イチゴ鼻のように毛穴に汚れは詰まっていないのに、どんなにケアしても黒く見えてしまう毛穴たち。。

この原因は【メラニン毛穴】かもしれません!

メラニン毛穴となんでしょうか?

メラニン毛穴の特徴と、対処法をご紹介していきます。

メラニンとは?

シミでも毛穴でも、色素沈着が起こるのはメラニンの影響によるものです。

メラニンは表皮の基底層にあるメラノサイトという細胞により作られます。紫外線などの刺激があるとメラニンが生成されますが、これは刺激から肌を守るもので、メラニンは肌のバリアゾーンと言えるものなのです。

メラニンが作られることで、皮膚がんやDNA破壊などの大きな肌トラブルから肌が守られているわけです。

しかし、結果的にメラニンが出てくることで、毛穴に影響します。

この毛穴のコンディションのことを【メラニン毛穴】と言います。

メラニン毛穴になる原因は?

・紫外線

⇒メラニン毛穴ができる主な原因は、紫外線です。

紫外線を浴びると、その刺激から肌を守るために大量のメラニンが作られます。

そのメラニンが毛穴周りに蓄積すると、メラニン毛穴ができてしまうのです。

また、毛穴周りにメラニンが蓄積しやすい理由としては、皮脂の分泌が考えられます。

毛穴から排出された、余分な皮脂が紫外線によって酸化すると、そこが色素沈着を招いて、黒く見えてしまうのです。

・間違った毛穴ケア

⇒毛穴の黒ずみを過剰にケアすることで、ゴシゴシ擦ったり毛穴パックを頻繁に使用すると肌への刺激が強すぎて色素沈着を引き起こすと考えられます。

特に摩擦は色素沈着を起こす原因となりやすいのです。

・ターンオーバーの乱れ

⇒メラニンが作られる主な原因は紫外線です。

肌のターンオーバーが正常に働いていれば、メラニンがスムーズに排出され、メラニン毛穴ができるリスクも軽減されます。
しかし、加齢や乾燥、間違ったスキンケア、睡眠不足、ストレス、血行不良などでターンオーバーが乱れると、メラニンが蓄積しやすくなるのです。

・ムダ毛処理のし過ぎ

⇒毛穴の黒ずみはムダ毛の自己処理でも起きやすいものです。

カミソリや毛抜きを使ったムダ毛処理は、肌に大きな刺激を与え、メラニン色素の合成を促してしまうわけです。

毎日の処理で、繰り返し肌に刺激を与えることでメラニン色素が定着してしまいます。

メラニン毛穴へのケア方法

①基本は丁寧な洗顔

黒ずみを取るためにゴシゴシ洗いはやめましょう。

洗顔は泡で優しく洗うことが鉄則です。

熱いお湯は肌に刺激となります。ぬるま湯で肌に負担をかけないように洗顔しましょう。

  1. 手を良く洗う
  2. ぬるま湯で顔を洗う
  3. 石鹸をよく泡立て、優しく洗顔する
  4. ぬるま湯で20回ぐらいよくすすぐ
  5. タオルで押さえるように水気を取る

洗顔のポイントは優しく洗うことのほかに、汚れを良く落として必要な皮脂は肌に残すことが重要です。

②ターンオーバーを促す

ターンオーバーの乱れはメラニンの蓄積を招きます。

ターンオーバーが停滞して肌がゴワついているようなら、拭き取り化粧水を使ったり、酵素洗顔やピーリングをおこなったりして、古い角質を取り除きましょう。

ただし過度のケアは、かえって肌に刺激を与えてメラニンの生成を促してしまいます。

週に1~2回程度のケアにしましょう。

③紫外線対策

紫外線にあたることによって、メラニンが生成されてしまいます。

紫外線のあたりすぎは、黒ずみの原因となる場合がありますので、外出時には日焼け止めや帽子などを使用して、日焼け対策をすることが大切です。

家の中にいる場合でも、紫外線にあたってしまうことがあるので、遮光カーテンや、窓にUVカットのシールを貼ることもおすすめです。

④美白ケアを取り入れる

シミと同じように、メラニン毛穴にも美白化粧品によるケアがお勧めです。

ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどが配合された美白化粧品を使うことで、毛穴に蓄積したメラニンの排出を促すことができるのです。

美白ケアは保湿ケアと組み合わせることで、効果がアップするといわれています。

いつもの保湿ケアに美白ケアもプラスしてメラニン毛穴を撃退しましょう。

まとめ

夏だけじゃなく、常に私たちのお肌は紫外線にさらされています。

自分のお肌の黒ずみの原因をしっかりと把握して、気長にケアしていきましょう。

コメントを残す