最近SNS上で密かに人気が高まっているのが、【潜水法】【お粉おばけ】です。

どのように行うのでしょうか。

実は、お家にあるもので簡単にすぐ試せるメイク方法なのです!

その方法と効果とは?

潜水法のやり方とは?

①下地をつける

UV加工のされた下地を使えば日焼け止めいらずで、重ね塗りは崩れる原因になるので、日焼け止め+下地のタイプのものを選ぶとよりくずれにくくなります。

②クリームorリキッドファンデをつける

潜水法でお勧めは、クリームもしくはリキッドタイプのファンデーションでベースを作る方法です。

指先につけたらくるくると馴染ませ、全体に塗り広げます。

気になる部分は重ねてぬるのではなく、カバー力の強いコンシーラーをのせます。

③パウダーをつける

ファンデーションを塗った後はパウダーをたっぷりと塗ります。

手持ちのルーセントパウダーがない場合はベビーパウダーでも代用できます。

顔が真っ白になってしまうくらいに塗って行きましょう。

色付きのパウダーを塗り過ぎるとメイクが仕上がった時に顔の色だけが浮いてしまうので、透明か白、少しだけ青みがかったパウダーが良いです。

④水に顔を浸す

 

洗面器、または洗面台に水を張り30秒程潜ります。

(使用する水はお湯や冷たすぎる水ではなく、ぬるま湯で行いましょう。)

⑤余分な水分を吸い取る

擦らないように水分をティッシュで優しく吸い取るか、自然乾燥させれば完成です。

お粉おばけのやり方とは?

①化粧下地+日焼け止めを塗る

②ファンデーションを塗る

カバー力のあるクリームファンデーションスティックファンデーションを使いましょう。

ただし、リキッドは水分が多いのでカバー力が弱くあまりオススメはしません。

③パウダーをつける

お粉おばけの名にふさわしいくらい、思い切りお粉を顔にはたきましょう。

「うわ、顔が真っ白!」と思うくらいがベストです。

④顔の上にティッシュを一枚乗せる

⑤水スプレーを顔全体に吹きかける

水スプレーは顔から水が滴る直前までかけます。

ティッシュで余分な水分をきちんと拭き取ることで、しっかりカバーができ、厚ぼったく見えない肌に仕上がるのです。

(化粧水スプレーが無い場合は、霧吹きなどで化粧水または水を吹きかけましょう。)

【潜水法】【お粉おばけ】のメリット&デメリット

・メリット

ファンデーションはいったん濡らすことで毛穴の奥にまで浸透し、密着する性質を持っているので、日中汗をかいたり、海やプールといった水をかぶっても、テカリや、メイク崩れが防げます!

また、ファンデーションが密着しているので、ツルツルと毛穴レスな陶器肌が作れます。

・デメリット

テカり防止には抜群のメイク法なのですが、乾燥しやすくなってしまうので乾燥肌の人が普段のメイク法に取り入れるのは少し難しいかもしれません。

また、顔の産毛は肌と下地に挟まれるため、下地の密着度を下げてしまうので、顔に産毛がある人は事前に剃毛や脱毛しておく事で潜水法の効果がアップします。

まとめ

これからは、パウダーと水をいつものメイクにプラスするだけで、一日中メイク崩れなしの憧れの陶器肌が手に入ります!

せっかくメイクしたのに水でぬらすなんて。。と不安な方も一度、だまされたと思ってやってみてください。

海や運動の時も怖くない!

完璧な自分を作れますよ!!

コメントを残す