洗顔はチューブタイプ・泡で出てくるタイプが主流の中、今各メーカーが力を入れているのが【固形洗顔石鹸】!

なんとなくお肌に優しく、オーガニックな感じがする洗顔石鹸。

しっかりと洗い流すことが出来るのでしょうか?

最近の進化した洗顔石鹸とはどのようなものなのでしょうか?

また、どうして今洗顔石鹸なのでしょうか?

コスパ・美容効果も最強の今人気の洗顔石鹸とは?

洗顔石鹸のメリット&デメリット

【メリット】

肌に優しい…洗浄力が強すぎる洗顔料を使うと、肌に必要な皮脂まで奪われてしまい、肌トラブルの原因になりがちです。

オイリー肌の人でも、皮脂を落としすぎることで隠れ乾燥肌となることや、大人ニキビができることもあります。

洗顔石鹸は洗顔フォームよりも洗浄力が弱いものが多く、皮脂を落とし過ぎずに、皮脂と水分のバランスを適度な状態でキープしやすいことがメリットです。

そのため、乾燥から肌のバリア機能が損なわれがちな敏感肌の人、皮脂と水分のバランスが崩れやすいニキビ肌や混合肌の人にも向いています。

また、洗顔石鹸の中でも、天然成分のみでつくられた商品は、アトピー肌などアレルギー体質の人でも安心して使いやすいです。

すすぎ残しが少ない…洗顔石鹸は洗顔フォームに比べて、合成界面活性剤が含まれていないため泡切れがよく、洗浄成分が肌表面に残りにくいこともメリットに挙げられます。

石鹸は分解されやすく、水となじみやすい性質があるので、すすぎやすく、お肌へ石鹸成分が残りにくいのが特徴です。

洗顔料といっても異物には代わりありませんので、当然肌に残留してしまえば悪影響を及ぼします。

つまり、すすぎ残しがあるとニキビをはじめとした肌トラブルの原因となってしまいます。

洗い流しやすい石鹸は、肌トラブルの予防にも効果的です。

長持ちする…洗顔フォームに比べ、固形の石鹸は「うっかり出しすぎてしまう」ということがありません。

使いすぎることが少ないため、1つの石鹸で長い間使うことができます。

ですが、固形石鹸は水に濡れたまま置いておくとどんどん溶けてしまいます。

使用後はきちんと水を切っておくのが長持ちさせる秘訣です。

【デメリット】

泡立ちにくい…洗顔石鹸は洗顔フォームと比較して、泡立ちにくい面があります。

泡立てが十分ではなく、洗顔の際に指先が直接肌に触れると、摩擦によって肌を傷める原因となります。

そこで、洗顔ネットを使用すると、きめ細かな泡がつくりやすいため、泡で顔を洗うと肌にやさしいです。

つっぱり感がでる…石鹸で洗った後のつっぱり感を感じることがあります。

洗顔時、石けんと水に含まれるミネラルが結合します。

するとその結合したものが肌に付着します。

これが肌につっぱりを感じる原因です。

雑菌が繁殖しやすい…石鹸置きに水が溜まった状態では、雑菌も繁殖しやすく、不衛生な状態になりがちです。

洗顔石鹸の使用後は水分を拭き取り、水はけのよい石鹸置きを使用して乾かします。

できれば、雑菌の繁殖を抑えるために、冷蔵庫で保管することが望ましいです。

洗顔石鹸の正しい使い方

①20秒前後で素早く・優しく・丁寧に

石鹸で長く洗顔してしまうと、汚れだけでなく必要な皮脂まで落としてしまいます。

石鹸の泡を肌に乗せて洗う時間は20秒前後で十分です。

指の腹がお顔に触れない程度に優しく泡を転がすイメージで、丁寧に素早く洗いましょう。

②しっかり泡立てる

固形石鹸を素手で泡立てるのは難しいです。

それでもたっぷりの泡で優しく洗う必要があるので、洗顔ネットを使ってしっかりと泡立てます。

③予洗い、洗い流しのぬるま湯は32度程度

温かいと感じるお湯では、必要な皮脂が流れ、乾燥を招きます。

お水でも刺激になりますし、毛穴が開かず汚れを落としづらくなります。

理想は32度程度のぬるま湯です。

体感で言うと「冷たくないけど、温かくも感じない」「常温」ぐらいです。

毛穴の黒ずみに『洗顔石鹸』

毛穴の黒ずみは単なる汚れではありません。

その為、洗えば解決するわけではないのです。

毛穴の黒ずみは、乾燥により皮膚が肌を潤そうと皮脂を分泌し、この皮脂が酸化して黒くなってしまうのです。

つまり乾燥を防ぐことが黒ずみ解消への正しいケアなのです。

もちろん、汚れ(古い角質)が残っているのも問題です。

そこで、洗顔石鹸は不要な汚れはきちんと落としつつも、洗いすぎないことが重要なのです。

人気の洗顔石鹸 厳選3つ

水橋保寿堂製薬 『いつかの石けん』

 出典:amazon.co.jp

毛穴もクスミもすっきりさせて肌つるつるに!

この石鹸には、たんぱく汚れだけを分解してくれる「プロアテーゼ」という成分が配合されています。
この成分の働きによって、毛穴の中に詰まっている皮脂や不必要な老廃物などもクリアに。

肌の隅々まで洗浄してくれるので、くすみなどを取り除いて透明感のある肌に導いてくれます。

28種類も配合されているミネラル成分が肌のバランスを整え、洗うたびに美肌に近づきます。

安全性も申し分ない低刺激な石鹸です。

常盤薬品工業株式会社 『ノブ アクネソープ A』

 出典:amazon.co.jp

洗顔石鹸でにきび予防するならこれ!

肌に必要な潤いは守りつつも、にきびの原因になる余分な皮脂や汚れをしっかり落としてくれます。

またにきびの栄養源になるといわれるアクネ菌の栄養源や、にきびを悪化させる恐れのある成分もしっかり落とします。

皮脂を取り除かないから、洗いあがりはさっぱりしながらもつっぱらず、にきびで悩む人にぜひ使って欲しい石鹸です。

またコスパも非常に良いですね。

③DHC 『マイルドソープ』

 出典:amazon.co.jp

肌に優しいのにしっかり洗顔!

ドラッグストアでもお馴染みの、DHCの洗顔石鹸です。

高い洗浄力と潤いを両立させた、肌に優しい洗顔石鹸です。

さっぱりとした洗い心地ですが、洗顔後の肌はつっぱらず、しっとりしている、洗顔石鹸ならではの機能がしっかり備わった良品です。

リピーターが多いのが特徴で、ドラッグストアだけでなく、コンビニでも買える手軽さが人気です。

まとめ

お店に行くと目移りしてしまうほど、たくさんの種類の洗顔石鹸が販売されています。

毎日使うものなので、自分に合った安心できるものを選びたいですよね!

今の洗顔料に満足していないのなら、一度洗顔石鹸に変えてみるのもいいですね。

優しく洗えるのに、しっかり汚れも落としてくれるので、期待大です!!

コメントを残す