【エラスチン】ご存知でしょうか?

実はこの成分、お肌のケアにとって欠かせないものなのです。

エラスチンとは?

エラスチンは線維状のタンパク質で、体内では主に、コラーゲン同士を結びつけて網目状に構成する働きをしています。

構成されたものは、ゴムのように伸縮する性質があり、肌の弾力や柔軟性はエラスチンがあるからこそと言えます。

表皮の内側にあり、肌の本体ともいわれる「真皮」の成分であることは知られていますが、ほかにも靭帯や血管、肺など伸縮性が必要な組織には欠かせない存在です。

エラスチンと毛穴の関係

エラスチンは、毛穴のケアにも最適です。

コラーゲンの効果が存分に発揮されれば、お肌の張りが戻り、また、毛穴を引き締める力もお肌に戻ってきます。

この効果を十分に発揮させるのにはエラスチンが必要です。

つまり、エラスチンをきちんと摂取することによりコラーゲンの力を効率的に発揮することができ、最終的に毛穴を引き締め、目立ちにくくしてくれるというわけです。

エラスチンの注意ポイント

①肌におけるエラスチン含有量は20代後半をピークに減少していきます。

コラーゲンと同じように40代を過ぎると急激にその量は減少していきます。

②紫外線やストレスなどで蓄積される活性酸素も、エラスチンやコラーゲンなど肌組織にもかなりの悪影響を与えます。

肌のハリや弾力性がなくなってしまい、シワやたるみの原因につながります。

③エラスチンが減少すると、体のしなやかさが失われたり、血管が老化するなどといった症状が現れます。

④エラスチンはコラーゲン同様、分子のサイズが大きいため、口からの摂取が難しいといわれています。

対処方法

・線維芽細胞に悪影響を与える活性酸素を叩くには、抗酸化作用のある栄養素を積極的にとり入れることが効果的です。

抗酸化作用にある栄養素としては、ビタミンAやC、E、アミノ酸化合物のペプチド、ポリフェノールやコエンザイムQ10などがあげられます。

日頃から栄養バランスの取れた食生活を送ることで、ある程度の量を摂取することができますが、食品だけでは補えないと感じるときはサプリメントを活用しましょう。

・エラスチンを肌に直接浸透させ続けることにより、高い保湿力でハリを実感できるようになります。

エラスチンだけで摂るよりもコラーゲンと一緒に摂る事で、より一層肌にハリを与えてくれるようになります。

また、化粧品を選ぶとき、コラーゲンは肌の水分を保つヒアルロン 酸をサポートする役割があるので、より良い効果を実感するためには、ヒアルロン酸+コラーゲン+エラスチンが入っているかを、確認しましょう。

まとめ

エラスチンは不足分を補うのではなく、減少を抑えることが大切だと言われています。

エラスチンの減少を防ぐためには、抗酸化作用のある栄養を積極的に摂取していきましょう!

コメントを残す