【炭洗顔石鹸】が今、肌トラブルを抱えた方たちに支持を得ているんです!

色々な悩み解消に役立つとして、昔から重宝されてきた【炭】ですが、

その炭で洗顔するとはいまいちピンときませんよね?

炭洗顔がどのようなものなのか、どのように効果的なのかご紹介していきます!

炭洗顔石鹸とは?

成分に炭を配合していて、毛穴の黒ずみにオススメな洗顔料です。

炭にはクレイと同じように目に見えない細かい穴がたくさん開いています。

その穴が汚れを吸着してくれるため、毛穴の汚れまで洗い流しやすいといわれています。

炭の特徴

・炭には、余分な皮脂や汚れを吸着してくれる働きがあります。

これは、炭の表面がまるで粗いスポンジように穴がたくさんあるから。この穴に、不要なものが吸い付くのです。

・炭は、肌の体温にふれると炭は遠赤外線のような効果をだして、血行が促進され、汚れを落としやすくしてくます。

また、炭の元となる木のミネラルが沢山含まれていますので肌もみずみずしくなります。

・炭は無数の小さな穴が開いている多孔質構造になっており、その穴に汚れや臭いがしっかり吸着され取り除かれ、「殺菌・消臭」が期待できます。

炭洗顔石鹸のメリット

①毛穴の黒ずみに効く

⇒吸着力の高い炭が配合された洗顔石鹸を使うことで、毛穴に詰まった汚れや余分な皮脂を取り除くことができます。

②肌の新陳代謝の促進

⇒炭配合の洗顔石鹸は、黒いので使うのをためらってしまう方も多いと思います。

しかし、炭には美白作用がありますし、新陳代謝をよくする働きもありますので、肌本来の白さを取り戻す事ができるんです。

洗い上がりも、ツッパリ感がないしっとりとした肌に仕上げる事ができます。

③ニキビ肌の改善

⇒常在菌が繁殖してしまっている場合にも炭の細かい粒子が不要な菌を除去してくれますので、肌から有害な物質を取り除きたい時は使ってみるといいでしょう。

炭洗顔石鹸のデメリット

①敏感肌

敏感肌の方のように肌のバリア機能が低下している肌状態だと、ちょっとした刺激でも過剰に肌が反応してしまうので、いくら炭の粒子が細かいといえども避けた方がいいでしょう。

②皮脂を取りすぎる

⇒炭洗顔した後、きちんと化粧水などで保湿ケアをしないとツッパリ感がでたり、乾燥肌に傾いたり、日頃から脂性肌(オイリー肌)なら肌の防衛反応からより皮脂過多になる恐れも考えられます。

③肌トラブルを抱えている時は使用しない

⇒肌トラブルといわれるものにはさまざまな症状がありますが、特にニキビがたくさんできている肌状態のときには、炭洗顔石鹸の使用は避けるほうが良いでしょう。

ニキビ肌のときに炭洗顔石鹸で洗顔をすると、皮脂を取り除く作用が刺激になってしまうケースもあります。

ニキビが治ってから使用するようにしましょう。

炭洗顔石鹸の使用時のポイント

・ぬるめのお湯で洗う

温度が高いお湯で顔を洗うと、洗顔後の乾燥を加速させてしまいます。

・予洗いしてから使用する

肌表面に付いたホコリなどを取り除き、皮脂を柔らかくして毛穴も開きやすくする作用があるので、炭洗顔石鹸の効果がさらに高まります。

・充分に泡立てる

充分に泡立てられたきめ細かい泡で洗顔することで、炭の粒子や配合されている美容成分が顔全体に行きわたり、不要な汚れも包み込んでくれます。

・しっかりと洗い流す

洗顔料が残っていると、肌トラブルにつながりやすいので、洗顔後はしっかりと丁寧に洗い流しましょう。

まとめ

余分な皮脂を除去したい方や、ニキビを早く治したい方にはピッタリの成分だと思いますので、その他の成分も確認し、肌に優しい物だけを使った炭配合の洗顔石鹸を使ってみてください。

顔の表面を覆う古い角質も、炭ならしっかり除去。あとから乗せる化粧水や、美容液がお肌に届きやすくなり、保湿効果がアップします!

炭パワー本当にすごいですね!

コメントを残す