ほとんどの家のキッチンに常備されている、〖ラップ〗。

実は、ラップをパックとして使う、手軽な美容法があります。

特に乾燥肌の方は、ラップパックがおススメです!

ラップパックの正しいやり方と期待できるスキンケア効果について解説します。

ラップパックの使用方法

入浴中のパック

①メイクをしっかりと落とします。

②自分に適切な大きさのラップで、包みます。(苦しくならないように注意しましょう)

③腰からお腹のあたりまでお湯につかり、半身浴の状態で行います。

④半身浴の時間は、38度~40度程度の温度で20分~30分程度が目安ですが、体質によっても違いがありますので、無理をせずに、汗をかいて気持ちがよくなった程度の時間であがるようにしましょう。

⑤湯船から上がり、ラップをはがし、25度前後の低めのぬるま湯で軽く顔を洗い流す。

⑥そのまま、身体が温まった状態で、泡洗顔を行います。

半身浴の発汗作用で、毛穴の奥の汚れが落ちやすくなるだけでなく、サランラップの密封効果で、毛穴が開き、他の部位よりも、汗をかきやすくなり、汚れが落ちやすくなります。

※ラップをするときは鼻の穴や口をふさがないように気を付けましょう。

※飲食後にすぐの半身浴も、内臓に負担がかかるため、控えたほうがよいです。少なくても2時間程度はあけてから半身浴を行うようにしましょう。

スキンケア後のパック

①化粧水を普段より多めに肌になじませます。

②乳液やクリームで保湿します。

③ラップを顔に貼り付けます。

④10分後を目安にラップをはがします。

冬など肌が乾燥しているときは、お風呂あがりに普段のスキンケアを行った後、さらにクリームを塗って、その上からラップをしてもよいでしょう。

クリームの役割は化粧水などの水分を蒸発させないために肌にフタをすることですが、ラップパックをすることによって、クリームに含まれる美容成分までが肌に行き渡るようになります!

ラップパックの注意点

使用頻度と時間

ラップパックは、長時間行えばよいというものではありません!

皮脂の量が多い脂性肌の場合、ラップパックを長時間行うことで、逆にニキビができることもあります。10分前後を目安に行うとよいでしょう。

また、毎日行うと肌への負担が増えてしまうので、週1度程度行うスペシャルケアとして考えましょう!

お肌が不調の場合

ラップパックは、肌の乾燥がどうしても気になるときに、スキンケア後の肌に行って美容成分をしっかり取り込むためのものです。

そのため、敏感肌の方や、ニキビの炎症が起こっているとき、アレルギーやアトピーなどの疾患がある場合は、ラップパックの使用を控えましょう。

まとめ

日々の生活の中で、自宅でのセルフケアを実践し、根本的な原因を解決することで鼻の毛穴も徐々に目立たなくなり、どんどん綺麗な小鼻に近づくことができます。

コストがあまりかからないというメリットもあるラップパックですが、自分のお肌と相談しながら行ってください。

いつものケアにプラスして行うことで、お肌の毛穴の調子が良くなるとうれしいですよね!

無理なく出来ることから、試してみて、自信のある毛穴レスなお肌を手に入れましょう。

 

 

 

 

コメントを残す