【ビタミンC誘導体】ってよく耳にしますよね!

ビタミンCがお肌にいいことは皆さんご存知だと思います。

しかし、【誘導体】ってなんでしょうか?

また、お肌にどのように効果があるのか。。

今さら人には聞けない!【ビタミンC誘導体】について詳しくご紹介していきます!

ビタミンC誘導体とはそもそも何?

体やお肌の健康にビタミンCは欠かせない栄養素の一つであることは広く知られていますが、ビタミンCは安定性に欠け簡単に酸化してしまい浸透性もないという欠点がありました。

しかしそんな弱点を補うビタミンC誘導体なるものが作られると、今まで肌の表面で留まっていて吸収されなかったビタミンCを角質層の隅々まで行き渡らせる浸透力が強化されました。

ビタミンC誘導体の種類

ビタミンC誘導体は大きく分けて、3種類あると言われています。

①水溶性ビタミンC誘導体

一般に知られているのが「水溶性ビタミンC誘導体」で、短期間で皮膚に吸収されるのでビタミンC本来の効果が期待できます。

即効性を求めるのなら、水溶性ビタミンC誘導体のものを選びましょう!

しかし、その反面、皮脂の分泌を抑える作用によって乾燥しやすい肌になったり、敏感肌の人には逆に乾燥しやすくなったり、刺激を与えてしまうこともあるようです。

②油溶性ビタミンC誘導体

肌への浸透率が非常に高く持続性にも優れたビタミンC誘導体です。 

即効性は「水溶性ビタミンC誘導体」ほどありませんが、肌本来が持っている脂質と馴染みが良く、肌の奥深くまで到達し、真皮で細胞に働きかけます。

オイルに馴染みやすい性質からクリームやジェルタイプの化粧品に多く使用されています。

③新型ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)

“即効性”と”真皮への浸透力”をあわせ持つのが「新型ビタミンC誘導体(APPS)」です。 

つまり、新型ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)はビタミンC誘導体は両方の性質を持っている最新のビタミンC誘導体です。

通常のビタミンCの100倍の浸透力を持つと言われていて、毛穴による凹凸を目立たなくする効果が期待されています。

コラーゲンの生成に働きかけるので、シワ・たるみの改善やニキビ跡のケア・シミ・くすみにも効果的です。

しかし、原料の価格が高いため化粧品に高配合するのが難しいと言われています。

ビタミンC誘導体で期待できる効果は?

  • 消炎症作用や皮脂分泌のコントロール作用でニキビの改善
  • ニキビの色素沈着の防止
  • 美肌の大敵!活性酸素を除去
  • メラニン色素抑制し、美白効果
  • コラーゲンの生産能力を向上し、ニキビ跡の凸凹、シワハリたるみの改善
  • 毛穴を引き締める
  • 新陳代謝を高めて、シミくすみの改善

世の中の女性のお肌に対する悩みを解決してくれる、素晴らしい成分ですね!

毛穴のトラブルにビタミンC誘導体が効く!

・毛穴の開き・目立ち

毛穴の開きは過剰な皮脂分泌が原因で、皮脂線が発達することで徐々に目立ってきます。

ビタミンC誘導体は過剰な皮脂分泌を抑制する効果がありますので、毛穴の縮小にも効果が期待できます。

毛穴が小さく目立たなくなってくるとキメ細かな肌になると考えられます。

また、ビタミンC誘導体にはコラーゲンの生成を促進する効果もあるため、加齢による「たるみ毛穴」にも効果が期待できます。

・毛穴の黒ずみ・角栓

ビタミンC誘導体は皮脂の酸化を防止して毛穴が受けるダメージを軽減してくれるので、その点でも黒ずみや角栓の改善に役立ちます。

また、毛穴が炎症を起こしている場合は、メラニンによる色素沈着が起きていることも多いです。

炎症が長引いてくると毛穴にメラニンが蓄積してきて、毛穴がうっすらと黒ずんで見えるようになります。

ビタミンC誘導体にはメラニンを還元する美白効果もあるため、このような「メラニン毛穴」にも非常に効果的に働きます。

・ニキビ・ニキビ跡

ビタミンC誘導体は皮脂の分泌を抑制し、皮脂の酸化とそれによる毛穴の炎症を落ち着かせてくれます。

ビタミンC誘導体を取り入れることによって、ニキビができにくく、また治るのが早くなります。

また、ニキビ後の赤みやシミにも効果があるので、ニキビ跡が目立ちにくくなります。

まとめ

あらゆる肌悩みに働くビタミンC誘導体でしたね!

ビタミンCに期待される効果を半減しないように、日ごろからケアしていくことも大切です。

吸収しやすいお肌にしておくことで、ビタミンC誘導体の浸透性もアップさせていけるでしょう!

コメントを残す