今様々な方面で話題になっているのが、『ナイアシン』です。

体の調子を整えるだけでなく、美肌にもなれる成分として大注目なんです!!

本当にそんな効果がみられるなら、ぜひ試してみたいですよね。

『ナイアシン』、初めて聞く方も多いと思います。

どのような成分で、どのような効果があるのでしょうか?

ナイアシンとは?

ナイアシンとはニコチン酸とニコチン酸アミドの総称でビタミンBの一種です。

別名ナイアシンアミドともいわれます。

酵素の働きを助ける、血液促進させる、鬱の治療にも使われるなど、さまざまな分野で活躍する成分です。

「心の病を治すビタミン」や体を健康に若返らせる「若返りビタミン」として注目を集めています。

ナイアシンの効能

コラーゲンの生成を促進する

コラーゲンはアミノ酸から生成されますが、その時にビタミンCが必要になりますが、ビタミンCだけでなく、さらにナイアシンを摂ることでコラーゲンの生成がさらに促進され、プルプルのお肌を保つことができるのです。

血行の改善

ナイアシンには毛細血管を広げる作用があるため、手足の末端まで血行を改善してくれるそうです。

血行改善効果があるので、冷えや肩こりを予防する効果もあります。

さらに血中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きもあるので、動脈硬化やメタボリックシドロームを防ぐことが出来るそうです。

抗酸化作用が高い

活性酸素によるお肌の酸化は、いわゆる「錆び」とも言われ老化の元。

ナイアシンを摂ることで活性酸素を抑え、体の錆を除去することができます。

また、その他にもナイアシンには、皮膚や粘膜のターンオーバーを促進することでこれらの組織を保護する働きがあります。

精神病の改善効果

脳内には神経を伝達するセロトニンという物質が存在し、ナイアシンはこのセロトニンの合成に使用されています。

そのセロトニンが欠乏すると、脳や神経の活動を低下させてしまい、これが「うつ」の原因の一つとされているため、ナイアシン不足がうつを引き起こしている可能性もあるそうです。

その他にもナイアシンには不眠解消の効果もあり「快眠のビタミン」とも呼ばれていて、自律神経のバランスを保ち、神経を落ち着かせる効果もあるそうです。

毛穴の開きの改善

ナイアシンの毛穴開き予防効果としては、血液循環をよくする、皮膚や粘膜の代謝を促すなどがあり、冷え性や肩こり・頭痛などの予防に効果があると言われています。

ナイアシンを多く含む食材

ナイアシンは水溶性の栄養素で、不要な分は体外に排出されてしまいます。ナイアシンの効果をしっかりと感じたい方は、こまめに摂取するのがおススメです。
ナイアシンの多い食品は、

  • マグロ
  • カツオ
  • サバ
  • レバー(牛、豚)
  • マイタケ
  • ピーナッツ
  • 大豆
  • ゴマ など。。

ナイアシンは肉類や魚類にも多く含まれているため、バランスのいい食事をしていれば不足することはないと言われています。

しかし、美肌のために、もっとナイアシンを摂りたいという方は、これらの食品をしっかり食べるようにしましょう。

ナイアシンを摂取するときの注意点

しかし、ナイアシンには血管拡張作用があるため、ナイアシンを大量に摂ると、人によっては一過性で顔面紅潮、上半身のほてり、かゆみ症状が現れることがあるそうです。

これをホットフラッシュといい、ナイアシンのうち、ナイアシンアミドはこのホットフラッシュが出にくいといわれているそうです。

空腹時に飲むと、人によっては「気持ちがいい」「効いてる感じがする」「身体が暖まる」「頭がスッキリする」と効果的に感じる人も多いそうなので、これをナイアシンフラッシュと呼ぶそうです。

ただ、このナイアシンフラッシュは人によっては合わなくて具合が悪くなることもあるみたいなので、ナイアシンを摂取する時は食後に摂るのが良いと思います。

まとめ

ナイアシンにはうれしい効果がたくさんあるんですね!

多くの美味しい食材から摂取でき、また最近ではサプリメントなども豊富に販売されています。

自分のライフスタイルに合った形で積極的に摂取しましょう!!

コメントを残す