化粧水や乳液は女性の必須アイテムですよね!

じゃあ『美肌水』は?

今、話題となっている美肌水とは、髪からつま先まで体中いたるところに使うことのできる万能化粧水です。

しかも、材料はたった3種類!簡単に手作りできてしまうらしいんです。

その効果とメリットとはなんでしょうか?

美肌水とは?

今井龍弥医師がアトピー皮膚炎の患者さんのために考案したのが美肌水のはじまりです。

正式名称は「尿素グリセリン水溶液」といい、医療雑誌「ゆびほか」で紹介後、安心して使える手作り化粧水として有名になりました。

今では、アトピー性皮膚炎に限らず、様々な肌の悩みに対して効果があることが分かっており、その優れた効き目から、子供からお年寄りまで幅広い層に支持される化粧水となりました。

市販品でも売っていますが、自分で手作りすることもできるため、お手軽さが美肌水の人気の秘密かもしれません。

美肌水の様々な効果

保湿効果

美肌水の成分はいたってシンプル、水、グリセリン、尿素。この3つだけです。

昔から保湿剤として有名だった『グリセリン』に、販の基礎化粧品やハンドクリームなどにも多く含まれる、私たちの肌に元々存在する保湿成分『尿素』を配合することで美肌水が生まれました。

グリセリンがもつ保湿効果に加え、尿素の働きで、肌の潤いを保つことができます。

角質が柔らかくなる

尿素は余分な角質を分解し取り除くので、肘、膝、かかとなど、角質が固くなりがちなところに使用すると、余分な角質を取り除き、肌を軟らかくツルツルにするという性質もあります。

また、皮膚を構成する角質細胞の中に含まれ、水分をつかまえそれを維持する役割を持っているので、角質が柔らかくなります。

ニキビ、シミの改善

ニキビには様々な原因が考えられますが、そのうちのひとつに乾燥があげられます。

美肌水の成分によって保湿効果で乾燥を防ぐことができます。

加えて、尿素の角質分解作用すなわちターンオーバーの活性化により、ニキビ跡やシミが薄くなるかもしれません。

白髪・薄毛の改善

薄めれば体のいたるところに使うことのできる美肌水ですが、なんと白髪や薄毛に対しても効果があるという口コミが広がっています。

フケなどにも効果があることから、頭皮に美肌水が効いているのでしょう。

美肌水の作り方

【材料】
   ・尿素(ホームセンターで肥料用尿素として売られています。袋に46.0粒状尿素、窒素46%等と書いてあります。価格は1kg入りで200~300円程度です。)
   ・グリセリン(薬局で市販されています。50ml入りで300~400円程度です。)

・水(水道水や精製水。蒸留水やミネラルウォーターはNG)
   ・美肌水を入れる容器(化粧品の空き瓶などフタができるものが良いです。)

【作り方】
   1.尿素50g、水200ml、グリセリン小さじ1杯を用意します。
   2.容器のフタを取り、尿素を入れます。
   3.2の容器に水を入れます。
   4.容器にフタをして、尿素が溶けて透明になるまでよく振って混ぜます。(約1分間)
   5.尿素が溶けたらグリセリンを加えて、もう一度よく振ります。
     これで、美肌水「原液」の出来上がりです。

【使い方】

  1. 顔・体に使う場合:顔に使う場合は原液を5~10倍に薄めて使いましょう。ボディに使う場合は原液でも大丈夫ですが、しみるなど刺激を感じる場合は薄めて使いましょう。また、薄める際には、尿素濃度が3%以上にならないようにしましょう。
  2. 髪に使う場合:髪はシャンプーした後よくすすぎ、その後に使います。洗面器にお湯をくんで、そこに原液を少量入れ、髪全体に行き渡るように浸しましょう。
  3. 傷に使う場合:アカギレなどに使う時は、直接つけると染みるので、オリーブオイルなどで傷をマスクしてから、その上に少量つけるようにしましょう。
  4. アトピー性皮膚炎の方は、医師の指示のもと使うようにしましょう。

美肌水のアレンジ

アロマオイルは肌につけられるものと、つけられないものがあります。

精油、エッセンシャルオイルと書いてあり天然100%のオイルだけが肌に良いものです。

人工香料やアルコールなどを含む100%でないオイルは肌荒れの原因となるので使用しないでください。

美肌水の注意ポイント

 自分の肌に合うように薄める

美肌水は原液のまま顔に使用するのは控えてください。

少しでも異常がある場合は使用を控えましょう。

また、20倍に薄めてもしみるという方はさらに薄くするか、使用をやめましょう。

とにかく美肌水を使う際は自分の肌に合った状態に薄めることを徹底してください。

※なるべく早く使い切る

美肌水は一度作ればずっと使える物ではありません。

しばらく経つと尿素がアンモニアなどに分解されてしまい、肌への刺激が強くなります。

原液は冷蔵庫での保存で約5ヶ月程度と言われていますが、少しでも異常があれば使用せず破棄した方が良いでしょう。

※使いすぎない

美肌水がいくら効果的とはいえ、過度な使用は厳禁です。

なぜなら尿素グリセリン水溶液の「尿素」には角質を剥がす力があるからです。

古い角質が取れるので美肌になりますが、使い過ぎると新しい物まで剥がしてしまいます。

それによって肌がダメージを受けやすい状態になってしまうのです。

まとめ

たった3種類で簡単にお家で作れる美肌水!

かなり魅力的ですよね!!

しかし、コスパも良く全身に使える『美肌水』ですが、お肌の状態によっては刺激が強い可能性があります。

その分、効果が高いとも言えますが、気になる方は市販でも美肌水が作られているので安心に使える、自分に合った美肌水を選びましょう!

コメントを残す