毛穴を小さく目立たなくしたい!と願って、毎日ケアしていますよね。

しかし、これは実は至難の業。

なぜなら、毛穴の大きさはほぼ遺伝によるものだからです。それをケアによって小さくするのは難しく、なかなか効果が出ないのは、このせいなのです!

また、毛穴において、遺伝の影響が出やすいのは「毛穴の数と大きさ」だと言われています。

毛穴が目立つ、ニキビができやすいなどの毛穴トラブルの原因ひとつとして、遺伝的要素があるというのは、ほぼ間違いないのです!

今回は、毛穴と遺伝がどう関係しているのか、改善策をご紹介します。

毛穴の大きさは遺伝でほぼ決まります!

 

毛穴の大きさを決めている遺伝的要素は、【男性ホルモン】です。
男性ホルモンが多い方は、毛穴も大きくなり、そうでない方は小さくなります。

よって、遺伝によって男性ホルモンが多い方は、毛穴も目立ってしまうという訳です!

一般に男性ホルモンの多い方は皮脂腺が発達しやすい=オイリー肌にもなりやすいと言われます。そして「男性ホルモンの分泌量が遺伝する」ために、毛穴も大きくなるのです。

ちなみに毛穴というのは、体毛の出口でもありますから、女性よりも毛が濃い男性の方がやっぱり毛穴は大きくなります。
これも男性ホルモンの影響のせいで、毛が濃いといっても男性より濃い女性はいませんから、こういうところも毛穴の大きさに関係しているのです。

それでも諦めたくない毛穴レス

いくら遺伝とはいえ、毛穴を目立たないようにしたい!と願いは諦めきれませんよね?

遺伝というのは、あくまで「毛穴トラブルの、さまざまな原因の中のひとつ」にすぎません!

つまり、遺伝だけで毛穴の状態が決まるわけじゃないんです。

たとえば、毛穴の大きさそのものが大きくて、数が多くても、肌にじゅうぶんな弾力があり、毛穴の周りを盛り上げてその毛穴を隠す力さえあれば、毛穴が目立つという悩みは改善できるのです!

毛穴を目立たなくするポイント3

1.食生活の見直し

良質なたんぱく質やビタミン・ミネラルの摂取など、栄養バランスを意識した食生活を心がけましょう!

2.生活習慣の見直し

不規則な生活リズムや睡眠不足などやストレスなどで、ターンオーバーを乱すのはお肌にとって天敵です!

3.適切なスキンケア

保湿によって肌にうるおいと弾力を持たせることが最重要です!

また、洗顔もしっかりと泡立てた自分のお肌に合った洗顔料で丁寧に泡洗顔して、毛穴の汚れをおとし、きゅっと引き締めましょう!

まとめ

生まれつきの毛穴の大きさを変えることは、難しいですが、ケアをしていればマイナスな目立ち方をすることは少ないはずです!

自分のお肌と向き合って、特別なアイテムを使わなくても、日々のケアで毛穴は目立たなくなります。

丁寧な洗顔やケアと、生活習慣の見直しで、憧れの美肌に近づけていきましょう!

コメントを残す