冬は外の温度が下がり、体が冷えますよね。

でも、実は夏も体が冷えてお肌や体調を崩す方も多いんです!

その理由は、クーラーや冷たい飲み物を多くとることで体の中から冷えてしまうんです。

体の冷えがお肌にどのように影響するんでしょうか?

冷え性とは?

体が冷えると体温を維持しようと、全身の血管がぎゅっと縮みます。

血管が縮めば血流が悪くなるので代謝は下がっていくばかりで、さらに体は冷えてしまう悪循環に陥ります。

すると体の隅々に栄養が行き渡らなくなり、老廃物が溜まっていきます。

それにより、細胞や臓器の働きが低下するので、肌トラブルや体の至るところに不調として現れるのです。

女性に冷え性が多い理由

男性にも冷えで悩む人はいるものの、圧倒的に女性の割合が高いのには、次のような理由が考えられます。

  • 筋肉量の少なさ
  • 身体を冷やしやすいファッション
  • 女性ホルモンの影響

女性は、男性と比べて筋肉量が少ないため、筋肉で熱をつくり出す力が弱いと考えられています。

また、スカートや首周りがあいたトップスのような女性が好むファッションも、冷えを招く原因につながります。

そして、ストレスや不規則な生活など、ちょっとしたことでホルモンバランスは崩れてしまいます。

ホルモンバランスの乱れは自律神経にも影響を及ぼし、体温調節がうまくいかなくなって身体が冷えるのです。

冷えからくるお肌トラブル

・毛穴が開く

冷え性が毛穴の開きに関係している理由は、肌のターンオーバー(新陳代謝)にあると言われています。

ターンオーバーとは古い細胞が新しい細胞に入れ替わる機能のことで、ターンオーバーが乱れてしまうと毛穴に詰まった皮脂が排出されずに毛穴に残ってしまい、それが毛穴の黒ずみや角栓になり、毛穴が開く原因になってしまうのです。

ターンオーバーは加齢やストレス、不規則な生活などが原因で乱れてしまいますが、冷え性による血行不良もターンオーバーが乱れる原因の1つです。

・ニキビ、シミ、アザの原因に

ターンオーバーによって再生されない肌には、古い角質が溜まります。

すると、くすんだりごわついたりするだけでなく、ニキビや吹き出物ができたり、メラニン色素が沈着しやすくなり、シミができやすい状態になったりもします。

また、冷えによって縮んだ血管のせいで、渋滞する血液は毛細血管を広げるため、赤ら顔になったり、クマをつくったりなどのトラブルにつながることになります。

渋滞に耐えられなくなった毛細血管が破れ、アザになってしまうこともあります。

冷えを解消する効果的な方法

①スキンケアの前に蒸しタオルを使って血行を促す

スキンケアをする前に蒸しタオルを使うことで、スキンケアの働きをサポートすることができます。

タオルを水で湿らせて固く絞ったら、電子レンジで30秒くらい加熱して、蒸しタオルを用意しましょう。

そして、顔に乗せられる温度になったら、タオルで顔を覆いましょう。

洗顔をする前に、蒸しタオルでこのように顔を温めると毛穴が開きやすくなるので、毛穴の奥に詰まった皮脂が落ちやすくなります。

さらに、洗顔後にもう一度蒸しタオルを顔に当てることで、スキンケア用品の保湿成分や美容成分の浸透をサポートすることができます。

②お風呂はぬるめのお湯にゆっくりとつかる

毎日の「入浴」は体の芯から温めることが出来ます。

しかし「体を温めるため!」と、湯船の温度を上げすぎてしまっては、逆に皮膚のバリア機能を壊してしまい、肌の乾燥や肌荒れを招く要因となってしまいます。

湯船の温度はなるべくぬるめにして、長めにゆっくりと浸かるのがコツです。

38~40℃くらいのぬるめのお湯に20分程度ゆっくりつかることで、血管が広がり、身体の表面だけでなく深部まで温めることができます。

③体を温める食事を心がける

冷たい飲み物や食べ物を多くとる習慣を持っていると、身体が冷えてしまいます。

冷え性改善を目指すためにも、できるだけ温かい食べ物をとるよう心がけましょう。

飲み物や食べ物の中には、身体を冷やすものと身体を温めるものがあります。

身体を温める飲み物には、ほうじ茶・中国茶・紅茶など、そして、身体を温める食べ物には、ごぼう・たまねぎ・かぼちゃ・にんじん・生姜・にんにく・ねぎなどの野菜は、などがあります。

身体の冷えが気になる場合には、これらの食品を毎日の中に上手に取り入れるようにすると良いでしょう。

まとめ

体の冷えは、お肌のトラブル以外にも免疫力の低下、生理不順、むくみなどを引き起こします。

美肌や、健康のためには一年を通して、冷え対策が必要ですね!

コメントを残す