へ導いてくれます。

ビーグレンは医療レベルの浸透力で、効果が高い美容成分を角質深部にまで確実に届けるので、毛穴への即効性も高いと人気です。

オバジCセラム

 出典:amazon.co.jp

ピュアビタミンCの他に、ビタミンC誘導体という成分があります。ビタミンC誘導体は肌に浸透してから酵素の働きを受けてビタミンCとして力を発揮します

。しかし、ピュアビタミンCは酵素の力を借りなくても力を発揮できるので、即効性があります。

オバジCセラムには3つの特徴があります。

①1つめは、高濃度なのことです。

オバジCセラムには、レモン150個分のビタミンCが配合されています(レモン1個のビタミンC20mgとして計算)。なお、実際にはレモンは入っていません。

②2つめは、高浸透なことです。

ハイパーブライトニング処方で、ピュアビタミンCを角質層の奥にまで届けます。ハイパーブライトニング処方とは、オバジCの独自処方のことで、保湿成分と組亜焦ることで肌への浸透がよくなります。

③3つめは、安定していることです。

ビタミンCは不安定な物質です。

酸化をしたり壊れてしまったビタミンCを肌に塗っても変化を期待できません。

オバジCは独自の技術で安定化に成功しました。

さらに、ビタミンEを新配合していて、ビタミンEは抗酸化作用で酸化を防いでくれるビタミンです。

そして、シグナルコンプレックス2も配合しました。さらに透明感のある肌へと導く、オバジC独自の配合です。

毛穴の瘢痕化をカバーするメイク方法

 

毛穴の瘢痕化は、凹凸が大きいので、サラサラとしたリキッドタイプなどではカバーしきれない恐れがあります。

そのため、毛穴の凸凹が目立つ場合は少し、工夫が必要です。

・毛穴をカバーするためには、固めのクリームタイプかスティックタイプを使うのがおすすめです。

また、毛穴のクレーターなどは光の当たり方によっては暗く見えてしまうため、少し明るめのファンデーションを選びましょう。

(パールが入ったものを使うことで、毛穴を目立たなくすることができますので取り入れてみましょう。)

・毛穴をカバーしようとやってしまいがちなのが、ファンデをたっぷりと塗ってしまうことです。しかし、多すぎても少なすぎてもダメです。

ファンデーションはスポンジよりもブラシの方が細かい部分もきれいに仕上がるのでおすすめです。

<ファンデーションを塗る手順>

  1. 頬・額・鼻・顎の順で塗り伸ばす
  2. 目元・口元・鼻は部分は残ったファンデを使って指で馴染ませます
  3. フェイスラインは境目がなくなるように伸ばしてなじませる
  4. シミやそばかすなどはコンシーラーでカバーします
  5. 仕上げにフェイスパウダーを塗りパフを使って滑らせ余分な粉はブラシで取り除いて完成

まとめ

毛穴の瘢痕化のように、お肌の凸凹、どんなに高級なスキンケアをしてもマシにならなかった。。

そんなお悩みを抱えている方、一度瘢痕に向き合ってみて、出来ることから始めてみませんか?

セルフケアでは完全に改善することは難しいとされていますが、少しずつでも目立たないようにしていきましょう!

コメントを残す