どんなにケアしても、なくならない【毛穴トラブル】。

最近、よく耳にする【ケミカルピーリング】に興味があるけれども、どのような効果があるのか分からないし、皮膚科に行くのは少し勇気がいりますよね?

ケミカルピーリングはどういうものなのか、毛穴トラブルに本当に効果があるの?などの疑問について詳しく解説します。

ケミカルピーリングとは?

ケミカルピーリングとは、肌の表面に酸性の薬剤を塗って厚くなった角質層を溶かすことで、新しい細胞の再生を促していく治療法です。

肌は本来内側から押し上げられて自然にはがれ落ちますが、このサイクルがうまく働かなくなり、表面に角質が溜まったり、毛穴に汚れが詰まったりします。

それを表面から取り除くのがケミカルピーリングです。

⇒ケミカルピーリングに使われている薬剤

施術にはグリコール酸(フルーツ酸)やサリチル酸(マクロゴール基剤、エタノール基剤)、トリクロロ酢酸(TCA)、乳酸、ベーカーゴードン液、フェノールなどの薬剤が使われています。

これらの薬剤を症状や肌質により、濃度を変えたり、数種類を混ぜたりして施術を行います。

浸透性が高いものが多いので、赤みや痒み、ピリピリした痛みなどが生じやすくなります。

ケミカルピーリングはどこで受けられる?

ケミカルピーリングは本来医業に分類されるので、皮膚科、美容外科クリニックなどで治療してもらうのが一般的です。

エステサロンでケミカルピーリングの施術をしているところがありますが、この場合は医療用よりも弱い薬剤を使用して施術しています。

医療ではなく美容を目的としているので、皮膚を根本的に治すというよりは、お化粧のノリを良くするためのピーリング施術ということになります。

ケミカルピーリングの効果

・ニキビやニキビ跡を改善

現在進行のニキビだけでなく、ニキビ跡の赤みや色素沈着が薄くなる効果も期待できます。

また、ピーリングの刺激でニキビ跡周辺の真皮にあるコラーゲンの生成が促されるため、浅いクレーター状のニキビ跡も目立ちにくくなります。

・毛穴の開きや黒ずみ改善

ピーリングによって角栓を除去するとともに、皮膚の真皮でコラーゲンやエラスチンを生成するため、ふっくらした肌を導きだして、きめが細かく毛穴が目立たない肌質になるといわれています。

また、黒いメラニンの含まれた古い角質を取り除くため、毛穴の黒ずみを目立たなくしくれます。

同時にメラニン色素を減らし、肌全体を均一に白くする美白効果も期待できます。

・しわやたるみ改善

ケミカルピーリングでは、余分な角質を取り除き、硬くなっていた皮膚表面が柔らかくなるため、小じわやたるみが目立ちにくくなります。

また、ケミカルピーリングはによってコラーゲンやエラスチンの生成が促進されると、小さなシワは消えていきます。

しかし、深いしわには効果がないといわれています。

ケミカルピーリングはの副作用

※肌が炎症を起こす可能性がある

医師により個人の肌質に合わせた薬剤が選ばれているとはいえ、角質を剥がすことで肌はある程度刺激を受けます。

その刺激により、一時的に赤みが出たり、肌がぴりぴりしたり、痒み、湿疹などの軽度の炎症を起こすことがあります。

術後は普段よりも多めに保湿ローションなどでケアすることが必要です。

※ピーリング後は紫外線対策が重要

ケミカルピーリングでは、紫外線から肌を守っている角質層を剥すため、紫外線が皮膚を通過しやすくなっています。

ピーリング後はいつも以上に紫外線対策をしっかりとしないといけません。

※料金が高い

ケミカルピーリングは保険外の治療になるので、ある程度の費用がかかります。

料金はクリニックにより様々ですが、安いところでは5,000円程度から始まり、だいたいは1万円~2万円程度のところが多いようです。

また、ケミカルピーリングは1回で劇的に効果が現れるものではなく、5回~10回程度施術を重ねる必要があります。

ケミカルピーリングの施術の流れ

  1. 医師によるカウンセリングを受けます。
  2. メイクを落とし、洗顔してから施術開始。
  3. あなたの肌に合うピーリング剤を塗布。
  4. 初回は肌トラブルが起きないか、徐々に塗って観察します。
  5. 痛みが発生した部位から中和剤を塗布します。
  6. すべての中和が終わったらピーリング剤をふき取ります。
  7. イオン導入などがあれば、ここで行われます。
  8. お肌をしっかりクールダウンして状態を整えて終了。

まとめ

毛穴の医療ケアとして、効果が実感できる可能性が高いようですね!

しかし、デメリットもあるので、よく検討してから行うことをおススメします。

信頼できるクリニックを選んで、むき卵のようなツルツル美肌を目指しましょう!

コメントを残す