アロエには毛穴を引き締める効果があるといわれているのご存知ですか?

ドラッグストアなどでアロエ化粧水をよく見かけますよね!

実際には、どのような美容効果があるのでしょうか。

今回は、アロエ化粧水が毛穴にどのような効果があるのかについてお話していきます。

アロエと美肌効果

アロエの殺菌・抗炎症作用でニキビケア

アロエには優れた抗菌作用があり、ニキビ予防に向いていると言われています。

また、お肌の細胞が生まれ変わるのを助け、炎症や傷を治りやすくする働きが期待されることから、ニキビ跡のケアにも使われます。

保湿ケア

アロエには保湿性の高い多糖類が多く含まれます。

アロエの多糖類は保湿成分としての人気が高いヒアルロン酸に似た組成を持ち、乾燥肌の改善に役立つと言われています。

美白作用で、シミや日焼けケア

アロエには高い美白効果があり、日焼けを防ぎます。

アロエに含まれるアロエシンという成分には美白効果があり、しみの原因となるメラニンを生成するチロシナーゼの働きを抑制する働きがあり、しみができるのを防ぎます。

また、代謝促進効果や肌再生作用により、既にできてしまったシミやそばかすを改善する効果もあります。

肌のたるみケア

アロエに含まれるアロエステロールには、繊維芽細胞とコラーゲンを結びつける力を強くする働きがあるため、アロエを摂取することで肌のたるみを改善する効果が期待できます。

ただし、アロエステロールは7.5tで1gしか採取できないため、少量の摂取では効果が期待できないと言われています

しかし、アロエにはその他に抗酸化作用の強いサポニンなども含まれているため、肌のたるみ改善の効果は期待できます。

毛穴ケア

アロエには、皮脂の過剰分泌を抑える働きがあり、殺菌効果や消炎作用もありますので、毛穴を清潔に保ち、毛穴の黒ずみを防ぎます。

また、アロエには肌や毛穴を引き締める【収れん作用】もありますので、毛穴が広がるのを防ぎ、きめの細かい肌を作ります。

アロエ化粧水とは?

市販のアロエ化粧水には、アロエの葉を乾燥させて化学的な抽出をしたアロエエキス、アロエの葉肉をそのまましぼったアロエ液汁、アロエの葉を水蒸気抽出したアロエ葉水などが配合されています。

アロエ成分が配合されていて、プチプラで大容量のものも多いので、さっぱりと夏場の全身ケア用として使用すると、火照った肌がクールダウンして、日焼け後にも効果的です。

アロエ化粧水を手作り?

アロエ化粧水は、アロエの生葉が手に入れば、自分で作ることも可能です。

材料

  • アロエ(キダチアロエ、アロエベラ)の生葉
  • 精製水
  • グリセリン

作り方

①アロエの葉をきれいに水洗いしてトゲを取り除き、5〜6cm程度の大きさに切ってから、緑色の皮をうすく削ぎ落として、中のゼリー状の葉肉だけにします。

②(1)を5〜6個ほど用意し、荒く刻んでからガーゼでくるみ、ボールなどの容器に汁を絞り出します。

③精製水とグリセリンを、精製水100mlに対してグリセリン小さじ1程度の割合で混ぜておきます。

④化粧瓶にアロエの汁を移し、アロエの汁1に対して(3)を1〜2の割合で加えれば完成です。

手作りアロエ化粧水の注意ポイント

※アロエのしぼり汁を直接使った作り方のものは、アロエに含まれるシュウ酸が刺激となり、敏感な人はチクチクとした熱感を受けることがあります。

※野菜や果物の何かにアレルギーのある人の場合、アロエの刺激がアレルギー反応を引き起こし、お肌にかゆみや赤みを発することがあります。

※手作りのアロエ化粧水は、あまり日持ちしません。冷蔵庫で保存して、1週間程度で使い切るようにしましょう。

※自宅で栽培したり園芸店で購入したりしたものは確実に「アロエ」ということがわかっていますが、外に自生するものを自己判断で使うのはあまりおすすめできません。

まとめ

アロエは昔から体にいい食材として親しまれてきました。

食べると体の調子を整えてくれ、肌に塗ると肌の調子を整えてくれる万能アイテムです!

試したことが無い方は、一度アロエ化粧水を試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す