【アットノン】皆さん一度は耳にしたことありますよね?

その有名なアットノンが今、世間で毛穴の黒ずみや、ニキビ跡に効果があるといううわさが広まっています。

ネット上では賛否が分かれています!

実態はどうなのでしょうか?

アットノンとは?

小林製薬が販売している、傷あとややけどのあとが目立つ皮膚に塗布して新陳代謝を高め、目立たなくしてくれる塗り薬シリーズです。

ファンデーションのように隠して消すタイプでなく、皮膚そのものの根本的な修復を促してくれる薬なんです。

アットノンの正規の効果

アットノンの有効成分はヘパリン類似物質です。ヘパリン類似物質は、皮膚科の薬でよく処方されるヒルドイドと同じ成分です。

ヘパリン類似物質には皮膚の新陳代謝に大きく関わる三つの作用があります。

①保湿効果

傷跡の表面は、毛や汗腺などが無くなり、乾燥して外からの刺激に敏感になっている状態です。

角質の水分を保つことで、表皮に潤いと柔軟性を取り戻します。

②血行促進効果

皮膚の下にある血管に作用し、血液の循環を良くして皮膚の新陳代謝を促します。

③抗炎症効果

傷跡は表皮の下の真皮の部分で慢性的な炎症が起こっている状態です。

真皮の炎症をおさえて、皮膚の機能を回復させます。

毛穴に期待できる効果

・ニキビ跡が消える?

アットノンにつかわれている成分の「ヘパリン類似物質」が、肌の新陳代謝を高めてくれる優秀な成分です。

皮膚のなかで慢性的に発生している炎症を鎮め、皮下組織の血流を促し新陳代謝を促進、ダメージが発生してボロボロになっている皮膚表面の乾燥から守ってくれるといわれています。

しかし、メーカー自体は顔への使用を禁止しており、ニキビ跡については効能の記載がありません。

・毛穴の黒ずみに効く?

⇒傷跡ややけどの治療薬ですが、肌のターンオーバーを促進する事から黒ずみ対策に利用する人が増えています。

しかし、毛穴の詰まりからくる黒ずみには効果は見られません。

また、アットノンは美白成分は含まれていない為に、メラニンの排出や生成を抑制する力は弱いようです。

肌を正常化することで、ターンオーバー促進されればメラニンは排出されていきますが真皮の奥に色素沈着してしまったような黒ずみの改善は難しいようです。

アットノン使用時の注意点

※アットノンは敏感な粘膜全般に使用禁止。目・目の周り・口の中・鼻腔・膣などもNGです。

使用する際は十分に注意しましょう。

まとめ

アットノンの毛穴への効果や、ニキビ跡への効果はあまり期待できず、顔に使用するときにはリスクが高いことがわかりました。

しかし、アットノンの本来の使い方をすると、膝の傷跡や、虫刺されあとなどにはとても効果が見られます。

傷跡などの黒ずみを改善して、夏に向けて自分の肌に自身をつけましょう!

コメントを残す