【BBクリーム】に続き最近では【CCクリーム】も多く目にするようになってきましたね。

両方化粧下地ということはわかっているけど、いまいち違いがわからない。。

という方もまだまだ多いと思います!

実はBBクリームにもCCクリームにもそれぞれの特色があり、メイクの仕上がりが違ってくるのです。

二つの特徴を知って、自分のお肌悩みに合った方を選びましょう!!

BBクリームとCCクリームの違いとは?

BBクリームの特徴

BBクリームの「BB」は、ブレミッシュバーム(Blemish Balm)の略。

Blemishは「傷」や「欠点」という意味を持つ単語で、本来BBクリームはピーリング跡や傷など隠す軟膏として処方されていましたが、いつしかコスメアイテムとして発売されるようになりました。

BBクリームは化粧下地、日焼け止め、ファンデーション、コンシーラー、美容液などの機能を兼ね備えたオールインワンのメイクアイテムとして使われています。

  • 一本でベースメイクが完了できるので、メイク時間が短縮される。
  • ファンデーションとしてのカバー力に優れている。
  • マット感があるしっかりとした仕上がり。
  • 重厚感ある仕上がりになるので、冬のメイクアイテムとしておススメ。
  • 紫外線をカットして肌を守る
  • 気になる部分に重ねるとコンシーラーの役割を果たし、きれいな肌色に仕上がる。

こんな方にはBBクリームがおすすめ

  • ベースメイクはカバー力重視という方
  • リキッドファンデーションのようにしっかりとカバーしたい方
  • 気になる部分的な肌悩みをカバーしたい方(シミ・そばかす・ニキビ跡など)

CCクリームの特徴

CCクリームは、BBクリームの人気を受けて類似品として化粧品会社が開発したメイク用品で、「Color Control (カラーコントロール)」や「Color Condition (カラーコンディション)」、「Care Control (ケアコントロール)」など販売元により名称や解釈が違いますが、肌色を補正し明るく見せるメイクアイテムであるところはBBクリームと同じです。

メーカーやブランドによって定義はやや違いますが、主に肌色補正、スキンケア、日焼け止めなどの機能を兼ね備えており、BBクリームよりも軽くナチュラルな仕上がりになるクリームです。

  • 保湿成分やアンチエイジング成分が入っており、スキンケア効果重視
  • 厚塗り感がなく、透明感の高い自然な仕上がり
  • ツヤ感を与えて、肌の色味をコントロールする。
  • 軽い使用感で、肌への負担が少ない。
  • 薄付きで肌を整える化粧下地としての役割が高い。
  • 肌が弱い方や乾燥肌の方、くすみが気になる方などにおススメ。
  • さっぱりとしたベタつきのない仕上がりなので、夏のメイクアイテムとしておススメ。
  • カバー力よりもスキンケア効果が高いので、夏の紫外線や冷房などで弱りがちな肌を保護する効果がある。

こんな方にはCCクリームがおすすめ

  • 素肌感のある仕上がりがお好みの方
  • 乾燥によるくすみや肌色の悪さが気になる方
  • ファンデーションを使うほどではないけど、肌をきれいに見せたい方
  • 軽めの付け心地を求める方
  • メイクはナチュラル仕上がりが良い方
  • お肌の色むらや赤みをナチュラルに隠したい方

BBクリームとCCクリームの効果的な使い方

BBクリームもCCクリームも、パール粒1個分が目安です。

BBクリームの使い方

化粧水で肌を整え、おでこ、両頬、鼻、あごの5点にクリームを置いて内側から外側へ伸ばすように広げます。

目周りや口周りなどよく動く場所は少なめに塗っておくとヨレにくくなります。

日焼け防止も兼ねているため、首まで塗ってあげましょう。

仕上げにフェイスパウダーを使うと長持ちしますよ。

CCクリームの使い方

BBクリームと同様に化粧水でお肌を整えた後、おでこ、両頬、鼻、あごの5点にCCクリームを乗せて、内から外に伸ばします。

カバー力は控えめなので、気になる部分はコンシーラーなどを使いましょう。

最後に、フェイスパウダーで仕上げるとナチュラルな仕上がりになり、ファンデーションで仕上げるとしっかりとしたメイクに仕上がります。

まとめ

お肌のお悩みや季節によって使い分けられる、BBクリームとCCクリーム。

最近ではプチプラでもかなり優秀なアイテムがたくさん発売されているので、カバー力がより強いものや美容成分が豊富に入っているものなど、自分のなりたいお肌に合ったものを選ぶのも楽しいですよね!

コメントを残す