グリチルリチン酸2Kという成分をご存知ですか?

この成分は皮膚科でも使用される成分で、最近では多くの化粧品にも含まれるようになりました。

グリチルリチン酸2kとはどのような成分なのでしょうか?

メリットやデメリットは?

グリチルリチン酸2kとは?

『グリチルリチン酸ばれ、漢方の原料としても知られる甘草の根に含まれる成分で、炎症を抑え、肌荒れやニキビのケアに効果を発揮します。

その特性を生かして、日焼け止めや化粧水、風邪薬などさまざまな製品で使われており、最近はシャンプーなどにも配合されており、頭皮環境を整え、健康な毛髪へ導く効果が期待されています。

グリチルリチン酸のメリット

ターンオーバーの正常化

グリチルリチン酸ジカリウム自体には肌に起こってしまった色素沈着を薄くしたり、メラニン生成を抑える抑制効果はありません。

ただし防ぐ抗炎症作用や抗アレルギー作用によって肌荒れを抑えてくれる効果を期待することができます。

グリチルリチン酸ジカリウムが配合されている美白化粧品を利用すると従来のスキンケアよりも肌の再生を助けるターンオーバーを正常化させることが出来るメリットがあります。

ニキビの予防&改善

グリチルリチン酸、消炎効果や解毒作用、抗アレルギー作用などの効果があります。

化粧品に含まれているのは皮膚科で使用されている成分と比較すると大変少量ですが、お肌が荒れがちな敏感肌の炎症を予防するには最適なのです。

ニキビに対しても効果的で、炎症を抑えながら痛みを緩和していることに期待できるでしょう。

お肌の黒ずみができにくくなる

グリチルリチン酸によって、ターンオーバーが活発に働くようになると、肌内部の古い角質や老廃物などを排出されやすくなるためより短期間で元の肌色に近づけることが出来るようになります。

また肌質の正常化が進めば少しの刺激でもダメージを受けにくいしっかりとした強い肌質になるので、黒ずみ自体が出来にくくなる特徴があります。

グリチルリチン酸のデメリット

パッチテストを行ってから使用する

グリチルリチン酸2Kは、皮膚刺激性や毒性はほとんどなく、アレルギーの報告もほとんどありません。

したがって、基本的には安全性の高い成分です。

特に、化粧品のグリチルリチン酸2Kの含有量は5%未満と薬機法(旧薬事法)で定められているので、副作用の心配は極めて少ないと考えられます。

ですから、普通肌、脂性肌はもちろん、敏感肌やインナードライ肌、乾燥肌、混合肌のどの肌質にも使える成分です。

しかし、誰にでも全く安全とは言えません。

ごくまれに接触性皮膚炎が起こったり、かゆみが出る、赤みがでる、肌荒れが起こるなどの可能性も100%は否定できません。

パッチテストを行ってから使用するようにしましょう。

使用量をしっかり守る

グリチルリチン酸ジカリウムは服用量が1日に40mgを越えてしまうと、偽アルドステロン症という症状が起こりやすくなる特徴があります。

また肌に使用する化粧品の含有量は100gあたり0.5%未満と薬事法できちんと決められているので、高い効果を得ようとして大量に使用することはせずに、決められた用量を守って利用すれば副作用を心配せずに安全に使用することが出来ます。

まとめ

グリチルリチン酸の効果や安全性をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

次から次へと美肌成分が出てきて、どの成分がいいのか迷っちゃいますが、自分に合った化粧品を見つけるのも楽しいですよね!

グリチルリチン酸は植物由来の成分なので安心して使用できます。

コメントを残す