エイジングケアの一つで、美意識の高い女性たちに大注目されているのが、【イオン導入】です!

よく耳にする言葉ですが、実際に使用していないとどのようなものかいまいち分かりずらいですよね。。

かといって、今さら誰かに聞けない!という方多いのではないでしょうか?

今回は、毛穴の引き締めに効果的とされている【イオン導入】について詳しくご紹介していきます。

イオン導入とは?

私たちの皮膚には外部の刺激や乾燥から肌を守るバリア機能が備わっています。

このバリア機能はさまざまな成分の浸透を妨げてしまうため、肌の外側から塗るだけでは簡単には浸透しにくいのです。

しかし、イオン導入は電気を流すことで、このバリア機能を低下させ成分を肌に浸透させやすくします。

水に溶ける成分であればイオン導入が可能で、水に溶けやすい成分ほど浸透しやすいと言われています。

例えば、イオン導入化粧水に配合されている成分として知られている、アミノ酸やビタミンC誘導体は、マイナスの電気を帯びています。

そのため、電極を当ててマイナス(−)の微弱電流を流すと、マイナス同士が反発しあい、成分は肌のバリア機能を突き抜けて肌の深くまで浸透していきます。これがイオン導入のしくみです。

つまり、イオン導入とは、化粧水や美容液などの基礎化粧品に含まれる美容成分をお肌の奥へ届ける美容法です。

イオン導入が効果的な成分・そうでない成分

効果的な成分

イオン導入に向く美容成分の条件としては、

  • 水溶性である
  • 分子量が小さい
  • マイナスイオン化しやすい

です。

・ビタミンC誘導体

⇒有名なのは、ビタミンC誘導体をイオン導入でお肌の奥へ届けることです。

ビタミンC誘導体は、お肌の表皮でマイナスの電気を帯びているので、そこに電極を当ててマイナスの微弱電流を流すと、反発しあいます。

そして、ビタミンC誘導体がお肌の奥へ進んでいくのです。

ビタミンC誘導体には、コラーゲンを増やす、シミのもととなるメラニンの生成を抑える、肌老化の原因とも言われる活性酸素を除去するなどのエイジングケア効果があるので、オススメの成分です。

・プラセンタ

⇒プラセンタには、タンパク質やアミノ酸、ビタミン、ミネラル、様々な酵素、それに成長因子(EGF、FGF、HGF、NGF)が含まれることがわかっています。

この成長因子とは、新しい細胞が次々と生まれるように働きかけるタンパク質です。

肌の細胞は活発に新陳代謝を繰り返しながら生まれ変わり、下からキレイな層を積み重ねることで、キメの細かく美しい素肌を保ちます。

ターンオーバーの促進・シミ、シワ、乾燥の改善・活性酸素の除去(抗酸化作用・エイジングケア)などが期待されます。

・グリシルグリシン

⇒グリシルグリシンには毛穴の収縮作用がある為、開いた毛穴を引締め、肌のキメを改善するいわゆる「毛穴ケア効果」が期待されます。

効果的ではない成分

●油溶性である

分子量が大きい

●イオン化しない成分

●防腐剤が入っている

です。

⇒たとえば、コラーゲンやヒアルロン酸などは、分子量が大きいのでイオン導入には適していません。また、イソフラボンなどの植物成分も、イオン化しないのでイオン導入には不向きです。

さらに、向き不向きではありませんが、刺激の強い成分やお肌に好ましくない成分が入った化粧水などをイオン導入で使うのはオススメできません。

合成香料、合成着色料などを配合した化粧水をイオン導入に使うのは控えましょう。

イオン導入の効果とは?

・浸透性を高められる

目に見える一番上の層は角質層と言われており、イオンのバリアが張られています。このバリアの影響でいくら美容液を塗ったとしても、肌の深層部までは行き届きません。

しかし、イオン導入を行うと微弱な電流でこのバリアを一時的に解除することができます。その間は美容液は肌の奥まで浸透する状態になり、ただ角質層に塗るよりも効果は約20倍あると言われています。

ビタミンCをイオン導入すれば、より効果的に毛穴を引き締め、黒ずみを防ぐことができます。

・成分を大量に送り込める

化粧水を単純に肌につけた場合は、化粧水中の成分は皮膚への自然浸透を待たなければなりません。

そのうえ角質層より深部はバリア機能に阻まれるため、皮膚へ浸透する成分の量は実際に肌に塗った量に比べると非常にわずかです。

ところが、イオン導入を行うと積極的に皮膚に成分を送り込むため、短時間のうちに吸収することができ、より多くの成分を一度に送り込むことができるのです。

まとめ

今までは、エステなどで使用されていた【イオン導入】でしたが、最近ではお家でできるイオン導入美顔器が主流になってきていますね!

美容液が肌の奥底まで届くなんて夢のようですが、いくらお肌をキレイにしたいからといっても、やり過ぎは禁物です。

やり過ぎることによって、むしろお肌の負担になってしまいます。

またお手入れは週に1~2回程度が適切です。

自分のお肌と相談しながら、毛穴の引き締めに効果的なイオン導入始めてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す