飲み会のお供として有名な【ウコン】。

実は、美容成分がたくさん含まれているってご存知でしたか?

二日酔い防止以外にどのような効果があるのでしょうか。

ウコンの新たな活用方法をご紹介していきます!!

ウコンとは?

ウコンはショウガ科ウコン属の多年草。

種類豊富なウコンは、現在50種類ほどあり、その中でも健康に効果的なのは、春ウコン・秋ウコン・ガジュツ(紫ウコン)の3つと言われています。

収穫時期の違いで春ウコン・秋ウコンと呼ばれていると勘違いしてしまいそうですが、これらは植物として種類も用途も違うものになります。

漢方として古くから使われてきたのは、春ウコンとガジュツになり、秋ウコンは英語名でターメリックと呼ばれ、カレーなどの香辛料として使われています。

また秋ウコンには、精油成分であるクルクミンが他のウコンよりも多量に含まれていると言われています。

味にも違いがあり、春ウコンとガジュツはとても苦い味がするのに対し、秋ウコンはそれほど苦くないため、健康食材として用いる場合は、春ウコンとガジュツは錠剤、秋ウコンはお茶などに向いていると言われています。

ウコンのお肌への嬉しい効能【クルクミン】

ウコンには、カレー特有の辛味と黄色の色を出す「クルクミン」という物質が含まれています。

この「クルクミン」には、抗腫瘍、抗炎症、抗がん作用や老化防止などに効果的と胃荒れており、生理痛、生理不順を和らげてくれるのです。

また、インドでは、結婚を控えた女性が、輝くお肌を作るためにウコンを肌に塗る用途にも使用されています。

クルクミンの美容効果は以下のようなものがあります!

クルクミンの効能のなかで、もっとも注目されているのが抗酸化作用です。

老化の原因となる活性酵素(体内のさび)を抑制することで免疫機能が改善され、アンチエイジング効果があるといわれおり、顔のシミ・しわ・くすみの改善、コラーゲンを守りハリのある肌を取り戻す美肌効果も期待されています。

  • 外線による肌の老化(日焼け、しみ等)を防止する
  • 肌の乾燥を改善して潤いをアップする
  • 毛穴の開きや小鼻の黒ずみなどお肌の気になる部分も改善する
  • 体調を整え、疲労感を軽減する

⇒クルクミン以外にも、ウコンの精油成分には疲労回復、肌荒れ防止、アンチエージング効果があるといわれています。

ウコンパックの方法

・材料

ウコン粉末・・・小さじ1
はちみつ・・・小さじ1
ヨーグルト・・・大さじ1

・方法

1. お手入れの前に、メイクは落としておきます。ホットタオルなどで肌をあたためて毛穴を開いた状態にしておくと、より効果的です。
2. よく混ぜ合わせたパックを顔全体に(できれば首にも)のばします。
3. パックが軽く乾いてくるまで、約10分ほどそのままにします。
4. ぬるま湯で洗い流します。
5. 通常の保湿をします。

・注意ポイント

※ウコンの黄色が色移りすることがあるので、汚れてもいい服・タオルで行いましょう。

※目の周りなど皮膚が薄いところは敏感なので、避けて塗りましょう。

まとめ

お酒を飲むときにだけ、使うイメージだったウコンですが、美容にも効果的だったんですね!

最近は錠剤や粉末、ドリンクタイプなど摂取しやすくなったので、自分に合った方法で摂取してみてください。

コメントを残す