サプリや美容成分の先駆けとして有名になったのが、【ローヤルゼリー】。

一度は聞いたことや、試したことがある方も多いのではないでしょうか?

でも実際にはどのくらい効果があるのでしょう?

実は、健康・美容にいいとされる『ハチミツ』『マヌカハニー』に並んだ愛され続ける納得の理由があったんです!

その理由とはなんでしょうか?

ローヤルゼリーとは?

ローヤルゼリーは、よく「はちみつの中の高級品」や「はちみつの最高峰」のように勘違いされることがありますが、実際には全く別物です。

働きバチの唾液腺から分泌される、濃厚なクリームのような物質で、女王蜂の幼虫や女王蜂のエサとなるものです。

たんぱく質やアミノ酸が多いほか、果糖やブドウ糖、脂肪、ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれており、女王蜂が働き蜂に比べて長生きで体が大きくなるのは、このローヤルゼリーのおかげではないかと言われています。

女王バチは毎日1500個もの卵を産むとされていますが、その高い身体能力もまた、エサとなるローヤルゼリーの豊富な栄養によるところが大きいのです。

ローヤルゼリーの美容効果とは?

ニキビや毛穴を目立たなくしてくれる

 

ローヤルゼリーにはデセン酸と言われるホルモンバランスを整えてくれる成分が含まれていますので、これが女性ホルモンの働きを良くしてくれるのだということです。

さらに、アセチルコリンという成分は、余分に出てしまう皮脂を抑えてくれる効果があるのです。

同時に肌を作り出す効果の高いビタミンB群や、豊富なアミノ酸がニキビや角栓・黒ずみが起きる現象も抑制してくれるのです。

さらに、ローヤルゼリーは肌の保湿力を高めてくれる効果がありますので、乾燥によるニキビや毛穴の開きなども発生しにくくなるのです。

新陳代謝を活発にしてお肌を若返らせる

ローヤルゼリーに含まれる、細胞の代謝を促す効果のあるアピシンと、若返りのホルモンといわれる、類パロチンによる効果が大きいといえます。

アピシンは、ある実験によれば、たった一晩で細胞の数が5倍になるほどに代謝促進の効果があり、さらには抗酸化作用によって細胞の酸化を防いでくれると言われています。

また、パロチンは、25歳くらいまでは盛んに分泌されているのですが、加齢によって徐々に減少してしまいます。

ローヤルゼリーに含まれる類パロチンは、このヒトの体内にあったパロチンに代わって、細胞が生まれるのを促進する働きがあるのだそうです。

肌の老化を防止&改善する

肌の老化を進行させる物質に、活性酸素があります。

活性酸素は非常に強い酸化力を持つ物質で、体内で増えすぎると細胞を傷つけて肌の老化を早めます。

ローヤルゼリーに含まれるビオプテリンには、活性酸素を中和する強い抗酸化作用があります。

ビオプテリンの働きによって、活性酸素を減少させ、肌の老化を防止&改善されていきます。

ローヤルゼリーのデメリット

※ローヤルゼリーにはたくさんの成分が含まれているので、その成分の中の自分に合わない物が体で拒否反応を起こしてしまいアレルギー症状で出てくる方もいます。

※ローヤルゼリーは健康食品なので、摂取してすぐに効果があるものではありません。

ローヤルゼリーはとても希少な物質のため、その分値段が少し高めです。

長く無理なく続けるためには、価格も確認してから始めましょう。

まとめ

ローヤルゼリーは噂どおり、健康にも美容にも優れた成分がたくさん詰まっていましたね。

特に、最近お肌が疲れ気味。。

そんな方、女王様気分で、ちょっと贅沢にローヤルゼリー試してみませんか?

コメントを残す