今ひそかに美容女子の間で話題になっている成分が【亜鉛】です!

普段見過ごせれがちな栄養素ですが、実は本当に優秀なんです。

肌荒れ・ニキビ・乾燥などの肌トラブルに【亜鉛】が改善の鍵になるかもしれません!

今回は、亜鉛の実態をご紹介します。

亜鉛とは?

亜鉛は体内に約2000mg存在し、主に骨格筋・骨・皮膚・肝臓・腎臓などにある成分です。

タンパク質の合成に関わる酵素の材料として使われます。

人間の体に必要とされている必須ミネラル16種に含まれますが、亜鉛は体内で作り出すことが出来ないため、食事から積極的に摂取する必要があります。

また、有害物質を捕まえて、毒性を抑え、排泄させるたんぱく質の誘導役でもあり、デトックスサプリとしても注目されています。

不足するとさまざまな症状を起こすことがあります。

亜鉛の働きとは?

①味覚を正常に保つ

舌にある「味蕾(みらい)」という受容器官で私たちは味を感じとります。

亜鉛はこの味蕾の中の味細胞において、重要な働きを占めています。

味細胞は短期間で細胞を次々生まれ変わらせているため、材料となる亜鉛を常に必要としています。

亜鉛を十分に補うことで、味蕾の働きを保つことができます。

⇒亜鉛が不足すると、味覚障害を起こす可能性があります。

②お肌のターンオーバーを正常に保つ

亜鉛は体の中でいろいろな酵素の成分になります。

酵素が十分だと、食べ物の消化・吸収を良くする消化酵素の働きがよくなり、栄養をエネルギーに変える代謝酵素の生産量がアップします。

代謝酵素が全身に行き渡ることで、新陳代謝が活性化されるのです。

そして、新陳代謝=ターンオーバーが正常に行われるとお肌も新しく生まれ変わりやすくなります。

⇒亜鉛が不足すると肌トラブルが起きやすくなります。特にニキビは、肌の新陳代謝、つまりターンオーバーが正常に行われず、古い角質などが毛穴に詰まり、毛穴内でアクネ菌が活性化することによって発生します。

髪の毛や爪が生えるのを促す

皮膚や髪・爪もタンパク質からできています。

亜鉛を摂取することで、タンパク質を多く作りだし、皮膚や髪・爪も新陳代謝が速いペースで行われるため、亜鉛を積極的に摂ることで美肌・美髪効果につながります。

⇒亜鉛が不足すると、髪の毛が抜けやすくなったり爪が割れたりしやすくなります。

傷の治りを早くする

亜鉛は、新しい細胞を作る司令塔の役目をし、皮膚の正常化を助けます。

このため、たんぱく質の合成を促し、細胞の合成を良くして傷を早く治りやすくするのです。

また、皮膚のケラチン組織を作り、皮膚を丈夫にするとも言われています。

⇒亜鉛が不足すると、傷の治りが遅くなります。

⑤抗酸化作用

亜鉛は体内のビタミンAの代謝を促します。

ビタミンAの抗酸化作用の活性化を促し、過酸化脂質の害を防ぐことで、アンチエイジング・生活習慣病予防にも効果が期待できます。

⇒亜鉛が不足すると、免疫力が落ちて風邪をひきやすくなったり、アレルギー症状が出やすくなる

⑥コラーゲンの合成

体の中でアミノ酸からコラーゲンを合成するときには、必ず亜鉛を消費します。

コラーゲンの材料がいくらあっても亜鉛が足りなかったらコラーゲンがつくられることはないのです。

⇒亜鉛が不足すると、お肌にハリがなくなっていきます。

亜鉛を多く含む食材

・豚レバー

・牛肉

・カキ

・あさり

・ひじき

・納豆

・ナッツなど

⇒ビタミンCやクエン酸と組み合わせて摂ると吸収が一段とアップします!

まとめ

亜鉛は生きていく中で欠かせない成分でありながらも、実はほとんどの方が欠乏していると言われています。

亜鉛にはうれしい効果がたくさんあるので、積極的に取り入れて、内から美肌を手に入れましょう!

コメントを残す