ふと気づいたときに、自分の顔から異臭が出ていることに気づくことありませんか?

それは、毛穴の中から出てくるものかもしれません!

顔が臭うなんて、気持ちが上がりませんよね?

原因を知って、すぐ改善していきましょう。

顔が臭う原因とは?

①皮脂の酸化

顔が臭い原因のひとつとして、皮脂の酸化が考えられます。実は、皮脂自体は、ニオイがあるものではないとされています。

しかし、そのままにしておくと酸化し、臭いニオイの原因となってしまうと言われているのです。

家庭で使う食用油もそうですが、油は古くなると臭くなりますね。人間の油、つまり皮脂も同じです。

特に男性は、女性より皮脂量が多いとされているため、臭いニオイが発生しやすいと考えられるでしょう。

ケア方法⇒皮脂はご存知の通り、脂肪分や糖分の多い食事、肌の乾燥、ストレスなどが重なると増えてしまうので、酸化する前に、皮脂の分泌を抑えましょう!

②加齢

加齢臭は皮脂の酸化が原因とも言われています。

ろうそくのようなニオイ物質である「ノネナール」は、40歳以降に増加する皮脂成分(ヘキサデセン酸)が酸化することで発生します。

ケア方法⇒ノネナールは毎日、洗い流すことが必要ですが、水に溶けにくく、しかも洗い流しにくいため、ぬるめのお湯などで丁寧に余洗いすることが大切です。

③毛穴の詰まり

毛穴が詰まり、皮脂が皮膚面に排出されずに長時間とどまると、活性酸素で酸化されて「古い油のニオイ」になるのです。

さらに、古い皮脂が長時間、毛穴の出口に留まると、古い油を好物とする、黄色ブドウ球菌やカビが増加して、皮脂を分解し、通常の常在菌である表皮ブドウ球菌の分解する脂肪酸より、一段とニオイの強い脂肪酸が発生するのです。

ケア方法⇒ホットタオルなどで毛穴を開いてから、良く泡立てた洗顔料で丁寧に洗顔することが一番です。

すべての根源!皮脂の酸化を防ぐ方法

・洗顔方法を見直す

油分が気になるからと1日に何度も洗うことで、乾燥から肌をまもろうと過剰な皮脂が分泌されるため酸化させる原因となります。

・保湿などのスキンケア

肌は水分がなくなり始めると、乾燥を防ぐために皮脂を大量に分泌します。

コラーゲンやセラミドなどの保湿剤が配合されたスキンケアを使うようにしましょう。

・皮脂の過剰分泌を抑える

中性脂肪の多い食品は皮脂を過剰に分泌させるので控えましょう。

睡眠不足やストレスは男性ホルモンを刺激し皮脂の過剰分泌を促しますので気をつけましょう。

・酸化する前に皮脂を取り除く

あぶらとり紙やティッシュで余分な皮脂を取り除きます。

強く押し当てると、刺激を与え皮脂が多く分泌してしまうので、優しく抑えるようにしましょう。

・体の内側から臭い対策

腸内環境を整える食物繊維やオリゴ糖を含む食品 ​たまねぎ・キャベツ・ジャガイモ・ごぼう​など​で臭いの素になる、たんぱく質を分解する悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことで臭いケアにします。

​緑茶・紅茶・ルイボスティー・ごま・トマト​など​酸化を防ぐ、抗酸化作用のあるものを取り入れましょう。

まとめ

夏は特に皮脂の分泌量が増えて、気温が高いために酸化もしやすい季節。顔の臭いが気になる時期です。

早めのケアで皮脂の酸化を未然に防ぎましょう!

コメントを残す